新型「BMW M4」発表!巨大なキドニーグリルは残るが多くのことが変わった

1950
- Advertisement -

BMW M4 クーペ/コンバーチブル LCI(ライフサイクルインパルス)。フェイスリフトされたM4&M4コンバーチブルの価格、デザイン、パワーユニット、装備のすべてをレポート。

「E30」、「E36」、「E46」、「E92」、そして「F82」に続くのは?そう、G82だ。そして、これらの略称が何の意味もなさないすべての人々のために: 私たちはもちろん、2014年以来、「M4」の名前で道路上にある「BMW M3」について話している。第2世代は2020年に新名称で登場したが、当初は戸惑った。

ビッグキドニーを持つ大胆なデザインを誰もが気に入ったわけではなかったため、「BMW M4」は発売当初、多くの悪意に耳を傾けなければならなかった。しかし、その間に新しいデザインはファンを見つけ、「M4」はストリートシーンに欠かせない存在となったようだ。そして、アップグレードされたのはクーペだけでなく、コンバーチブルもだ。

BMWの専門用語で言うところのライフサイクルインパルス(略してLCI)である。要するに、巨大なキドニーグリルは残る!しかし、多くのことが変わった。「M4」と「M4コンバーチブル」のフェイスリフトは2024年3月から販売店に導入され、LCIはすでに注文可能となっている。

価格

フェイスリフトでは、ルックスとテクノロジーがアップグレードされただけでなく、ベース価格も跳ね上がった。以前は89,900ユーロ(約1,440万円)からスタートしたスポーツカーは、今回、96,200ユーロ(約1,540万円)からスタートする。「M4コンペティション」は最低でも102,400ユーロ(約1,640万円)となる。「M xDrive」全輪駆動システムを注文する人は、さらに4,900ユーロ(約80万円)を支払うことになる。

リアライトの立体的なデザインはM4 CSLに由来し、コンバーチブルにはファブリックトップが装備される。

コンバーチブルは全輪駆動のコンペティションバージョンのみが用意され、「BMW M」はオープントップのドライビングプレジャーのベース価格を11万1,800ユーロ(約1,790万円)に設定している。

価格一覧:
M4クーペ:96,200ユーロ(約1,540万円)~
M4コンペティション クーペ:102,400ユーロ(約1,640万円)~
M4コンペティションM xDriveクーペ:107,300ユーロ(約1,720万円)~
M4コンペティションM xDriveコンバーチブル:111,800(約1,790万円)~

デザイン

ビジュアル面では、「M4」で最も印象的で話題となったディテール、大型のダブルキドニーグリルが引き続き採用される。これもまた、横方向のダブルストラットと同様に変更はない。ヘッドライトは、おなじみの「エンジェルアイズ」デザインから徐々に移行している。

M4 CSLのリアライト

追加料金で、ブルーのインサートが入ったマトリックスLEDヘッドライトや、シティライトやコーナリングライト機能などの新機能も追加される。リアでは、見慣れた要素がすぐに見る者に微笑みかける。リアライトには、限定モデルの「M4 CSL」にも採用されたライトグラフィックが採用されているからだ。

フロントは微妙なアップデートが施されている。グリルとバンパーはほとんど変更されていないが、ヘッドライトには新しいグラフィックとオプションのマトリクスLEDテクノロジーが採用されている。

ヘッドライトのグラフィックは、グラスファイバーの束が立体的に織り成すグラフィックを特徴としている。コンペティションモデルには新デザインのMロゴ、「M4」には18インチと19インチ、コンペティションモデルには19インチと20インチの鍛造ホイールが装着される。

パワーユニット

基本的に、エンジンに大きな変更はない。「M4」の最もパワフルなバージョンであるM xDrive搭載の「コンペティション」だけが、若干のパワーアップを期待できる。BMWはエンジンを再び研ぎ澄まし、6気筒エンジンの3リッターの排気量から530馬力を絞り出した。これにより、0-100キロスプリントはわずか3.5秒で完了し、最高速度は標準で250km/h、追加料金で290km/hとなる。コンバーチブルの重量増により、オープントップの「M4」は3.7秒で0-100キロスプリントを完了する。

他の2つのバージョン、「M4」と「M4コンペティション」は、性能の数値を維持している。つまり、ベースモデルは480馬力、「コンペティション」は510馬力となる。また、純血主義者には朗報だ。標準の「M4」を選ぶと、6速マニュアルギアボックスが装備される。最上級モデルと同様、最高速度は290km/hに達する。

装備

インテリアには、ステアリングホイールのみ新しいデザインが採用されるなど、微妙な変更しか加えられていない。その代わり、「M4」は特にテクノロジーの面でアップグレードされている。12.3インチのコックピットディスプレイと14.9インチのインフォテインメントスクリーンで構成されるカーブドディスプレイは、まったく新しいものではないが、最新のソフトウェアとBMW OS 8.5オペレーティングシステムで動作するようになった。

新デザインのステアリングホイール

新システムはまた、新しいiDriveへの道を開くものでもある。これにより、「M4 M」専用のグラフィックと新しいディスプレイコンテンツが提供される。また、タッチ操作やボイスコントロールへの注目が高まっているにもかかわらず、クラシックなiDriveコントローラーが残ったこともうれしい。

インテリアはよりデジタル化され、最新のOS8.5が採用されている。 ベーシックなM4にはマニュアルのギアスティックまで付いている。

しかし、タッチ操作を望むのであれば、中央ディスプレイのサブメニューから空調、換気の強さ、シートヒーターなどを設定することもできる。スマートフォンのワイヤレス接続は「M4」では言うまでもない。

Text: Sebastian Friemel
Photo: BMW Group