初テスト ポールスター1 その性能と実力は? 総合評価

901

ポールスター1: ボルボ、テスト、プラグインハイブリッド、エンジン、価格

ポールスター1は並外れた才能を持っている。ポールスター1は、カーボンボディワークを備えているため高価だが、例外的な才能を備えたモデルだ。我々はボルボのパフォーマンスハイブリッドをテストした。

P1は、ポールスターからの初のプラグインハイブリッドGTとなる。

ポールスターはもともとボルボのハウスチューナーで、メルセデスのAMGのような存在だった。そして、数年前からポールスターは、電気自動車を担当する独自のブランドに昇格した。

P1 は、カーボン製のボディワークに609馬力のシステム性能を持つ4つのエンジン(ターボとコンプレッサー充電を備えたガソリンエンジン1基、Eマシン3基)を備えた、基本価格15万5000ユーロ(約1937万円)という高価なモデルで、向こう3年間に年間500台のみ販売される(1500台の限定生産という意味だ)。
はてさて、この希少なモデルの性能やいかに。
我々は遠慮なく公道でテストしてみた。

電動のみの航続距離は全く問題なし

テスト用には加速、ブレーキング、燃費、容赦なく弱点をすべて明らかにする意地悪なルートを選んだ。
しかしP1は見事にすべてのテストに合格してみせた。
バッテリーさえうまく充電すれば、我々は誰にも負けない高性能ハイブリッドシステムを搭載した車を運転することになる。
P1は、純粋に電動で121kmを走り(ポールスターは124kmを約束している)、電動パワーだけで驚くほど速く加速し、高速道路でもゆるやかで滑らかな挙動を見せた。
ドライバーがセンタートンネルの小さなローラーを回して「モード」を変化させると、乗り心地はより一層本当にスムーズになり、その後は電動モーターと内燃機関が統合制御される。
0から100km/hまでの加速は、スペック表にあるタイムよりコンマ2秒遅い4.4秒だった。

ささやき声のように静か。ポールスター1はフル充電で、我々のテストでは純粋に電気のみで121km走行できた。

言葉では表現できないパワーで、P1は中間スパートをおこなう。

よりエキサイティングなのは、圧倒的な中間加速時の「Eブースト」で、60km/hから100km/hまで2秒未満、80km/hから120km/hまで2.4秒で加速する。
1000Nmという巨大なトルクが2.3トンのGTをほとんど表現できない力で推して、推して、そして推しまくる。 それも休みなしに。
しかし、それはP1の一側面であり、他の側面はすべてのプラグインモデル同様に、電動モーターがアシストせず、内燃機関のみで駆動しているときには、音だけでなく、過剰な負荷がかかっているようにも感じる。
その他の部分は優秀だと思う
シャシーは細かくバランスが取れていて、優れて快適で、わずかにオーバーステア気味ではあるが、かなり俊敏なハンドリングで喜ばせてくれる。
そこでじゃまをしているもの? 遠慮なく、ストレートに指摘すれば、典型的なボルボのダルなステアリング感覚だ。

荒々しい。燃焼エンジンと電動モーターがドライブトレインに1000Nmのトルクを送り込む。あなたはそれを身体全体ではっきりと感じとることができる。

【フォトギャラリーと結論】

ポールスターはもともとボルボのハウスチューナーで、メルセデスのAMGのような存在だった。数年前からポールスターは、電気自動車を担当する独自のブランドに昇格した。
ポールスター1は、年間500台、3年間のみ生産される限定モデルだ。
カーボン製のボディワークに609馬力のシステム性能を持つ4つのエンジン(ターボとコンプレッサー充電のガソリンエンジン1基、Eマシン3基)を備え持つ。
基本価格は15万5000ユーロ(約1937万円)だ。
ステアリングが反応の鈍いボルボ製なのはいただけない。ボルボといえば、P1は独自のアクセントがあるにもかかわらず、インテリアでのボルボとの関係性も見過ごせない。縦型のタッチスクリーンはシックに見えるが、やや貧相なメニュー構成のため、慣れるまでには少し時間がかかる。
リアウィンドウの真下に設けられたガラスの後ろに細かく配置された高圧ケーブル。スペースを奪っている。ラゲッジコンパートメントは特筆すべきものはないが、少なくともゴルフバッグくらいは収納できる。

結論:
ポールスター1 のようなモデルは、購入に際しての合理的な考慮を否定する。
あまりにも稀で、あまりにも高価(約2000万円)だからだ。
しかし、完全に合理的な観点から見れば、磨き上げられたシャシー、最高の走行性能、そして、トップクラスの運転特性を持つ優れたクルマだといえる。
AUTO BILDテストスコア:2-

Text: Dennis Heinemann, Stefan Voswinkel
Photo: Olaf Itrich / AUTO BILD