「HWA Evo」メルセデス190 E 2.5-16 EvoIIがレストモッドで復活!その驚くべき値段とは?

2939
- Advertisement -

メルセデス・ベンツ 190E 2.5-16 エボIIのレストモッド「HWA Evo」は、最も伝説的な190へのオマージュだ。100台のみ生産され、価格はなんと1台あたり85万ユーロ(約約1億3,400万円)という金額だ!!!

モータースポーツのDNAと公道ライセンス: モータースポーツのエキスパートであるHWAは車両メーカーとしてレストモッドビジネスに参入する。「HWA Evo」は伝説の「メルセデス190E 2.5-16 EvoII」へのオマージュだ。100台のみの限定生産で価格は71万4,000ユーロ(約1億1,300万円)というものだ!

HWAは、ハンス ヴェルナー アウフレヒトが1998年に設立した独立系企業で、以来、特にモータースポーツの分野でその名を馳せてきた。今日に至るまで、HWAはDTM(ドイツツーリングカー選手権)史上、最も成功を収めたレーシングチームであると同時に、「メルセデスCLK DTM AMG」や「CLK-GTR」のスモールシリーズも開発してきた。つまり、メルセデス車を知り尽くしている会社といえば、HWAなのだ。

アファルターバッハを拠点とする同社は、現在、「メルセデス190」をベースに、初の完全自社製車両を開発中だ。その名は「HWA Evo」で、502台しか製造されなかった「メルセデス190 E 2.5-16 Evo II」へのオマージュであることは間違いない。

HWA Evoはメルセデス190 E 2.5-16エボIIへのオマージュであり、パッと見はオリジナルのようにも見える。

HWAのマーティン マルクス最高経営責任者(CEO)は「HWA Evo」について、「当社の長い伝統による経験と知識をすべて注ぎ込むことができるフラッグシッププロジェクトだと考えています」と語る。

すべてはスケッチから始まった

この外観を手がけたのは、デザイナーのカイジル サリームだ。2022年2月、彼はワイルドな「メルセデス190」のレストモッドのアイデアをインスタグラムで発表した。これをもとに、デザインは若干トーンダウンされ、さらにオリジナルに近づいた。

一目見ただけでも、「HWA Evo」が「Evo II」へのオマージュであることがわかる。フレアしたホイールアーチ、張り出したフロントスプリッター、XXLサイズのリアスポイラーは、もちろんオリジナルデザインの6本スポークホイールと同様に重要だ。しかし、よく見ると微妙な違いがいくつかあることがわかる。例えば、ラジエーターグリルはブラックアウトされ、ヘッドライトはLEDだ。レストモッドでは、リアに現代的なテールライトも装備されている。欠けているのはメルセデスの星で、やはり「Evo」はHWA製品なのだ。

現代的なLEDテールライトとセミスリックタイヤのオマージュ。メルセデスの星は探しても無駄だ。

HWAはすべてを自社開発

HWAは開発のすべてを引き受ける。2025年末に最初の「HWA Evo」顧客車両が納車されるときには、駆動、性能、シャーシ、ブレーキ、空力、安全装備は最先端になっているはずだ。残念ながら、アファルターバッハはまだ具体的な性能データを提供していない。

しかし、HWAがすでに明らかにしているのは、米国のキュレイテッド社と提携して販売するということだ。キュレイテッドは、80年代、90年代、2000年代初頭のスーパースポーツカーや小型シリーズ車を専門とする自動車ディーラーだ。

価格は正味71万4000ユーロ(約1億1,300万円)

「HWA Evo」の最初の顧客車両は2025年末に納車される予定。本体価格は正味714,000ユーロ(約1億1,300万円)で、ドイツでのグロスベース価格849,660ユーロ(約1億3,400万円)に相当する。

Text: Jan Götze
Photo: HWA AG