【BMW対メルセデス】BMW X1がメルセデスGLAに挑戦!プレミアムコンパクトSUV対決の勝者は? Part2

860
- Advertisement -

BMW X1 xDrive23d対メルセデスGLA 220 d 4MATIC:BMW X1がメルセデスGLAに挑戦。コンパクトなサイズ、パワフルなディーゼル、適度なラグジュアリー感のBMW X1とメルセデスGLAは、多くのSUVファンにとって魅力的なパッケージだ。

3代目となる「BMW X1」は2022年10月に、2代目となる「メルセデスGLA」は2020年に登場し、2023年春にフェイスリフトされた。すでにガソリン車同士を比較し、BMWが勝利を収めたが、ディーゼル車ではどちらが勝利を収めるのか楽しみだ。

ボンネットの下を見ても、両者とも昔ながらの上質さを感じさせる。ボンネットは両面にペイントされているが、BMWのエンジンルームはゴムのリップが少し多いおかげで密閉度が高く、より長くクリーンな状態を保つことができる。メルセデスは、ドア開口部に追加のシールを施し、敷居が汚れないようにしている。BMWがエンジンルームの清潔さを重視するのに対し、メルセデスはドライバーの足回りの清潔さを重視しているわけだ。

GLAとX1は価格面でもプレミアム

「BMW X1」はレーゲンスブルク、「メルセデスGLA」はラシュタットとどちらもドイツ国内で生産されている。残念ながら、これは価格にも反映されている。

BMW X1とメルセデス・ベンツGLAは、エントリーモデルながらもプレミアムであることを主張している。

試乗した「GLA」の場合、ベース価格53,175ユーロ(約850万円)に、AMGラインプレミアムの装備(リアカメラ、4ウェイランバーサポート、ブラインドスポットアシスト、AR(拡張現実)機能付きナビ、オートエアコン)が8,306ユーロ(約132万円)、テクノロジーパッケージ(アダプティブサスペンションを含む)が3,725ユーロ(約60万円)、スマートフォンインテグレーションとスポーツタイヤが各357ユーロ(約6万円)、アジャスタブルリアバックレストが426ユーロ(約7万円)となっている。これで66,000ユーロ(約1,060万円)となる。

フェイスリフト以降、GLAにはタッチパッドがなくなっている

ヘッドアップディスプレイはまだないが、19インチタイヤが装着されている。しかし、インテリアには、価格相応というよりも硬質プラスチックが多く、すべての隙間がきちんとしているわけではない。その一方で、ドアをバタンと閉めたときの音はBMWよりも豊かだ。後席乗員にとっては、ルーフの形状から、頭周りのスペースがBMWよりもメルセデスの方が狭い。

残念な点:メルセデスはフェイスリフトでGLAからタッチパッドを削除した。タッチスクリーンは残念ながら少し遠すぎる。

タッチパッドがなくなったのは残念だ。スクリーンは上体を起こして手を伸ばす必要がある。便利なことに、多くのことは「ヘイ、メルセデス」(音声コントロール)で入力できる。

運転中、ステアリングは最初から納得のいくものだった。リニアなレスポンス、信頼性、自然な外観、そしてクルマとの調和。BMWよりもセンタリングがいい。メルセデスの風切り音は180km/h以上でしか聞こえない。

快適なサスペンションが印象的なGLA

どちらも、石畳や悪路でガタついたり破綻したりということは皆無。メルセデスは特に調和がとれており、サスペンション/ダンピングのバランスがとれた快適な印象を与える。BMWは硬めに躾けられたサスペンションが動きを抑えようと懸命に努力しているのが伝わってくる。

クリーンなチューニング:メルセデスGLAのサスペンションとダンピングは快適な印象を与える。ESPは必要に応じて早期に介入する。

高速コーナーでも異なる哲学:メルセデスのESPは序盤で離脱しようとする動きを抑制し、BMWはスラロームでオーバーステアを許容する。オフロードモードでは、メルセデスにも「Gクラス」のような楽しいオフロードディスプレイが表示されるが、ここではどちらかというとショー的なものだ:18cmの最低地上高は、森の中のコースを走るのに十分な程度だ。

「BMW X1」はかなり大きくなった。メルセデスよりも全方位で一回り大きく、そのフットプリントは2003年の初代「X3」を彷彿とさせる。211馬力の全輪駆動ディーゼルの基本価格5万1,800ユーロ(約830万円)に加え、私たちの試乗車は、イノベーションパッケージ(ヘッドアップディスプレイ、AR(拡張現実)付きナビゲーションシステム)に3,200ユーロ(約52万円)、アダプティブサスペンションに690ユーロ(約11万円)、アクティブ運転席シート(4ウェイランバーサポート、マッサージ機能)に280ユーロ(約5万円)、54リッター燃料タンク(航続距離960km!)に50ユーロ(約1万円)、調整可能なリアバックレストに400ユーロ(約6万円)かかる。19インチホイールは900ユーロ(約15万円)。そして、エントリーレベルのSUVはすでに6万ユーロ(約960万円)の壁を突破している。

BMWはX1からiDriveコントローラーを廃止した

メルセデスと異なり、運転席はチルトも可能。より角張った基本形状は、スペースの有効活用と全方位の視界の点で有利である。BMWでは、荷室容量が115リットル拡大し、リアのヘッドルームも広くなっている。シートはシアタースタイル:フロントシートは半分の高さだが、リアシートは床から32センチも高い。背もたれの角度の広がりも、こちらの方が好意的に思える。折りたたみ式のドアハンドルは不可解でレスキュー隊員が喜ぶとは思えない。

残念なのは、優れたiDriveコントローラーがX1では使えなくなったことだ。そして、GLAと同様、センタースクリーンが遠すぎる。

操作系は「GLA」よりもさらにシンプルだ。利点:追加装備をほとんど注文しなければ、ブラインドスイッチに目を向ける必要がない。ただし、iDriveコントローラーがなくなったからといって、一歩前進したわけではない。10.7インチの曲面ディスプレイはドライバーに向かって湾曲しているが、それでも遠すぎる。右側のステアリングホイールのボタンにある小さなプラスチックの回転ノブは、見栄えが悪く、いらいらさせる。

試乗車は制限速度と車線を認識し、車線逸脱警報システムがステアリング操作することに煩わしさを感じるドライバーのために、センターコンソールにクイックアクセス機能が用意されている。

わかりにくいメニューを音声で操作

メルセデスがコックピットやセットアップを個別に設定できるのに対し、BMWはリラックス、スポーツ、エクスプレッシブといった固定プログラムしか提供しない。これらは、ライトやコックピットビューを変更したり、マッサージ機能を作動させたりすることもできるのだが、ユーザーは難解なウェルネスや「生き生きとした照明シナリオ」よりも、操作の謎に興味を持つ可能性が高い。

X1はサウンドコントロールタイルのような重要なものを探すために、メニューの中を長い間探さなければならないことがある。
Photo: Tom Salt / AUTO BILD

メニューの中で、小さなサウンドコントロールタイルのような日常的なアイテムを探すとき、最初は絶望するだろう。そんな時は「おい、BMW!」と言えば「X1」は即座に反応し、窓を開け、油温を知らせ、周囲の照明さえも変更してくれる。

「X1」はBMWらしい、繊細だがショートストロークであまりコンフォタブルではないサスペンションと、スラロームでわずかにオーバーステアを許容するESPを備えている。シャシーはコーナリングを難なくこなすが、ステアリングの反応が良すぎるため、しなやかさが損なわれているような印象を残す。スポーツモードでは、ステアリングはやや重くなる。

BMWはメルセデスより経済的

BMWは、より静かで洗練されたディーゼルエンジンが印象的だ。前のモデルはもっとディーゼルらしい音がしていた。マグナ製のデュアルクラッチオートマチックトランスミッションはスムーズに変速するが、メルセデスが「GLA」に搭載している8速デュアルクラッチトランスミッションよりも変速段数が1段少ない。

明確な勝者: 平均燃費は17.8km/ℓでX1はGLAに2km以上の差をつけている。

燃料消費量に関しては、BMWがリードし、100kmあたり5.6リッターであった。両メーカーとも、燃料消費を低く抑えるために最善を尽くしていて、どちらもラジエーターシャッターとフリーホイール(BMWはエコモードのみ)を装備し、BMWはオンボードレキュペレーションも提供している。

コスト面では、BMWがリードを広げている。メルセデスは購入価格と年間メンテナンス料が高い。

【フォトギャラリー】 比較テスト: BMW X1対メルセデスGLA

コンパクトなサイズ、パワフルなディーゼル、上質なブランド: BMW X1とメルセデスGLAは、多くのSUVファンにとって魅力的なパッケージだ。
BMW X1 xDrive 23d。3代目BMW X1は2022年10月にデビューした。
2代目メルセデスGLAは2020年に発売され、2023年春にフェイスリフトされた。
「BMW X1」はレーゲンスブルクで製造される。
「メルセデスGLA」はラシュタットで生産される。どちらの場合も、低賃金国で生産されたSUVに上品なロゴを付けたものではなく、ドイツ国内生産だ。
私たちが試乗したGLAの場合、ベース価格にAMGラインプレミアムの装備が上乗せされ、さらにいくつかのエクストラを加えて、最終的には66,348ユーロ(約1,062万円)となった。
X1は、基本価格にエクストラを加えて、60,220ユーロ(約963万円)となった。
iDriveコントローラーのない空っぽのX1コックピット。
GLAのステアリングホイールにある小さなトグルスイッチとロータリースイッチは煩わしいが、スライダーよりはマシだ。タッチパッドはフェイスリフト以来省かれており、私たちはこれを後退と見ている。
GLAのAMGラインプレミアムのインテリア。
X1では、4段階のランバーサポートとマッサージ機能を備えたアクティブシートを装備。
BMW X1は、旧型X3よりも後席が広い。背もたれの角度は調整できる。
メルセデスのリアドアはやや小さいが、シルがズボンを挟むことはほとんどない。ヘッドルームはBMWより若干狭い。
GLAは丸みを帯びているため、積載時には435~1,430リットルのトランクスペースとなる。
BMW X1の積載量は500~1,545リットルだが、開口部は比較的狭い(97cm)。
エンジン:18dでも20dでも23dでも、X1のベースエンジンは同じ2.0リッターで、経済的でスムーズな走りをする。23dは211馬力と400Nmのトルクを発生する。
メルセデスの190馬力、400Nmの2.0リッターターボディーゼルは、スムーズさという点ではBMWのエンジンにやや劣るとともに、燃費の点では明らかに劣っている:我々のテストでは、平均燃費はリッター17.8キロでX1はGLAに2キロ以上の差をつけている。
X1はBMWらしい、繊細だがショートストロークであまりコンフォタブルではないサスペンションと、スラロームでわずかにオーバーステアを許容するESPを備えている。サスペンションはコーナリングを難なくこなす。
ステアリングだけはやや反応が良すぎて、しなやかな印象を損なっている。スポーツモードにすると、ステアリングはやや重くなる。
GLAのステアリングは最初から納得のいくものだった。リニアなレスポンス、信頼性、そしてクルマとの調和。気難しいと思われるようなことは一切なく、BMWよりもセンタリングがいい。
高速コーナーでの考え方の違い:メルセデスのESPは序盤の離脱を抑制し、BMWはスラロームでオーバーステアを許容する。どちらの候補車も、石畳や悪路でもガタつきやきしみがない。特にメルセデスは調和の取れた印象を与え、サスペンション/ダンピングはバランスの取れた快適な印象を残す。
BMWはここでより厳しさを見せ、スタート直後から車体の動きを懸命に抑えている。どちらも100キロからの完全制動距離は34~35メートルと心強いほど短い。
第2位 800点満点中549点: メルセデスGLA 220 d 4MATIC
快適だが、残念ながら購入費と維持費が高い。コネクティビティは依然としてトップだが、もはや独自性はない。
第1位 800点満点中565点: BMW X1 xDrive23d
初代X3に近い基本形と空間。経済的だが、先代よりも慣れるのが難しい。

結論:
「CLA」はサスペンションとステアリングの点で優れており、「X1」は後部座席と荷室のスペースが広く、運転面では特に洗練されていて経済的である。コスト面でも「X1」の方が高い点数を獲得しているため、この比較テストでは「X1」の勝利となった。両モデルのハンドリングは、まったく納得できるものだ。

Text: Rolf Klein and Mirko Menke
Photo: Ingo Barenschee / AUTO BILD