【クラシック オブ ザ デイ】真のカルトポルシェ「ポルシェ 928 S4 クラブスポーツ」19台しか作られなかったライトウェイトモデル

1513
Photo:AUTO BILD
- Advertisement -

ポルシェ 928 S4 クラブスポーツ:クラブスポーツほどスポーツカーらしい928は他にない。320馬力、270km/h、120kg軽量化、極めて希少なカルトポルシェだ。

1988年にポルシェが「928」の車体重量を約120kg削減したとき、ツッフェンハウゼンの人々はおそらく、最終的にどのような素晴らしいスポーツカーが組み立てラインから出荷されることになるのか想像もしていなかっただろう。

正式名称を「ポルシェ 928 S4 クラブスポーツ」と呼ぶこのクルマは、後にも先にも、どの「928」よりもスポーツカーらしい。320馬力のスペシャルモデルほど筋肉質で、パワフルで、鍛え抜かれたV8トランスアクスルは他にない。その4年後に登場した「GTS」でさえ、排気量5.4リッター、最高出力350馬力というモデル進化の頂点に立つはずだったにもかかわらず、いささか鈍重な印象を受ける。

大幅に軽量化された「クラブスポーツ」には多くの人々がポルシェに求めるものが反映されている。つまり、ストレートでもタイトコーナーでもその才能を発揮できる本物のスポーツカーなのだ。

外見からは、希少なポルシェ928 S4クラブスポーツは標準バージョンとほとんど見分けがつかない。
Photo: Marcus Gloger

最高速度は270km/h以上、0-100km/h加速はわずか5.6秒で、「クラブスポーツ」は同じく高価な標準バージョン(130,365マルク=)よりも速い。エンジニアたちは可能な限り軽量化を図った: サイドプロテクションモールディング、センターロック、クルーズコントロール、電動シート調整機能、他。同様に、PVC製のアンダーボディプロテクションの重量は約15kg。

断熱材、ワイヤーハーネス、車載工具も間引かれた。さらに、CSはリミテッドスリップ・ディファレンシャル、ショートギアレシオ、ハードボージュダンパーを装備し、鍛造軽合金ホイールは「クラブスポーツ」で初めて採用された。

CSの外観上の特徴:ステッカーだけ

わずか19台しか製造されなかった特別なポルシェは、外見上、ウィングに貼られたステッカーによってのみ、他のモデルと見分けることができる。ボンネットの下には標準の「S4」と同じ5リッターV8が搭載され、最大トルクも430Nmである。ただし、「CS」はなんと6775rpmまで回転することになっている。V8はマニュアルの5速ギアボックスでフルパワーを発揮するが、「928」に標準装備されている4速オートマチックトランスミッションでは追いつかない。

ポルシェ928のクラブスポーツモデルは極めて希少

「クラブスポーツ」は6ヶ月間しか販売されなかったため、その優れた資質は長い間認識されなかった。今日では、ポルシェの歴史のハイライトのひとつとされている。「AUTO BILD KLASSIK」誌は2018年、この卓越したポルシェについて、「シャシーを困らせるものは何もないようだ。当時、工場も顧客も熱狂的ではなかったという事実が、今日の私たちを寂しくさせている」とレポートしている。

今日、「928 S4クラブスポーツ」を手に入れたい人の見通しも暗い。わずか19台しかないのだから、これは事実上絶望的である。

Text: Julian Rabe