【動画付き】完全動画付き その爆音と豪快な走り 330キロまでスピードメーターから目が離せない ランボルギーニV12

490

ランボルギーニ ムルシエラーゴ: 価格、スピードメーター、V12

自動運転(自律走行)に関して、メルセデスがテスラにカウンターアタック。エヌビディアとメルセデスは大規模な提携で自律走行に取り組むことを発表した。提携はテスラへの攻撃でもある。メルセデスの作ったクールな動画とともにどうぞ。

このランボルギーニ ムルシエラーゴは、その数字が示すほど速くはない。
たったの580馬力だし、最高速度330km/h程度だ。
それでも、ランボルギーニ ムルシエラーゴは、路上ではいつも速すぎる。
ビデオがそれを示している。スピードメーターから目が離せない!

動画全編 エンジン始動 スタートから 330キロ 豪快な走り

ランボルギーニは、いつも人々の注目を集めるために車を作る。
2001年から2010年まで製造されたムルシエラーゴも例外ではない。
V12を搭載したこのスーパースポーツカーは、豪快な音とともに、どこに現れても注目を集める。

この動画はムルシエラーゴのスピードメーターの上昇の仕方を見せびらかす。
しかし、オランダの自動車雑誌、『AutoTopNL』がこの闘牛をドイツの高速道路で走らせてみたところ、速度計に最大で36km/hの誤差が生じたという。

スピードメーターの偏差値は約13パーセント

このランボルギーニは、オプションのシーケンシャルオートマチックを搭載した最初の年のムルシエラーゴである。
その6.2リッターV12自然吸気エンジンは、580馬力と650Nmを生み出し、特徴的なエギゾーストサウンドを奏でる。
当時215,000ユーロ(約2650万円)のスポーツカーの最高速度は330km/hとされていた。

実際に330キロを出せるかどうかを検証しようと、「AutoTopNL」誌は、ドイツのアウトバーンでムルシエラーゴのトップスピードを試してみた。

アウトバーンにて、スピードメーターの針は300km/h以上に楽々と登っていった。
しかし、チェックのためにダッシュボード上に追加で設置されたGPS装置によれば、速度数値に明らかな誤差が認められた。
スピードメーターが320km/hを表示していた時、GPSはたったの284km/hを表示していたのだ。
つまり、時速36km/h、約13%もの誤差が生じていたのだった。
速度計が上向きにばらつくのはよく知られているが、今回の場合、その違いが極端だ。

ほぼ10万キロ走行

原因は何が考えられるのだろうか?
一つには、ムルシエラーゴは約20年前のものであり、スピードメーターは単に劣化などの問題で不正確になっていた可能性がある。
また、このランボの走行距離はすでに96,000キロを超えており、スーパースポーツカーとしては驚異的だ。
それだけの年月と走行距離であれば、この種の欠陥は起こりうる可能性はある。
2つ目の可能性?
ランボルギーニが意図的にスピードメーターを、最初からそのように設計した!?
イタリア車だからといって、まあそれはいくらなんでもありえないだろう。
ギャグとしては面白いが(笑)。

ともかく動画は理屈抜きで楽しいのでエンジョイしてほしい。

「ムルシエラーゴ」はイタリア語でコウモリを意味する。リトラクタブルエアインテークでわかりやすい。

Author: Moritz Doka