【新型ハイパーカー】8台だけのエクストリームでエクストリームな「Pagani Imola Roadster(パガーニ イモラ ロードスター)」登場!

444
Photo: Pagani
- Advertisement -

パガーニ イモラ ロードスター(2023): イモラ クーペから3年、パガーニは新型イモラ ロードスターで8台限定のスモールシリーズを発表する。

パガーニは特別モデル、ワンオフモデル、スモールシリーズを得意とする。2022年に「ユートピア」が発表されたイタリアンメーカーのサードシリーズであるにもかかわらず、「ゾンダ」と「ウアイラ」はサン チェーザリオ スル パナロのファクトリーホールから未だに姿を消していない。パガーニは、裕福な顧客のカスタマイズの希望を早くから認識し、それを独自のビジネスモデルへと昇華させた!

毎年、数台のゾンダが新車と見紛うほどにカスタマイズされる。最終的には、顧客の希望に応じて細部に至るまで作り直され、ネジやカーボンパーツは一切そのままにされる。

そして、それはさらに特別なものとなる!数年前に改名された”Grandi Complicazioni”部門では、小さなチームがさらに特殊なリクエストに対応している。しかし、「ゾンダ」用に新しいシャシーが生産されなくなったため、これらはもっぱら「ウアイラ」をベースにしている。

この小さな特別部門は、ワンオフのほか、少量生産の特別モデル、「ウアイラ コーダルンガ」と「ウアイラ トリコローレ」を生産している。

パガーニ イモラ ロードスターに関する最も重要な事実
・わずか8台しか生産されない
・6.0リッターV12ツインターボ(パガーニV12)
・850馬力+1,100Nm
・1,260kgの乾燥重量
・ワールドワイドでホモロゲーション取得
・すでに完売

イモラ クーペの3年後にロードスターが登場

2020年、パガーニは同名のイタリアのレーストラックへのオマージュとして、特に過激なバージョンの「イモラ」を発表した。827馬力のクーペは、500万ユーロ(約8億円)で5台のみ製造された。それから3年後、パガーニは「イモラ ロードスター」を発表した!

長い間、ロードスターBCはウアイラの最終段階と考えられてきた。しかし、パガーニは常にひとつ上を行く!
Photo: Jan Götze / AUTO BILD

パガーニ グランディ コンプリカーツィオーニの責任者であるロレンツォ ケルコックによれば、当初のアイデアは「イモラ」のオープントップ版だった。しかし、パガーニはその後、異なるアプローチを選択し、「ウアイラ ロードスターBC」の技術と「ウアイラR」レーシングカーのエアロダイナミクスの一部を組み合わせることにした。その結果が今回の「イモラ ロードスター」である。

「イモラ クーペ」と同様、「ウアイラ」の名は冠していないが、それをベースにしている。その外観は、わずか40台しか製造されなかった802馬力の「ウアイラ ロードスターBC」よりもさらに過激だ。例えば、フロントの巨大なエアインテークは特に目を引く。

280km/hで600kgのダウンフォース

また、「イモラ ロードスター」のフロントホイールアーチには、動圧を低減し、エアフローを最適化するためのダブルエアアウトレットが設けられている。

パガーニは、これにより空力的な安定性がさらに向上したことを約束している。例えば、時速280kmでの最大ダウンフォースは600kg。これは洗練されたエアロダイナミクスによるもので、特に固定式リアウィングと巨大なディフューザーがその役割を担っている。

俯瞰して初めて、すべてのボディパーツが空力的に最適化されていることがわかる。
Photo: Pagani

「イモラ ロードスター」には、ウィング前方にフィンが追加され、乗員の頭上を自由に浮遊するエアインテークへと伸びている。このルーフスクープは見た目が壮観なだけでなく、メルセデスAMGが供給する6.0リッターV12ツインターボに追加の冷却空気を供給する。

最高出力850馬力、最大トルク1,100Nm
このエンジンは、基本的な形はすでにすべての「ウアイラ」モデル(ウアイラRを除く)でおなじみであり、「ウアイラ ロードスターBC」で発表されて以来、パガーニV12という輝かしい名称が与えられている。「イモラ ロードスター」では、出力が再び向上し、エクストラック製のシーケンシャルギアボックスを介して850馬力と1,100Nmの強大なパワーが後輪に供給される。

「イモラ ロードスター」には、20/21インチの265/30 R 20と355/25 R 21のホイールが装着され、ピレリPゼロ トロフェオRSセミスリックタイヤが装着される。

テールフィンから前に弧を描く独特のエアロパーツが目を引く。
Photo: Pagani

パガーニのコアビジネスのひとつはカーボンファイバーの製造であり、オラチオ パガーニのチームは30年以上にわたってこのテーマに取り組み、常にさらなる開発を続けている。

「ウアイラ ロードスターBC」や「ウアイラ ロードスターR」と同様に、「イモラ ロードスター」のシャシーは、自社で開発されたカーボンチタニウムとカーボントライアックスをミックスした特別なカーボンタイプで構成されている。これらの素材は特に耐久性に優れ、同時に非常に軽量である。

ロードスターの徹底的な軽量化

「イモラ ロードスター」は、2020年に発表された「イモラ クーペ」よりわずか14kg重いだけである。パガーニにおける軽量構造の重要性は塗装にも表れている。特に軽量な「アクアレロペイント」のおかげで、品質に妥協することなく5kgの軽量化が可能となった。

イモラ ロードスターは公道用に開発されたが、レーストラックでも素晴らしい走りを見せるはずだ。
Photo: Pagani

ここで、パガーニが部分的にしか明らかにしていない走行性能に話を移そう。最高速度は350km/hとされているが、もちろん電子制御による制限付きである。加速の数値はまだ公表されていない。これは、パガーニが重量やエアロダイナミクスの面であらゆる数値を示しているにもかかわらず、最終的にはドライビング体験や感情よりも、最後のコンマ数秒にあまり関心がないという事実によるものかもしれない。パガーニは、ブガッティやケーニグセグなどのライバルに記録を委ねることを好む。

価格は未定・・・!

パガーニは、8台限定の「イモラ ロードスター」の価格もまだ明らかにしていない。しかし、2020年に発表されたイモラがすでに500万ユーロ(約8億円)していることから、「イモラ ロードスター」はさらに高価になる可能性が高い。

とはいえ、「イモラ ロードスター」はすでに8台すべてが完売している。そして、この小さなシリーズが、「ウアイラ」をベースにした最後の特別モデルにはならない可能性が高い。なぜなら、パガーニほどこのアートを極めたブランドは他にないからだ。

結論:
ニューモデルシリーズに全力を注いでいるかと思えば、イタリア勢は「ゾンダ」や「ウアイラ」のワンオフモデルや壮大なスモールシリーズを発表してくる。これ以上の個性はない!

Text: Jan Götze