新着ニュース BMW、新型フル電動SUV iX3を中国で生産

164

BMW iX3(2020): エンジン、価格、市場ローンチ時期、レンジ(航続距離)

BMWは新型電動SUV、iX3を中国で生産する。SUV X3のEVバージョンだ。新型iX3は中国の工場で製造され、460kmの航続距離を有すると予想される。

 エクステリア

 インテリア

 イクイップメント(装備)

 エンジンと価格

BMWはX3に完全な電動バージョンを与え、それをiX3と命名した。

Auto China 2018での初の見本市プレビューから、シリーズ生産モデルが発売されるまで2年を要した。

BMW iX3は中国、瀋陽にある合弁パートナーの「BMW Brilliance Automotive」で組み立てられ、出荷される。

以下、フル電動iX3の全容。

エクステリア: 控えめに改訂されたX3

BMWはその名前だけでそれがどのようなモデルかわかるようになっている。

BMW iX3は、人気の高いX3の派生モデルであるため、外見などにわずかな変更が施されているに過ぎない。

この電動SUVは、フロントは大きく閉じられたままだ。

ホイールの前にある小さなエアインテークだけが、エプロンの中に位置している。

典型的なBMWのダブルキドニーグリルは、滑らかな表面によって満たされ、フレームは中央で1つのユニットに合体している。

iX3がEVであることを示すために、キドニーグリルは、BMWのiモデルのためだけ使われる青いディテールが与えられている。

サイドのフロントでは、小さなホイールアーチベントに加えて、エアロダイナミクスを考慮してデザインされたホイールが特に目を惹く。

これらのホイールには、iX3の空気抵抗を低減するために、5つのパーツが装着されている。

リアを見ると、エプロンを除けば、BMWはクラシックなX3のように見える。一方、バンパーにはブルーのディフューザーインサートが施されており、これはBMW i4コンセプトと同様の方法で発表されたものだ。

インテリア: iX3にブルーのアクセント

BMWはこれまでのところ、インテリアについては、少ししかコメントしかしていない。

だがクラシックなパワーを備えるX3のルックスとフィーリングは、おそらくここでも引き継がれることになるだろう。

「BMWライブ コックピット プロフェッショナル」や、「BMWインテリジェント パーソナル アシスタント」などの機能は標準装備されており、デジタルコックピットと最新のインフォテイメントをiX3にもたらすだろう。

ラゲッジルームの容量に関しては、BMWのデータシートによれば、通常モードで510リッター、リアシートを倒した状態で1560リッターとなっている。

イクイップメント: ベーシックバージョンですでに豊富な装備

BMW は iX3 の装備オプションを減らし、SUVを2つのラインで提供している。

ベーシックな「インスパイアリング(Inspiring)」バージョンでも、19インチのホイールを採用し、LEDヘッドライトに加えて、パノラミック ガラスルーフを標準装備している。

また、運転支援ドライブアシストパッケージの「ドライビング アシスタンス プロフェッショナル」もiX3インスパイアリングには含まれている。

すべてのiX3には、デジタルコックピットとApple Carplayのほか、Androidカーアプリが搭載されている。

インテリアにはスポーツシートとヘッドアップディスプレイが採用されている。

さらにドライビングダイナミクスを重視する人は、オプションのアダプティブMスポーツシャシーを搭載した電動SUVを注文することができる。

しかし、これは絶対に必要というわけではない。

なぜなら、iX3は、内燃機関エンジンを搭載した兄弟車よりも、車高が7.5センチ低いからだ。

iX3は、DC急速充電器を使えば、34分でゼロから80パーセントまで充電することが可能だ。

エンジンと価格: 210kW、航続距離460km

BMW iX3は、第5世代の自社製eドライブを採用している。
新型電動SUVは、その最初のモデルとしてこのeドライブを使用することとなり、後にBMW iNextとi4にも採用される予定だ。
1つのモデルにEモーター、トランスミッション、パワーエレクトロニクスを同時に搭載するのは、iX3が初めてとなる。
エンジンは、同期モーターで、そのパワー密度は、BMWによれば、iX3以前のモデルよりも、30%高くなっているという。
電動モーターの出力は210kW(286馬力)で、最大トルクは400Nmだ。

新開発の電動モーターは210kWのパワーと最大トルク400Nmを発揮する。

停止状態から、iX3は6.8秒で0から100km/hまで加速する。

またBMWは、航続距離は460kmと発表しているが、これを可能にしているのは、総容量74kWhの188個のバッテリーセルである。

充電容量は交流電流で最大11kWだが、直流の急速充電ステーションを利用する場合は最大150kWまで充電できるようになっている。

バッテリーは400ボルトの動作電圧で稼働する。

従来の高電圧要素に加えて、iX3にはヒートポンプも搭載されている。これは冬場の航続距離の面で特に重要になると思われる。

新型E-BMWの市場投入は2020年を予定しており、価格は68,000ユーロ(約850万円)からとなっている。

Text: Andreas Huber