【JAIA試乗会】AMG vs ポルシェ ポリコレ車を焼き討ちにせよ V8のSUV対決!

324
- Advertisement -

SDGsの敵?無駄の塊?それがどうした、これがV8ツインターボの世界だ

わざわざ背の高いSUVを作って、わざわざ背の低いクーペ仕様を追加する。ChatGPTには理解不能だろうが、これこそ理屈では割り切れない自動車という商品である。これほど非論理的で無駄の塊のようなSUVクーペには、笑ってしまうほど馬鹿馬鹿しいパワートレーンが似つかわしいが、その点でこの二台は完璧だった。両車ともV8ツインターボなのである。

まずAMGに乗り込んでみた。

正式な車名は「メルセデスAMG GLE 63 S 4MATIC+クーペ」という重々しいものだが、街中を走り始めてもその重厚な印象は変わらない。最近の車には珍しいほどステアリングが重く、2460kgという車重を意識させられるのだ。ボディ剛性もいかめしいほど高く、民生版の戦車があったらこんな乗り味だろうかと思わされた。

しかし、GLE 63を鈍重な車と思うのは大間違いだ。

ISG付きの4.0L V8ツインターボは、ISGの最高出力が21馬力、V8の最高出力は612馬力という破壊力を誇り、その軍事的威力は素人ドライバーを無条件降伏させるには十分すぎるほどである。

マッドマックス V8の宴

V8を讃えよ。AMGを讃えよ。GLE 63を讃えよ。

相模湾を臨む二車線のバイパスで走らせるAMG GLE 63は、まるでゴールポストを目掛けて全力で突進するラグビー選手のようだった。

周囲に他の車がいないことを確認の上、スポーツプラスモードを選び、がっしりとした手応えのステアリングを握りしめ、交通安全の誓いを立て、神様に我が身の無事を祈り、そして意を決してアクセルを踏み込むと、GLE 63は火山が噴火したようなパワーで怒涛の加速に入る。軽量スポーツカーとは全然違うヘビー級の暴走だ。

目に浮かぶのは走馬灯。耳に聞こえるのは爆発的なエンジン音。脳裏によぎるのは映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」で数百人の登場人物が一斉に「V8!V8!V8!」と叫ぶシーンである。

これがAMG GLE 63の世界だ。

ハイブリッドだかBEVだかSDGsだかなんだか知らないが、その辺のくだらないポリコレ車などV8パワーで焼き討ちにしてやろうじゃないか――。

ドライバーと対話できるSUV

911とは違う乗り味。相通じる運転感覚。それがポルシェ。

さて「ポルシェ・カイエンS クーペ」である。

カイエンの魅力を知りたければ、ドアを開けてシートに座り、ギアを入れ、近所をひと回りするだけでいい。ステアリングをほんの少し動かしてゆるいカーブを抜ける。アクセルをほんの少し踏んで自転車を追い越す。赤信号で軽くブレーキをかける。そんな操作のすべてに車重2250kgのカイエンは繊細に反応して、ドライバーの脳内のイメージに寸分の狂いもなく走るのだ。

市街地を抜け、コーナーが連続するセクションをポルシェに相応しい速度で走らせると、カイエンはもっといい。

接地感が十分で正確なステアリングを切り込むと、ノーズは苦もなくリニアに回頭する。路面が荒れていても旋回姿勢が安定しているのは、姿勢変化を許さないのに突き上げ感が全くない優秀なサスペンションのおかげである。そしてコーナー脱出でスロットルを開けると、474馬力の4.0L V8ツインターボが爽やかに吹け上がってパワーを繰り出す。

速い遅いの話はどうでもいい。

すべての操作にダイレクトなフィードバックが溢れており、車と対話しながら走れるのがカイエンの素晴らしさである。こんなSUVをポルシェ以外のどのメーカーが作れるだろうか。

入魂の作品、入魂のポルシェ

車両本体価格はポルシェが1644万円、AMGが2454万円。

カイエンで印象的なのは、車全体の高度なバランスである。AMGのようにエンジンのキャラクターが前面に押し出されるのではなく、エンジンとシャシーの魅力が高い次元で拮抗しているため、両者が精緻に組み合わされて上質な乗り味に仕上げられているのだ。

このフィーリングの奥底に911の存在を感じない訳にはいかない。

昨今のSUVブームに合わせて、乗用車メーカーもスポーツカーメーカーも数えきれないほどのSUVを市場投入しているが、率直に申し上げれば、その大半が取るに足らない流行商品である。

カイエンは違う。2002年に初代が登場したカイエンは現在のSUVブームを作り上げた一台であり、また経営危機に陥っていたポルシェを救った入魂の作品だった。ブームを当て込んで副業として作るSUVではなく、会社の未来を賭け、不退転の決意で世に送り出したSUV、それがカイエンなのだ。ポルシェの歴史において、356や911に次いで大切なモデルである。

空冷911を16年ほど所有するポルシェ信者の筆者にとって、ポルシェのSUVはどうにも受け入れがたい存在であった。だが最新型カイエンの極上の仕上がりを知り、そこに宿ったエンジニアの情熱に触れたいま、そんな偏見を持っていた自分を恥じるばかりだ。

カイエンは偉大なポルシェである。

Text & photo: AUTO BILD JAPAN