究極のオールラウンダー? 多才な新型「メルセデスAMG GT 63クーペ」のドライビングレポート!

654
- Advertisement -

新型AMG GT 63は、多くの才能を備えたスポーツカーだ。オールラウンダーとして、ひとつひとつのことを本当にうまくこなす。AMG GTはかつてはそうだった。今でも・・・?

最初の質問に対する短い答え:イエスだ!AMGはこの事実を特に誇りに思っているようだ。「2列目シート」と「トランクスペース」が主なトピックであるスポーツカーのプレゼンテーションに出席したことは、かつてなかった。

カントリーロードでは、スポーツセッティングでのドライビングが感動的だった。

翌日に何が待っているのか、これほどワクワクしたことはない。2,142ユーロ(約34万円)のフロントアクスルリフトシステムの助けを借りて、多くのポットホールやスピードバンプを克服した。フロントを30mm持ち上げ、駐車場のスロープの恐怖を取り除く。

クールなのは、GPSを使って障害となる敷居の高い場所を記憶できることだ。ドライバーは何もしなくても、「GT」は自動的に車高を上げる。

GTは以前のように胸を張った音を出したいのだろう

シエラネバダのヘアピンカーブにさしかかり、ワインディングを登っていくと、最初はイライラする。基本的なエンジンは同じなのに、室内のサウンドが先代とは違うのだ。2つの可変ターボチャージャーを備えた4リッターV8は、「GT 63」バージョンで585馬力と800ニュートンメーターを発生するが、もはやAMGが慣れ親しんできたアメリカンサウンドには遠く及ばない。

旧知の仲: 2基の可変ターボチャージャーを備えた4リッターV8は、GTでは585馬力を発揮し、容赦なく突き進む。

この問題は、今日の騒音排出ガイドラインに起因しており、AMGは排気音をより静かにすることで解決しているが、排気管に設置されたマイクで音を録音し、室内に送り込んでいる。これは、スラッシュのソロをギターの代わりにキーボードのプラグインで演奏するようなものだ。

しかし、この場合は強調しておかなければならない: この批判はAMGに向けられたものではない。アファルターバッハでは、可能な限り本物のサウンドを維持するために、可能な限りのことが行われている。スポーツステアリングホイールの左下にあるAMGボタンで、エンジンサウンドを含むすべてのパラメーターを個別に調整できる。

スポーティなタッチのモダンメルセデススタイルのコックピット。卓越したAMGパフォーマンスシートが5,058ユーロ(約80万円)で手に入る。

駆動システムについてさらに考えてみると、9速オートマチックスポーツトランスミッションを介した可変4MATIC+全輪駆動システムに行き着く。ちなみに、トランスアクスルを採用しなかったことから、最大675リットルのトランクが実現した。エンジン直後に配置されたトランスミッションは常にリアアクスルを駆動し、必要に応じて最大50%の駆動力をフロントアクスルに供給する。ドリフトモードでは、「GT」は従来通りリアアクスルにフルパワーを送る。

AMGは多くのサスペンション技術で重い車重を打ち消す

セミアクティブロールスタビライゼーションが従来のアンチロールバーに取って代わる。各アクスルのダンパーチャンバーは油圧で接続されている。左側のコンプレッションステージと右側のリバウンドステージ、またその逆も同様である。これにより、ドライビングの挙動をコンフォートとスポーツの間でより効果的に変化させることができる。

あらゆるデバイスが1.9トンのGTをコーナリングマシンに変える。

運転していてそのことに気づくだろうか?そう、我々は「コンフォート」よりも「スポーツ+」あるいは「レース」の方が快適だと感じている。非論理的に聞こえる?しかし、そんなことはない。極めて剛性の高いサスペンションが不意な突き上げを瞬時に打ち消すため「レース」モードでもパッセンジャーが悲鳴を上げることはないのだ。

終始安定した挙動を示すサスペンション

しかし、「コンフォート」では、「GT」はわずかなバウンスでこれらを減衰させる。スポーティなセッティングにすればするほど、AMGは段差を素早く処理する。スポーティなドライバーである我々は、まさにそれを望んでいるのだ。スポーティモードでのステアリングの挙動も素晴らしい。

295のフロントタイヤ、リアアクスルのステアリング、トルクベクタリングの組み合わせは限界を知らない。それでも、カーブのアペックスでもう少しグリップが必要なときには、新型「GT」は前輪ではなくあくまで後輪にトラクションをかける傾向が強い。1.9トン車としては驚くべき俊敏性で、旧型「GT」よりもはるかにコントローラブルだ。

想像を絶する才能: コンセプトの変更により、最大675リットルがリアに収まるようになった。

そうそう、AMGが新型「GT」について、スポーティな特性以上にしつこく強調していることを忘れかけていた。単なるスポーツカー以上のことができるようになり、常に321リットル、オプションの2列目シート(1,904ユーロ=約32万円)を倒せば675リットルまで荷物を飲み込むことができる。さらに最新のMBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエキスペリエンス)インフォテインメントスクリーム(最低でも188,704ユーロ=約3,020万円)は欲しいところだ。

結論:
最初の懐疑は杞憂に終わった。新型「GT」では、多くのハイテクが重量増を補っている。全輪駆動はトラクションを高め、後輪操舵は俊敏性を高め、セミアクティブシャシーは多用途性を高めている。まさにオールラウンダーだ。

Text: Alexander Bernt
Photo: Hersteller