【休暇旅行に最適な場所27選】城とワインと秋の陽光 ドイツで最も美しい山と川の地域を巡る

200
Photo: Schützenhaus Bernkastel
- Advertisement -

明日の山間地方への休暇旅行。モーゼルとフンスリュックのベストデスティネーション。城、ワイン、秋の陽光。ドイツで最も美しい山と川の地域を巡る。

お城、ワイン、ハーフティンバーの村々 – モーゼル渓谷とフンスリュックは、ドイツでのんびり休暇を過ごすのに理想的な場所だ。サイクリングやハイキングのコースが山や川を貫き、ローマ人の足跡がいたるところに残されている。しかし、文化的な景観もまた、驚きに満ちている。ここでは、休暇を過ごす人々は、原生林の成長を観察し、樽の戦い、偶然の石打ち、仏陀とこの地域との特別なつながりについて学ぶことができる。

コブレンツ: エーレンブライトシュタイン ビアガーデン
1,000年ごろに建てられたヨーロッパで2番目に大きな要塞、エーレンブライトシュタイン要塞は、プロイセン人がライン渓谷中流域の軍事的防衛のために建設したものだが、人気の観光スポットになるとは夢にも思わなかったことだろう。カイザー ヴィルヘルム2世は1918年までここで指揮を執っていた。今日、モーゼル川がライン川に注ぐ河口の対岸にあるこの要塞は、ユネスコの世界遺産に登録され、文化の中心地であり、コブレンツ州立博物館もある。城の中庭にある屋外席からは、遮るもののないドイチェ エックの眺めが楽しめる。このビアガーデンで味わえるフェストゥングスブロイ(半リットル5ユーロ=約800円)もとても美味い。ライン川から118メートルの高さにあるこのビアガーデンは、まさに絶好のロケーションなのだ。夕暮れ時の冷たい一杯や、洗練された夕涼みには最適の場所だ。

エーレンブライトシュタイン要塞
Greiffenklaustraße, 56077 Koblenz
営業時間: 毎日11~18時
要塞に関する情報:www.tor-zum-welterbe.de

ヴィアシェム: エルツ城
そびえ立つ垂直の外壁、高さ35メートルに達する8つの防御塔、そしておとぎ話の絵本のような城の三方を流れるエルツバッハ川。900年にわたる城の歴史の中で、おそらくほとんどの攻撃者がそう考えていただろう。エルツ城は完璧に保存されており、12世紀に建てられて以来、エルツ伯爵家の所有となっている。観光客は、フォン エルツ家の敵には見せなかったものを見ることができる。例えば、宝物室にある貴重な金、銀細工、ガラス細工、コイン、武器、絵画などである。見どころのひとつは、紋章、鎧、その他騎士が必要とした様々なものが展示されている騎士の間である。小さな中庭と丸天井の台所も一見の価値がある。この “キッチンインポッシブル”で美味しい料理を作ることができたとは想像もできない。

Burg Eltz 1, 56294 Wierschem
www.burg-eltz.de
営業時間 4月~11月:毎日9:30~17:00

トレイス カルデン ハンブレヒ ワインハウス
ブドウ栽培と高品質のブランデー製造は、ハンブレッヒ ワインハウスの芸術であり、切っても切り離せないものである。1676年に家業として創業して以来、ずっとそうである。伝統を重んじながらも、今日、ハンブレッヒ家はワインとブランデーの製造に、400年前よりも近代的な道具を使用している。要望があれば、小さなワイン博物館のある歴史的なシュティフトハーレンのワインセラーや蒸留所を案内し、現代のワイナリーでの仕事について話してくれる。もちろんワインもブランデーも提供される。たとえば、モーゼル下流地方の「国民酒」とも呼ばれるモーゼル酵母のブランデーがある: このブランデーは透明で、まろやかで甘い香りがする、と愛好家たちは言う。このツアーはエンターテイメント性に富んでいる。

St.-Castor-Straße 14, 56253 Treis-Karden
www.weinhaus-hambrech.de

メルスドルフ: ガイヤライ吊りロープ橋
全長360メートルのガイヤライ吊りロープ橋は、現在2位にだが2017年までドイツ最長の吊りロープ橋だった。非常に印象的な建造物であることに変わりはない。高さ100メートルのメルスドルフ渓谷に架かるこの橋は、フンスリュックでもトップクラスの観光地だ。
Photo:Kevin Kurek/dpa

2015年10月の開通以来、210万人以上の人々が緩やかに揺れる橋を渡ってきた。渡るには勇気が必要で、スイスの企業によって建設され、歩行可能な木の板を含めると62トンもあるらせん状のケーブル構造への信頼も必要だ。一度に最大600人がこの橋を渡ることができる。独り占めしたいなら、早朝に訪れるのがベストだ。危険を求める人へのアドバイス: 「タイタンRT」はドイツ最長の吊り橋の称号を持つ。ハルツ山地のラップボーデ渓谷にかかる高さ483メートルの橋だ。

ガイヤレイ ビジターセンター
Kastellauner Straße 23, 56290 Mörsdorf
www.geierlay.de

コケム:ライヒスブルク城
ライン川沿いの多くの要塞と同様、1100年頃に建てられたモーゼル河畔の帝国城は、プファルツ継承戦争(1688~1697年)でフランス太陽王ルイ14世の軍によって破壊された。廃墟にならなかったのは、ベルリンのルイ ラヴェネのおかげである。この鉄鋼問屋は、この廃墟をロマンチックな城郭様式で再建させた。1877年以来、ライヒスブルクは再びコーム上の山の錐の上に立っている。ルイ14世もこの城を見たら激怒するだろう。ライヒスブルク城を訪ねるには、シャトルバスに乗るか、徒歩で頂上まで行く。この城にまつわる数々の数奇な物語を見聞きするためにも、登る価値はある。それは、パラティーネ伯爵夫人マチルドがこの城で夫を暗殺し、ヘルマン フォン ザーム ウント ルクセンブルク伯爵は1086年に城の女性によって石で打ち殺された。城の年譜によれば、事故死である。城を訪れた人は、ガイドツアーで、なぜそのようなことが可能なのか、樽の戦いのような不名誉な事件がどのようなものなのかを知ることができる。

Schlossstraße 36, 56812 Cochem
www.reichsburg-cochem.de
開館時間:毎日午前9時~午後5時

コッヘム: モーゼルぶどう園桃の収穫市
モーゼル地方の主要なワイン祭りには、ワインの女王が欠かせない。モーゼルのブドウ園の桃の収穫祭も、王冠をかぶった女王の後援のもとに開催される: コッヘム休暇地域のワインの女王に加え、ブドウ園の桃の妖精アナベルが祭りを開く。9月16日と17日の両日、桃の収穫祭が開催される!もちろん、町のいたるところでモーゼルワインが販売される。しかし、パーティの主役は小さな果物、ブドウ園の桃だ。コケムでは、桃は純粋なまま、リキュール、ブランデー、スプレッド、ジャム、アイスクリーム、パンチ、パイやケーキなど様々な製品に加工されて販売される。コケムは桃のグルメマイルになる。美食家やお土産探しには欠かせない。

Endertplatz 1, 56812 Cochem
www.ferienland-cochem.de
開催日:2023年9月16日/17日

コッヘム: ブドウ畑ハイキング
コッヘムはモーゼル河畔の観光名所のひとつ。夏の盛りには、町の路地は行楽客でごった返す。喧騒の中心は川沿いの遊歩道、ライヒスブルク旧市街だ。9月下旬になると徐々に静かになる。ブドウ畑は一年中、それほど混雑しない傾向にある。これも短いワイン体験ツアーをお勧めする理由のひとつだ。ツアーはバッハのワイナリーから始まり、エーベルナッハ修道院を経て「コッヘマー クロスターガルテン」のブドウ畑に入り、若きワインメーカー、ダニエル バッハの専門的な説明を受ける。ここでは、バッハがワイン生産者の仕事について説明し、聴衆にはグラスワインが振る舞われる。ワイナリーに戻ると、ツアーは古い丸天井のセラー、圧搾所、ボトル ショップへと続き、最後にバッハのシュトラウスヴィルトシャフトで軽食と6本入りワインの試飲を楽しむ。

バッハ ワイナリー
Brausestraße 1
www.bach-wein.de

エルンスト: SUPでモーゼルツアー
トレンドのスポーツ、スタンドアップパドリングがモーゼルに上陸して久しい。SUPツアーでは、何よりもバランスの良さが要求される。ボードに数分乗れば、ほとんどの初心者でもコツをつかむことができる。
Photo: Mosel Kanutours

エルンストから6キロ下流に向かい、コーム(Cochem)を過ぎ、クロッテン(Klotten)へ向かう。コームからクロッテンまで(パドリング時間2時間)、あるいはさらにトライス-カルデンまで(同4時間)。遊覧船やモーターボートに遭遇すると、SUPアスリートはモゼッラ川で思わず落水してしまわないように、小さな荒波の中でバランスを取らなければならない。素晴らしい川の風景にも落とし穴がある。そのパノラマは素晴らしいものだ。

モーゼル カヌトゥール
Moselstraße 45, 56814 Ernst
www.mosel-kanutours.de
ボードレンタル料金:2時間20ユーロ

バイルシュタイン: 絵本のようなワイン村
小さなバイルシュタインは完璧に保存され、指定建造物に指定されている。しかし、ハーフティンバー造りの小さな村(人口140人)は、古い建物、小さな階段、狭い路地、モーゼル地方特有の濃い灰色のスレート屋根で知られているだけではない。バイルシュタインのカフェやレストランも魅力的だ。中心部のマーケット広場には、長屋の地下室(Zehnthauskeller: www.zehnthauskeller.de)がある。古い丸天井のセラーでは、定期的にワインの試飲会が開かれている。お酒はこれ以上ないほど美味しい。いや、そうかもしれない。修道院の階段にあるヴィンツァーシェンケ(Winzerschenke: www.winzerschenke-beilstein.de)では、郷土料理と素晴らしい日陰の屋外席を提供している。分厚い修道院の壁の向こうにある、居心地の良いカルメルテラスの「クロスター レストラン&カフェ」(www.klostercafe-beilstein.de)でも味わえる。ブドウ畑の中にあるメッテルニヒ城跡が、すべてを見守る。バイルシュタインに立ち寄る理由はたくさんある。

ホーム&ツーリストオフィス
Bachstraße 47, 56814 Beilstein
https://beilstein-mosel.de

ブレンム: カルモント ヴィア フェラータ
ブレンムとエディガー エラーの間にあるカルモントは、勾配65度のヨーロッパで最も険しいブドウ畑だ。徒歩で登るには、体力と覚悟が必要だ。というのも、ヴィア フェラータは狭く険しい道だからだ。全長わずか3kmの短いルートだが、378mの高度を越えなければならない。途中には6つのはしご、さまざまな安全ロープ、あぶみ、岩に打ち込まれた踏みピンなどがハイカーやクライマーを待ち受けている。登山の途中にある岩場は「死の恐怖(Todesangst)」とも呼ばれている。ミラベル プラム、古いブドウ畑の桃の木やブドウの木の横を小さなトカゲやひらひらと舞う蝶を見ながら通り過ぎる。これらすべてが、カルモントがハイカーにとってもワイン生産者にとっても重労働であることを物語っている。

Calmont Klettersteig, 56814 Bremm
www.ediger-eller.deおよびwww.calmont-klettersteig-moselschleife.de

トラベン-トラールバッハ: モーゼルループ
1500万年前、古代のモーゼルはヴォージュ山脈からライン川に向かって河床を削り始めた。そのトレードマークは、多くの蛇行と急カーブだ。トラベン=トラールバッハでは、仏教徒であり企業家でもあるヴォルフガング プロイスは巨大な仏像コレクションを集めた。
Photo:Picture Alliance

場所によっては、まるで川が一回転して源流に戻ろうとしているかのようだ。クレフとトラベン=トラールバッハでは、モーゼル川がわずか数キロの間に、古代の文化的景観に「オメガ」を2度描いている。この2つの折り返し地点は、曲がりくねった渓谷を上から眺めたり、狭いカーブを進む艀船を眺めたりするのに最適だ。ヒンメルスプフォルテ(Himmelspforte)展望台、トラーバッハ(Trarbach)のグレーヴェンブルク(Grevenburg)遺跡、あるいはクレフ(Kröv)上流のブドウ畑にあるモーゼルシュライフェ(Moselschleife)展望台の眺めは最高だ。情報はトラベン=トラーバッハの観光局で入手できる。

Am Bahnhof 5, 56841 Traben-Trarbach
www.traben-trarbach.de

トラベン=トラーバッハ: 仏陀博物館
仏教とアルコールはあまり関係がない。完全に禁止されているわけではないが、酩酊物質が意識を混濁させることは禁じられている。それゆえ、ブッダ ミュージアムがトラベン=トラーバッハの旧ユリウス カイザー ワイナリーにあることは、なおさら驚くべきことである。ここでは、仏教徒であり企業家でもあるヴォルフガング プロイスが、巨大なブッダ コレクションを集めている。中国、インド、タイを中心に、様々な時代から集められた2,000点以上の仏像が展示されている。中には数百年前のものもあり、まさに至宝といえる。展示されている最大の聖像は、高さ3.90メートル、重さ約2トン。その巨像の名は阿弥陀如来。一方、最も小さな仏像は見過ごされがちだ: マッチの頭ほどの大きさである。博物館の見学は楽しく、随所で感動的で、終始とても楽しい。

Bruno-Möhring-Platz 1, 56841 Traben-Trarbach
www.buddha-museum.de
営業時間 火~日10~17時(10月末まで)

エルデン: ワイン生産者とワインフェスティバル
エルデンのワイン生産者12軒によるワイン、グレーヴェス(マッシュポテト、ザワークラウト、ベーコンのミックス)やリースといったモーゼルの伝統料理、オランダの伝統音楽グループによる熱気あふれる音楽が楽しめる。これがエルデンのワイン生産者祭りの伝統的な3つの基本要素だ。エルデンの地元ワインの女王が、人口400人の村のお祭りの中心であるワイン ルートを見守る。モーゼルで最もよく知られ、最高のブドウ畑のひとつがエルデン トレップヒェンで、スレート板の急斜面にブドウの木が繁っている。こぢんまりとしたお祭りを訪れる人は、トレップヒェンのリースリングを1、2杯は楽しめるだろう。ちなみに、このワイン生産者祭りとは関係なく、エルデンを訪れるのも一興だ。曲がりくねった路地、ハーフティンバーの家々、多くの装飾が施された出窓、居心地の良い中庭、そしてワイン生産業が営まれる村の中心部は、素晴らしくのどかだ。エルデン-モーゼル河畔の典型的なワイン村。

Hauptstraße 72, 54492 Erden
www.erden.de
開催期間:2023年9月29日~10月1日

ベルンカステル クエス: シュッツェンハウス
ベルンカステルとランツフート城のほぼ中間、ブルグベルクに位置する、大きなパノラマテラスのあるモダンなレストラン。常連客は、モーゼルワイン、豊富な郷土料理、世界各国の料理、そしてもちろん、町、モーゼル川、周辺のブドウ畑を見渡す素晴らしい眺めを楽しみにやってくる。シュッツェンハウスはパノラマの屋外席があるため、「ベルンカステルのバルコニー」とも呼ばれている。穏やかな秋の日でも、コーヒーブレイクには最適の場所だ。必要であれば、カリカリのバゲットを添えた温まるリースリングのチーズスープ(6.90ユーロ=約1,100円)を飲めば、体を温めることができる。暖かい日には、ブレッサノーネ アイスクリーム パーラーがおすすめだ。ベルンカステルを訪れる観光客にとって、この施設は避けて通れない。誰もがブレッサノーネ アイスクリームを片手に、遅かれ早かれマーケットに立ち寄ることになる。

シャンツ通り
Am Burgberg 1, 54470 Bernkastel-Kues
www.schuetzenhaus-bernkastel.de
営業時間 水~日11~21時、月・火9~17時

ベルンカステル クース: モーゼル川の船旅
船ほどモーゼル川を快適に散策できる交通手段はない。ベルンカステル クースからは、モーゼル川を上下するパノラマツアー、半日ツアー、日帰りツアーが毎日出ています。進行方向によっては、船上でグラスワインを味わいながら、ピースポルター ゴールドトロープフヒェンやクレーバー ナックタルシュといった有名なブドウ畑を、川の珍しい視点から観察することができる。トラベン トラールバッハはベルンカステルから近い。丸一日時間があるなら、60キロほど上流のトリアー(目的地28)がおすすめだ。片道の所要時間は4時間ほどで、短い川下りのようにリラックスできる。

船着場
Gestade 19, 54470 Bernkastel-Kues
www.moselrundfahrten.de

オサン モンツェル: ヴェイト ワイナリー
人口1,700人のオサン モンツェル村には、約40のワイン生産家族がある。村のほとんどの人がブドウ栽培に携わっており、単なる消費者はほとんどいない。ワインメーカーのルドガー・ヴァイトは、壮大な建物を持つワイナリーを完全に再編成した。特に一家のワインショップがそうだ。未来的な外観の建物は、モーゼル渓谷の上に浮かんでいるように見え、川に向かって全面ガラス張りで、ブドウ畑の素晴らしい眺めを提供している。たとえば、まったく異なるテロワールから生まれた7種類のヴェイト リースリングのうちのひとつが理想的だ。あるいは、シャルドネ、ピノ ノワール、フルーティなロゼも選べる。オサン モンツェル周辺では、ゲルバー ムスカテラーのような”エキゾチック”な品種も含め、一家で合計15種類のブドウ品種を栽培している。それでも物足りないなら、角を曲がったところにさらに多くの選択肢がある。この村のワイン生産者たちは、合計200種類ものワインを簡単に造ることができる。

Novianderweg 16, 54518 Osann-Monzel
www.veit-wein.de

ヴェルデンツ: ヴェルデンツ城
ヴェルデンツ城は、少なくとも900年前からヴェルデンツ近郊の山の斜面に建っている。30年戦争とプファルツ継承戦争では、スウェーデン軍、スペイン軍、フランス軍の攻撃に耐えることができず、大部分が破壊された。とはいえ、犬小屋、いくつもの門、城の監視官の家、貯水池、礼拝堂、円塔、裁判所など、古城の強大な規模を目の当たりにすることができる。1897年に再建された騎士の館は一見の価値がある。暖炉、重厚なオーク材のテーブルや箪笥、シャンデリア、騎士の鎧、先祖のギャラリーなど、城を特徴づけるものがすべて揃っている。

Schloss, 54472 Veldenz
www.schlossveldenz.com

イダー オーバーシュタイン: シュタインカウレンベルク宝石鉱山
フンスリュック・ホッホヴァルト国立公園の端に、ヨーロッパで唯一の一般公開されている宝石鉱山がある。アゲート、ロッククリスタル、アメシスト、スモーキークォーツ、方解石、その他多くの宝石が迷路のような坑道で輝いている。専門スタッフが、それらがいつ、どのように形成されたかを来館者に説明してくれる。地上には、すぐ隣に掘削場があり、予約制で子供や若者が石の宝物を自分で探すことができる。宝探しが無駄にならないよう、毎日世界中から宝石が補充される。つまり、宝探し場で宝を探す人たちが手ぶらで帰ることはないのだ。鉱夫たちとは違う。1875年に鉱山が閉山するまで、鉱夫たちは1人当たり年間1立方メートルの岩石を採掘していた。宝石のかけらすら見つからないことも珍しくなかった。地下での過酷な労働が無駄になることも少なくなかった!

Im Stäbel, 55743 Idar-Oberstein
www.weiherschleife-steinkaulenbergwerk.de
営業時間 月~日 10~17時(3月~11月)要予約
料金:8ユーロ(大人)、6.50ユーロ(6~16歳の若者)

ベルフィンク: オクセンブルッフ湿原
オクセンブルッフ ブリュッヒャー(ブリュッヒャーとは湿原の地方名)にある全長700m近い湿原の歩道橋の上を歩くのは、フンスリュック ホッホヴァルト国立公園で最も美しい自然体験のひとつだ。静かな湿地帯には、ツルコケモモ、アルニカ、スズランなど、今では非常に珍しい植物がたくさん生えている。これらの植物は、かつてオクセンムーアの名前の由来となった男、牛車の方向音痴の馬車手も楽しんでいた。しかし、彼が湿地帯の植物を楽しんだ時間は、それほど長くは続かなかっただろう。伝説によると、彼は湿地帯で道に迷い、やがて荷車や牛とともに湿原に飲み込まれ、二度と姿を現すことはなかったという。

Saustegerweg 18, 54422 Börfink
www.börfink.de

ヘルメスケイル: ルヴェル ホッホヴァルト サイクリングロード
全長50kmのサイクリングというと、いかにも足が重そうだ。しかし、フンスリュック地方のヘルメスケイルからケル、ツェルフを経てモーゼル河畔のルヴェルまで50kmのルヴェル ホッホヴァルト サイクリングロードを怖がる必要はない。というのも、このルートは文字通り、サイクリストを約400mの下り坂へと誘うからだ。ヘルメスケイルからトリアーまで、ほぼ旧鉄道沿いを走るこの快適で路面の滑らかなサイクリングルートでは、「乗って、転がして」がモットーだ。自転車での疲れる上り坂の復路は、エレガントに避けることができる。ルヴェル ホッホヴァルトのサイクルバスは、サイクリングロードと並行して走っており、サイクリストにとって完璧な「往復バス」となっている。

Langer Markt 30, 54411 Hermeskeil
www.hermeskeil.de/tourismus

タルファング: エルベスコップハイキング
エルベスコープ(Erbeskopf)は標高816メートルで、フンスリュックの屋根のようなものだ。ケル・アム ゼーなどから自転車で登ることができる。しかし、全長30kmを超える上り坂はとてもきつく、訓練されたサイクリストにしかお勧めできない。徒歩で最高峰フンスリュックに登る方がはるかに簡単だ。最短の山頂周回コースは簡単で、エルベスコップ国立公園ゲート(フンスリュックハウス)から林道を5km登る。子どもでも大丈夫だ。頂上には、徒歩で登れる記念碑的な彫刻ウィンドクラングと、アイフェルの火山山脈まで見渡せる絶景が待っている。スタート地点とゴール地点にあるカフェ フンスリュックハウスは、軽食をとるのに最適な場所だ。エルベスコップ(Erbeskopf)のクラシックコースは、まだ歴史の浅い国立公園内の夢のループ「Gipfelrauschen」で、7.5kmとやや長く、難易度もやや高い。このループもフンスリュックハウスからスタートし、「明日の原生林」を抜けていく。長年にわたる森林管理の後、この森は現在、自由に成長することが許されている。ハイカーは道からその成長を眺めることができる。

Nationalpark-Tor Erbeskopf (Hunsrückhaus), 54426 Hilscheid
www.nlphh.de

ピエスポート: ピエスポート セラーフェスティバル
3日間にわたって開催されるセラーフェスティバルでは、他のフェスティバルのような路上での迷惑な混雑はない。ワイナリーからワイナリーへとのんびりと歩き、ワインを試飲する。もちろん、生産者から生産方法や風味についての説明を受けながら。モーゼルワインの長い歴史は、村の北西の端にある古代ローマ時代のワイン搾り場のガイドツアーで実感できる。ここでは、ローマ時代のワイン搾り機の奴隷たちが、熟したブドウを素足で踏みつぶし、もろみ槽の中でパルプにしていた。まさに腰の砕けるような労働だ。最大60人の強制労働者が膝までブドウに浸かり、もろみに沈まないようにロープにつかまっていた。

Heinrich-Schmitt-Platz 1, 54498 Piesport
www.piesport.de

ノイマーゲン ドロン: ローマ時代のワイン船
ケルト人とローマ人はすでに、粘板岩の土壌、急斜面、温暖なモーゼル気候をブドウ栽培に利用する方法を知っていた。今日でも、ドイツ最古のワイン村周辺のブドウ畑は、世界中の愛好家を魅了している。ステラ ノビオマギ号(ノイマーゲンの星)で飲むワインは格別だ。ローマ時代のワイン船のレプリカは、定期的にモーゼル川沿いのエクスカーションに出航している。乗客は、自分で漕ぐか、モーターだけで川を滑るように進むかを決めることができる。漕がない人は、ツアーガイドが2000年の歴史を持つモーゼル川のワイン文化について語る間、ノイマーゲン ドロン周辺のブドウ畑を邪魔されることなく眺めることができる。土曜日の午後3時半か日曜日の午前10時から、長さ18メートル、幅4メートルのボートに乗ることができる。

Römerstraße 137, 54347 Neumagen-Dhron
www.neumagen-dhron.de

スレート鉱山を訪れる人は暖かい服装で。
Photo:Besucherbergwerk Fell

スレート鉱山
直接被害を受けた人々にとって、鉱山に入るのは楽しいことではない。しかし、モーゼル河畔のフェルにあるスレート鉱山に行けば、誰もが楽しめること請け合いだ。

少なくともスレート鉱山ではそうだ。何世紀にもわたり、家の屋根やファサードを覆う石器は主にフンスリュック地方やアイフェル地方で生産されていたが、安価な輸入スレートがドイツ企業のビジネスを破綻させた。今日では、鉱山労働者の代わりに観光客だけが鉱山に入る。実際、観光客は鉱山の外に出て行く。前世紀末に作られた2つの坑道は、ガイド付きで1時間ほど見学できる。鉱夫たちの世界であるスレート坑道の気温は最高でも13度しかないため、見学者は暖かい服装が必要だ。労働者たちがここで働き、スレートに命を賭けていた過酷な状況についての説明は、坑道内の冷たくしめった雰囲気以上に鳥肌が立つ。100年前、地下で働くということがどういうことだったかを最もよく表している。

Auf den Schiefergruben, 54341 Fell
https://wp.bergwerk-fell.de
営業時間 火~日 午前10時~午後5時(3月~11月)
料金:9ユーロ(大人)、6ユーロ(6~17歳の若者)、27ユーロ(家族連れ)

ロンギヒ: ヴィラ ウルバーナ
ローマ人はウェルネスという言葉の意味を知らなかったかもしれないが、彼らは私たちの入浴文化の発展に貢献したのである。その証拠に、モーゼルの村ロンギヒから見える野原に、ヴィラ ウルバーナと呼ばれる古代の入浴施設がある。ヴィラは巨大で、正面だけで110メートルもあった。沐浴場も広大で、カルダリウム(温浴)、テピダリウム(温浴)、スダトリウム(汗浴)、フリギダリウム(冷浴)など、見事な設備が整っていた。その多くが最高級の大理石で仕上げられている。言うまでもなく、この複合施設には、暖房用のプラエフルニウム(炉室)と、沐浴プールのひとつから非常に持続可能な形で供給されるサービス水洗トイレが備えられていた。

Villa Urbana, 54340 Longuich
www.visitmosel.de

ヴィラ オトラング
約1900年前に建てられたこの建物は、アルプス以北では最大級のローマ時代のヴィラ群である。その規模は巨大で、建築家たちは379×132mの敷地に66の部屋を設けた。モザイクの床が施された豪華なマナーハウス、いくつかの浴場、暖房設備(ハイポカウスト)、神殿、いくつかの離れを含む。邸宅の一部は1960年代に改築され、その中には邸宅の南翼とテラスが含まれる。屋外エリアと2つの避難小屋は自由に見学でき、10月まで毎月最終日曜日にガイドツアーが行われる。古代の田舎暮らしがどのようなものであったか、興味深い印象を与える。

Otranger Str.
www.zentrum-der-antike.de
無料ガイドツアー 2023 年 9 月 24 日と 10 月 29 日、事前予約不可。
https://kulturerleben.rlp.de。

トリアー: ローマ時代の建物
トリアー市は革命家カール マルクスの生誕地として知られているが、何といってもローマ帝国時代の浴場、ポルタ ニグラ、コンスタンティヌス聖堂、円形闘技場が有名だ。ガイド付きツアーでは、ローマ帝国支配の石造りの証人の歴史について多くを学ぶことができ、そのすべてが現在ユネスコの世界遺産となっている。例えば、有名なトリアーの「黒門」は、中世以降、石の色が黒いことから「ポルタ ニグラ」と呼ばれるようになった。バシリカには4世紀の玉座の間とXL床暖房(!)に関する情報があり、円形闘技場には血みどろの戦いに関する情報がある。一方、皇帝の浴場では、平和であった。ローマ人はここで入浴を楽しみ、身体を休めた。しかし、敵のいる者は、楽しんでいる最中に突然、卑劣な暗殺計画の犠牲になることもあった。古代においてさえ、最高の時に去らなければならない人々がいたのだ。

Simeonstraße 60, 54290 Trier
www.trier-info.de

Text: Jens Lehmann