【バイヤーズガイド】BMWのベストセラーSUV「BMW X1」多くのバリエーションとエンジンの中どれがお勧め?

1607
- Advertisement -

BMW X1の購入アドバイス。X1はBMWの究極のベストセラーのひとつであり、多くのバリエーションとエンジンが用意されている。私たちはその(ほぼ)すべてをテストした。

BMWのドイツでの登録台数によれば、「X」と言えば「1」。2020年と2021年、ミュンヘン発の最小SUVは、各年とも2万5,000台以上の販売台数を記録し、大型兄弟車を大きく引き離している。昨年はモデルチェンジが行われ、この秋には第3世代の「BMW X1」が発売された。

珍しいことに、現在多くのモデルでバリエーションが縮小している一方で、新型「X1」では増加している。3種類のディーゼル、3種類のガソリンエンジン、2種類のプラグインハイブリッド、そして完全電気自動車の「iX1」が用意されており、間もなく2リッターターボで300馬力の「M35i」が加わる。4.50メートルの「X1」をモーター駆動するためのオプションは10種類となる。

ほぼ全部: xDrive25eを除いて、すべてのBMW X1をテストすることができた。

今回のテストにBMWは、8つの異なるモデルを提供してくれることになった。小型プラグインハイブリッドの「25e」を除いて、現在入手可能なすべてのモデルをテストし、性能データを測定することができた。可能な限り多くの情報を得るため、数日間で合計3,000km以上を走った。

ベースモデルでも装備は充実

8台の「X1」のどれに座っても、コックピットの基本レイアウトは全部同じだ。左側には10.25インチのスピードメーターディスプレイがあり、ステアリングホイールのボタンで操作できる。中央は10.7インチのタッチスクリーン。このために追加料金を支払う必要はない。

どのエンジンと装備を選んでも、コックピットのレイアウトはすべてのBMW X1で同じ。

デジタル化の副次的な効果として、ブラインドスイッチがなくなった。注文時に余計な項目にチェックを入れなかったとしても、乗り込んだときに貧乏くさいと感じることはないだろう。車内の雰囲気にさらに投資したい人は、かなり高価なスポーツシート(Mスポーツから標準装備)を注文するといいだろう。BMW流に言えば、高さ調整だけでなくチルトも可能で、横方向のサポートも魅力的だ。

Mスポーツシートは贅沢すぎる

さらに300ユーロ(約4万8千円)を支払えば、4ウェイランバーサポート(「アクティブシート」)を追加できる。しかし、「X1」の本質的な穏やかさを考えると、さらにスポーティなMスポーツシート(750ユーロ=約12万円)は不要に思える。少なくとも、前述の最上級モデル「M35i」が2023年11月に発売されるまでは・・・。

車内の雰囲気にさらに投資したいなら、380ユーロのスポーツシート(Mスポーツから標準装備)を注文するといいだろう。さらに300ユーロを支払えば、4ウェイランバーサポート(「アクティブシート」)を追加できる。

iDriveコントローラーは廃止

BMWはインフォテインメント用の回転式プッシュボタンコントローラーを廃止した。これが悪いことなのかどうかは、編集部内でも意見が分かれるところだ。「ヘイ、BMW!」は、残念ながら時々起動コマンドに呼応しないことがあるが、もちろんステアリングホイールのボタンで呼び出すこともできる。そして、興味のある場所などの特別なリクエストに対しては、驚くほど正確に答えてくれる。

BMWはiDriveコントローラーを廃止した。これは残念なことかもしれないが、音声コントロールはうまく機能する。

タッチスクリーンによる操作もスムーズだ。デジタルコックピットプロフェッショナルを注文した人には、「3シリーズ」などに比べてやや小さいが、フリーフローティングでカラフルなヘッドアップiDriveディスプレイが何よりも便利だ。インフォテインメントに表示されるAR(拡張現実)の矢印を使ってナビゲーションを行うこともできる。但し、この機能は3,200ユーロ(約51万円)の「イノベーションパッケージ」でしか利用できない。

タッチスクリーンによる操作もスムーズだ。iX1の特徴は、充電の早さ、時間、量を設定できることだ。

これと駐車時の360度ビューがなくてもいいという人は、1,750ユーロ(約28万円)の「プレミアムパッケージ」がある。このパッケージには、ルームミラーとエクステリアミラーの防眩機能に加えて、ワイヤレス携帯電話充電とキーレスゴー、さらにシートとステアリングホイールのヒーターとドライビングアシスタントプラスのハードウェアが含まれる。この3つのオプションはすべて、直接購入することも、後日アクティベートすることもできる。

やや紛らわしいことに、BMWはマトリックスライトについても「アダプティブLEDヘッドライト」と呼んでいる。そのライトコーンは一般的な走行状況(「悪天候、ジャンクション、ラウンドアバウトのライト」を含む)にも適応する。リア・ベンチシート(400ユーロ=約6万4千円)は、お勧めの快適装備だ。

背もたれの角度と長さの調節が可能なリアベンチシート(400ユーロ(約6万円)はお勧めだ。

カーゴポジションのおかげで、トランクは646リットルまで拡張できる。従来の方法で測定すると、540リットルから1600リットル(18i)。マイルドハイブリッドと全輪駆動の場合、容積は若干減少する。

トランクは646リッターまで拡張可能。従来の方法で測定すると、540~1600リットル。マイルドハイブリッドと全輪駆動の場合、容積は若干減少する。

エンジンレンジはほとんど不満なし

エンジンレンジは広い。まず、「X1」が第2世代から前輪駆動プラットフォームをベースに横置きエンジンを搭載していることを思い出してほしい。そのため、xDriveモデルではリアアクスルを駆動させることで全輪駆動となる。動力伝達は常に論理的で、時にやや眠気を誘う7速デュアルクラッチが担当する。

「18i」は、価格とパワーの点でエントリーモデルに相当する。ボンネットの下で働くシリンダーが3つしかないことは問題ではない。第一に、エンジンは比較的静かに回り、断熱性も高い。そして第二に、「20i」と「プラグイン」もわずか3シリンダーで動く。

ボンネットの下の豊富なパワー: 3つのガソリンエンジン、3つのディーゼル、2つのプラグインハイブリッド、そして純粋な電気自動車バージョンが用意されている。

それでも私たちは、よりパワフルな「20i兄弟(2,100ユーロ=約33万円の追加)」へのアップグレードを選ぶだろう。まず、性能の向上(136馬力から170馬力)が顕著だからだ。しかし何よりも、48ボルトのマイルドハイブリッドシステムが、例えば減速する前走車に自動的に追従することで、市街地走行を容易にするからだ。100km走行あたり0.8リッター(125km/ℓ)という燃費のアドバンテージもかなり大きい。

唯一残された4気筒ガソリンエンジン

4気筒ガソリンエンジンは「23i」のみで、xDriveと218馬力の2種類が用意されている。テスト消費量は6.7リッター(14.9km/ℓ)で、「18i」よりも燃費はいい。四輪駆動が不要なら、なくても大丈夫だ。

そのため、「23i」は4気筒ガソリンエンジンとしては唯一、xDriveとして218馬力を発揮する。燃料消費量は6.7リッターで、「18i」よりも燃費がいい。

頻繁に乗るなら小型ディーゼルで十分

ディーゼルエンジンについては事情が異なる:150馬力の「18d」も電動アシストなしでやっていかなければならないが、これははるかに目立たない。

頻繁に運転する人向け: X1 sDrive18dは100km走行あたり5.2リッター(19.2km/ℓ)。150馬力のパワーと360Nmのトルクのおかげで走行性能は高い。

360ニュートンメーターというディーゼルの典型的な十分なトルクは十分すぎるほどで、平均燃費19.2km/ℓでも、最大2トンで、200kg多く引っ張ることができる「20d」や「23d」の全輪駆動モデルより経済的だ。要するに、このクルマは、頻繁にクルマを運転するドライバーで、なおかつコストに気を配りたい人にお勧めのクルマなのだ。

プラグインハイブリッドの「30e」には、個人的にかなり感銘を受けた。先代モデル(8.8キロワット時)に比べ、バッテリー容量は14.2キロワット時と大幅に増加した。BMWは航続距離を76~88kmと規定しているが、我々のテストでは74kmを記録した。バッテリーが空になっても、電気モーターは半分の仕事をこなし、内燃エンジンは楽々と回転する。245馬力の「25e」の方が価値が高く、価格も少なくとも2,500ユーロ(約40万円)安い。

電気自動車X1の価格は55,000ユーロ(約880万円)

「BMW iX1」

価格を見てみると、電気自動車「iX1」の割高感は比較的緩やかで、最もパワフルなディーゼル車よりも3,200ユーロ(約50万円)高い程度だ。補助金(現在、税込みで4,785ユーロ=約77万円)を差し引いた絶対額では、少なくとも5万5000ユーロ(約880万円)になる。その見返りとして、313馬力、全輪駆動、64.8kWhのバッテリー容量(ネット)が得られる。航続距離は369kmを記録した。急速充電ステーションでは最大130kWの充電が可能。

「BMW iX1」は急速充電ステーションでは最大130kWの充電が可能だ。

4つの装備ライン

「iX1」はシームレスにフィットし、他の全バリアントと同じ4つのトリムが用意されている。xLine(2,900ユーロ=約46万円)は、クロームアクセントとシルバーのシルでベースモデルより際立っている。Mスポーツパッケージ(3,850ユーロ=約62万円)は主に、よりスポーティなサスペンションセットアップとビジュアルを提供する。Mスポーツパッケージプロ(6,700ユーロ=約107万円)は無視しても差し支えない。付属のスポーツブレーキがなくても、「X1」は感覚的に減速する。Mルーフスポイラー?「X1」には必要ない。

AUTO BILD推薦の3台

BMWのベストセラーSUV、X1は多くのバリエーションとエンジンが用意されている。
横置きエンジンは実はBMWの伝統ではない。しかし、そのおかげで室内空間が広くなっている。現在、多くのモデルでバリエーションを絞っているが、X1は増えている。
「BMW iX1」
3種類のディーゼル、3種類のガソリンエンジン、2種類のプラグインハイブリッド、そして完全電気自動車の「iX1」が用意され、まもなく2リッターターボで300馬力を発揮する「M35i」が加わる。全長4.50mのX1をモーター駆動するためのオプションは10種類となる。
X1のミラーからミラーまでの長さは2104mm。X3との差はわずか3cmである。
ベースモデルとxLineのホイールアーチは未塗装。Mスポーツパッケージはボディ同色になる。
左がxLine、右がMスポーツパッケージ。プレミアムパッケージに含まれる: マトリックスライト。ライトコーンは一般的な走行状況(「悪天候、ジャンクション、ラウンドアバウトライト」を含む)に適応する。
BMWはMサスペンション(700ユーロ=約11万円)をアダプティブと呼んでいる。
Mスポーツトリムを選択すると、Mカラーのキーが付属する。コンフォートアクセスを注文した人は、携帯電話を使って車のロックを解除することもできる。ポルティマオブルー塗装はMトリム専用で、890ユーロの追加料金がかかる。
慣れが必要:ステアリングホイールのボタンは、ホイールスイッチを回すことも、左右のスイッチをクリックすることもできる。
パノラミックルーフは1330ユーロで、リアのヘッドルームは良好だ。
「18i」は価格的にもパワー的にもエントリーモデルである。ボンネットの下で働くシリンダーが3つしかないことは特に目立たない。第一に、エンジンは比較的静かに回り、断熱性も高い。そして、「20i」とプラグインもわずか3気筒で動く。
それでも私たちは、よりパワフルな「20i」へのアップグレードを選ぶだろう(プラス2100ユーロ(約33万円))。まず、性能の向上(136馬力→170馬力)が顕著だからだ。そして何より、48ボルトのマイルドハイブリッドシステムが、減速する前走車と自動的に減速し合うなど、市街地走行を楽にしてくれるからだ。100km走行あたり0.8リッターという燃費のアドバンテージもかなり大きい。
150馬力の「18d」も電気アシストなしで走らなければならないが、問題ではない。360Nmというディーゼルの典型的な十分なトルクは十分すぎるほどで、実質5.2リッターと、最大2トンで200kg多く牽引できる「20d」や「23d」の全輪駆動モデルよりも経済的だ。
「BMW X1 23d」
プラグインハイブリッド車「30e」には、かなり感銘を受けた。先代モデル(8.8キロワット時)に比べ、バッテリー容量は14.2キロワット時と大幅に増加した。BMWは航続距離を76~88kmとしているが、私たちは74kmを記録した。
プラグインハイブリッドは最大7.4kWで充電し、バッテリーを完全に満たすには2.5時間必要だ。

AUTO BILD推薦: sDrive20i(170馬力) 44,900ユーロ(約720万円)~
運転頻度の少ないドライバーは、特に激しい市街地交通においてマイルドハイブリッドを高く評価するだろう。「20i」は「18i」より0.8リッター経済的で、発進もスムーズだ。デュアルクラッチは標準装備だ。

AUTO BILD推薦: sDrive18d(150馬力) 45,350ユーロ(約725万円)~
18dは、頻繁に運転するドライバーにとって、間違いなく最もお得な車だ。全輪駆動を望むなら、13馬力だけパワフルな「xDrive20d」が理にかなっている。「xDrive23d」はトルクが明らかに大きいが、6,450ユーロ(約105万円)という追加料金はかなり高い。

AUTO BILD推薦: M35i xDrive(300馬力) 62,000ユーロ(約990万円)~
スポーティなドライバーは、2023年11月から発売される「M35i」を選ぶべきだ。2リッターターボ、300馬力を搭載し、BMWによれば100km/h加速は5.4秒。現行の最上級モデル「xDrive23i」も悪くはないが、サスペンションとステアリングはスポーティにチューンされていない。

結論:
「X1」はボリュームモデルのひとつであり、それを実感できる。装備のオプションが豊富にあるので、必要に応じて選ぶのを楽しんでほしい。「X1」はほとんど何でもできて、ストレスなく機敏に走る。最もパワフルなドライブに大金を投資する代わりに、快適性とアシストを優先するのがベストだ。

Text: Jonas Uhlig
Photo: Tom Salt / AUTO BILD