ラップレコード達成!「ABT(アプト)R8 XGT」がフェラーリ 296GTBとポルシェ911GT2 RSを超えた!

1153
- Advertisement -

「ABT(アプト) R8 XGT」がラウジッツリンクで新記録を樹立。アプトはレーシングカー「アウディR8 GT2」をベースにした「ABT(アプト) R8 XGT」を公道に解き放つ。

毎年、アプトチームは既成概念にとらわれず、一発勝負を仕掛けてくる。DTMの成功について話しているのではない。そう、アブトにはそれができるのだ。リアルレーシングを公道に解き放つ!

公道でのモータースポーツ

2023年半ばにナンバープレート付きの「R8 GT2」の写真が公開されると、アウディの新しい「スーパーR8」が登場するのではないかと噂された。特にフランク スティップラーがステアリングを握る姿が目撃されたからだ。しかし、そこには何もなく、それはアプトスポーツラインの仕事だった。アウディスポーツカスタマーレーシングの消滅後、アールゲーウに本拠を置くこの会社は、最後の99台の「GT2レーシングカー」をそのまま買い取り、「モータースポーツを公道で」という永遠の信条を「XGT」という形で実現した。そして今回は、「もしもの時」も「でも」の時もない。「R8」チューニングではなく、本物の「GT2」のレーシングテクノロジーを公道で使えるようにしたのだ!

レーシングテクノロジーを公道に:「アプト R8 XGT」のベースはアウディR8 GT2。数え切れないほどの技術的な改良を加えてSTVOに適合させた。

ハンス ユルゲン アプト、マネージングディレクターのトーマス ビアマイヤー、パートナーのクリスチャン シェーラーは、2年前にこのアイデアを思いついた。レースのプロフェッショナルであるケルヴィン ファン デル リンデ、マルティン トムチク、フランク スティップラー、リカルド フェラーが、開発ドライブ中に交代でステアリングを握った。約40の個別承認があり、数ヶ月にわたる承認プロセスは従来の車両開発の範囲を超えたものだった。技術的な改良には、熱管理や車両診断システムといった複雑な側面も含まれていた。さらに、タンクシステム、ハンドブレーキ、セントラルロック、エアコン、イモビライザーをシリーズから統合し、プロダクトモデルの計器クラスターを取り付ける必要があった。

レーシングカーのようなコックピット

本物の「GT2」レーシングカーと比べると、センターコンソールは整然としており(イグニッション、リバースギア、ペダルボックスの調整)、ステアリングホイールは上部が開いているため、レーサーよりもはるかにごちゃごちゃしていない。スタートボタン、トラクションコントロール、ホーンはここにある。インジケーターとワイパーレバーは通常の「R8」と同じ。しかし、それだけではない。騒音とCO2の問題を回避するため、ランボ製エキゾーストシステムが改造され、KBAの排ガス規制を満たすように適合されている。

視認性の高いディスプレイ、トラクションとESPを設定できるステアリングホイール、エアコン、ハンドブレーキ。

さらに?そう、衝突テストのために1台が犠牲になった。テクノロジー?「GT2/GT3」のような4ウェイ調整可能なコイルオーバーサスペンションの代わりに2ウェイのみ、12ウェイ調整可能なABSの代わりに8ウェイ、ブレンボ製ブレーキはレーシングカーと同じ。ホイール/タイヤは?18インチのスリックタイヤの代わりに、19/20インチのAbt鍛造ホイールとセミスリックタイヤが使用された。「XGT」にはピレリのトロフェオRタイヤが装着され、オプションでミシュランのカップ2 Rタイヤも用意されている。

GT2の走り

重量は?レーストリムの「R8」より200kg以上重い1,450kg。ギアボックスは?標準「R8」の7速DSG。出力は?「GT2」と同じ640馬力。「GT3 LMS Evo II」の性能は?BoP(バランスオブパフォーマンス)にもよるが、ニュルブルクリンクの24時間レースでは512馬力だった。

リアの野獣: V10はGT2と同じく640馬力を発揮。エキゾーストシステムは公道走行のホモロゲーションに適合させるためにランボルギーニ製のエキゾーストが流用された。

まだまだ話は尽きないが、いよいよステアリングを握ってみたい。どれだけレーシングカーが中に残っているのか知りたいのだ。つい数週間前、私はこのラウジッツリンクでのサーキットテストで「GT3 LMS Evo II」をドライブしたばかりだ。アプトチーム、メカニック、4セットのニュータイヤ、電気毛布とともに。アブトの本気だ。天気は曇りだが10度以上。

まずは路面状況を確認する。ゼンフテンベルクのガソリンスタンドへ。フルバケットシートに座り、6点式シートベルトを締め、イグニッションをつけ、スタートボタンを押し、ロッカースイッチでギアを1速に入れ、走り出す。うるさい。ホイールアーチには石がゴロゴロ、バックミラーからは十分な視界が得られる。

ファステストラップ前のブリーフィング: レースエンジニアのヴィッパーシュテッグとアプトチームは、DTMのプロフェッショナルだ。

サーキットに戻ると、レースエンジニアのレオン ヴィッパーシュテッグがすでに待機している。戦略、セットアップ、データ分析に関してはフリークである彼は、アプトのドライバー、ケルヴィン ファン デル リンデの成功に大きな役割を果たした。そしてレオンはクルマの運転もできる。実際、彼はXGTのラウジッツリンクのセットアップを何周か自分でチェックし、小さな変更を加えるほどだ。レオンが親指を立て、ヘルメットをかぶって出発。

エアロダイナミクスが640馬力を抑える

クルマはスタート直後から自信を与えてくれる。トラクションコントロールの助けを借りて最初の数周、サスペンションは完璧にフィットし、速い右コーナーでわずかにアンダーステア、リアアクスルはすでに強く食い込んでいる。リアウイングとストレートでのエアロ類で、640馬力は少し控えめな印象だ。ピットに戻り、レオンと私の印象について短いブリーフィングを行い、ヒーター付きの新品のカップ2 Rタイヤを装着して出発。

サーキットにフィット: アブトXGTのリアウイングは、LMS GT2やGT3と同じ。ディフューザーはR8 LMS GT4のもの。

1周目、フロントタイヤはまだ完全に働くことを望んでおらず、2つのコーナーでわずかにアンダーステア。トップスピードはわずか253km/hで、現在のトップランナーであるフェラーリ296GTBはここで20km/h速かった。インフィールドに入り、最もタイトなラインで、早めにアクセルを開ける。オーバルへの上り左ハンダーのバンプ、横方向のバンプはなく、ここですでにフェラーリよりコンマ2秒速い。左のタイトなコーナーで遅めのブレーキング。

XGTより速いマシンはない

10気筒エンジンが後方で雄叫びを上げ、ヘルメットの下で私は満面の笑みを浮かべる。後半のブレーキングではディスクが光り、ペダルはソフトになるが、ここでもレーシングラインは最高の状態だ。

新記録:1分25秒76のラップタイムを記録したアプトXGTは、フェラーリ296GTBとポルシェ911GT2 RSを抑えて、ラウジッツリンクのベストリザルトのトップに立った。

スタート&フィニッシュのストレートでタイトなラインを描き、直感的に速いと思ったが、「296」の方が少し速いように感じる。ピットに戻ったら、ヴィッパーシュテグは両手を上げて「ハンドストップで1分26秒を切った!」と言った。ヘルメットを脱ぎ、メモリーカードをコンピューターにセットする。1分25秒76、ラウジッツリンク新記録だ!

結論:
ハンス ユルゲン アプト、トーマス ビアマイヤー、ケンプテンおめでとう。「XGT」によって、新旧のDTMアウディカーとともに、また新たな勝利を手にすることができた。

Text: Guido Naumann
Photo: Ronald Sassen / AUTO BILD