【天才F1レーサーへ】ミハエル シューマッハのスキー事故から10年、かつてスクーデリア フェラーリでともに戦ったトッドとドメニカリがシューミの近況を報告

1057
- Advertisement -

“最悪の事態にはならないだろう”。10年前、ミハエル シューマッハは事故に巻き込まれた。かつてのフェラーリチームの仲間であるジャン トッドとステファノ ドメニカリが、F1の象徴であるシューマッハの状態について語った。

Jean Todt(ジャン トッド)とStefano Domenicali(ステファノ ドメニカリ)はその後、スポーツ政治の最高位に就き、フランス人のジャン トッドはFIA会長を12年間、イタリア人のステファノ ドメニカリはF1のボスを3年間務めた。

ジャン トッドとステファノ ドメニカリは、友人であるMichael Schumacher(ミハエル シューマッハ)のことも、2023年12月29日に事故から10年目を迎えた彼の恐ろしいスキー事故のことも忘れていない。ドメニカリは、『Rai Radio』のインタビューで、「彼のメリベルでの事故は昨日のことのようだ」と語っている。

良き時代の写真: ステファノ ドメニカリ(左)とジャン トッド(右)。

現F1ボスのドメニカリは、現在もシューマッハ一家と連絡を取り合っているが、それについてあまり多くを明かしたくはないようだ。

ジャン トッド:「ミハエルはここにいる」

元FIA(国際自動車連盟)会長のトッドもまた、シューマッハとの面会が許される選ばれた人々の輪に加わっている。スポーツ紙『L’Equipe(レキップ)』のインタビューで、フランス人である彼は、この心痛む日に感動的な言葉を残している。「ミハエルはここにいるから、寂しくはないよ。彼は奥さんと子供たちに囲まれて、素晴らしい生活を送っている」とトッド。

ジャン トッドとミハエル シューマッハの妻コリーナ、娘のジーナ。

しかし、現在55歳のミハエル シューマッハには、残念なことに、運命は彼に大きな打撃を与えたことは変わらない。「彼の人生は変わったし、私は彼と瞬間を共有する特権を持っている。それがすべてだ」。

Text: Frederik Hackbarth
Photo: picture-alliance