新型「フォルクスワーゲン パサート」多くの新技術+広大なスペース+快適性 新世代パサートの全情報!

3808
- Advertisement -

フォルクスワーゲン パサート ヴァリアントB9:新世代パサートはエステートだけ。9代目となるVWパサートには、多くの新技術が搭載され、スペースが大幅に拡大され、これまで以上に快適性が増している!

持つことは、必要とすることに勝る。開発者がシャープペンシルで9代目「VWパサート」の仕様を書き上げたときのモットーは、おそらくそれだったのだろう。

新型「パサート」は、おなじみの「MQB」プラットフォームをベースにして、兄弟車の「シュコダ スパーブ」とともにブラチスラヴァの生産ラインから出荷される。

9代目となるVWパサートには、多くの新技術が搭載され、これまで以上に広々としたスペースと快適性がもたらされている。

一目でわかるパサート

均整の取れたオーバーハング、大きなラジエーターグリル、ドアハンドルをかすめるウィンドウライン下の折り目など、すっきりとデザインされたボディだ。ホイールリムのサイズは19インチに拡大された。風格があり、エレガントでありながら、地に足がついている。

レンズ付きLEDヘッドライトは標準装備。もちろんリアのライトもLEDとなる。

パサートは全長で14センチ大きくなった

4.9メートルを超える全長は先代より14センチ長くなり、アウディA6、BMW5シリーズ、メルセデスEクラスに匹敵するサイズとなった。テクニカルデータを見ると、驚きのあまり目をこすってしまう。ホイールベースは5センチ伸びて2.84m、全幅は2cm拡大され、約1.85mとなっている。全高はほぼ同じだ。

メルセデスEクラスより大きい荷室

「パサート エステート」のリアハッチの角度は以前ほど急でなくなったが、ボディが長くなった分、トランクルームが広くなっており、リアシートのベンチを倒せば、1,920リットルまで収納可能だ。ちなみに新型「Eクラス エステート」は最大1,830リットルだ。

パサート エステートのリアは以前に比べてボディが長くなった分、トランクルームが広くなった。リアシートのベンチを倒せば、最大1,920リットルの容量を確保できる。ちなみにメルセデスの新型Eクラス エステートは最大1,830リットルだ。

新型「パサート」のCd値も注目に値する。多くの微調整、フロントエプロンのエアカーテン、新しいエクステリアミラー、ルーフエッジスポイラー、リアの流線型形状などにより、Cd値は0.25(先代:0.3)となっている。さて、数字論はもう十分だ。私たちは新型「パサート」に乗り込み、その乗り心地を確かめる。そしてすぐに感銘を受けた。

最新世代のインフォテインメント

「パサート」のステアリングホイールは、ボタン付きのマルチファンクションステアリングホイールだ。これこそVWのあるべき姿だ。デジタルメーター(10.25インチ)と12.9インチのセンターディスプレイが標準装備されたモダンなコックピットの風景もある。写真の車両には、追加料金で大型のものが装着された。これは対角15インチ。いずれにせよ、中央のディスプレイには「MQB」用の最新インフォテインメントユニットである「MIB 4」の内容が表示される。

9代目パサートには、VWの最新インフォテインメントユニットが搭載された。これは主にタッチ&スライド式。

App-Connectがアップルやアンドロイド端末との接続を確立し、画面上部にはダイレクト選択ボタンを備えた設定可能なバー、下部にはクライメートコントロールバーが常に表示される。その間に、新しい音声アシスタント”IDA”を含むカスタマイズ可能なホームスクリーンのためのスペースがまだ十分にある。おなじみの温度とボリュームのタッチスライダー(照明付き)はスクリーンの下部にある。

パサートのステアリングホイールはボタン付きのマルチファンクションステアリングホイール。

センターコンソールは整然としている。ここにあるのは、スタートボタン、パーキングブレーキ、収納スペースなど、必要なものだけだ。ギアセレクターレバーはステアリングコラムに移され、IDモデルと同じようにD、N、Rに傾けられる。フロントガラスワイパーのコントロールはウインカーレバーの中にある。

すっきりとしたセンターコンソール。ここには必要なものしかない。スタートボタン、パーキングブレーキ、収納コンパートメント。ギアセレクターレバーはステアリングコラムに移された。

パサートのマッサージシート

人間工学的に、新型「パサート」には弱点がない。ここで特筆すべきはシートで、ベーシックシートを除いてマッサージ機能が装備されている。ベーシックバージョンには3つのエアチャンバーがあり、エルゴアクティブプラスシートにはオプションで10チャンバーのツボ押しマッサージが用意されている。「パサート」はオートマチックシートクライメートコントロールも注文できる。

シートは非常に快適で、さまざまな調整が可能だ。

何も追加しなくても、室内にはフロントとリアに十分なスペースが確保されており、背の高い2人でも互いの後ろにゆったりと座ることができる。ホイールベースが5センチ延長されたことで、膝とフロントシートの背もたれの間に手のひらほどのスペースができた。リヤドアパネルはソフトな素材で張り上げられ、より居心地のよい雰囲気になっている。「パサート」の後部座席に座るのをこれほど楽しんだことはない。

新型パサートは、後席にも十分なスペースを確保している。ホイールベースが5cm(2.84m)伸びたことで、筆者のような190センチの長身でもリラックスすることができる。

2つの新しいプラグインハイブリッド

「パサート」は駆動面でも全力を尽くしている。システム出力204馬力と272馬力の2種類の新型プラグインハイブリッドが、この大型エステートを電気自動車に代わるものに変えた。どちらのバージョンでも、おなじみの1.5 TSIエンジンが燃焼部分を受け持ち、150馬力と177馬力が用意されている。直流充電オプション(50kW)または三相交流充電(11kW)を標準装備した19.7kWhのバッテリーは、日常使用に適した100kmの航続距離を提供する。45リットルのガソリンタンクと組み合わせれば、PHEVの航続距離は最大1,000kmとなる。

ボンネットの下には豊富な選択肢:エンジンレンジには、2つの新しいプラグインハイブリッド、2つのガソリンエンジン、3つのディーゼルが含まれる。

ディーゼルはさらに進化する。ディーゼルエンジンは3種類。小型の2つのエンジン(122馬力と150馬力)により、「パサート」は最大1400kmの走行が可能となる。最高出力193馬力のディーゼルは常に全輪駆動となる。ガソリンエンジンには、1.5 eTSIマイルドハイブリッド(150馬力)と265馬力の2.0 TSI(全輪駆動)がある。すべてのエンジンにデュアルクラッチが組み合わされる。

価格は39,995ユーロ(約640万円)から

新車価格は値上げ?限定的な範囲でのみ。少なくともベーシックな「パサート」トリムでは、2024年第1四半期に市場に投入される割増価格は控えめだ。39,995ユーロ(約640万円)と、エントリーレベルの「パサート」は1,100ユーロ(約約18万円)弱高くなるが、オートエアコン、ACCアダプティブクルーズコントロール、前後パーキングアシスト、リバースカメラ、レーンチェンジアシスト、ジャンクションアシスト、交通標識認識などの基本装備は増える。ご存知のように、あるに越したことはない。

プロトタイプで初ドライブ

まだカモフラージュされた150馬力ディーゼル搭載の「パサート」で最初のドライブをした。「ゴルフGTI」と同様、「パサート」はエレクトロメカニカルLSDを含むサスペンション制御を行う「ドライビングダイナミクスマネージャー」を搭載している。

ゴルフGTIの遺伝子:コンパクトスポーツカーと同様、パサートにも「ドライビングダイナミクスマネージャー」が採用され、大型エステートが特に俊敏になった。

新型「パサート」はブレーキ介入とダンパー硬度の制御によって常に安定し、ステアリングは常にニュートラルだ。これは、スタビリティプログラムがドライビングエラーを排除することで、快適性重視の設定と、スポーティな乗り心地重視の設定までの調整幅が大きく広がり、動力性能の向上がはかられているということだ。

快適なサスペンションとスポーティな走りの間の広がりは、様々な走行モードではっきりとわかる。スポーツモードでは、路面の小さな石ころまで感じることができる。快適モードでは、文字通り滑るように走り、あたかも「フェートン」に乗っているかのような感じがするかもしれない。

39,995ユーロ(約640万円)と、エントリーレベルのパサートは以前より1,100ユーロ(約18万円)近く高くなるが、オートマチックエアコン、ACCアダプティブクルーズコントロール、フロント&リアパーキングアシスト、リバーシングカメラ、レーンチェンジアシスタント、ジャンクションアシスタント、交通標識認識などの基本装備は増えている。

結論:
新世代は、パサートの特徴である、より広いスペース、新しいテクノロジー、追加装備、快適装備のすべてを備えている。そしてこれらすべてを、比較的手頃なエントリー価格にて提供する。ハッキリ言って、無駄に大きいSUVはもういらない。このパサートは実用車の鏡だ!

Text: Peter R. Fischer and Andreas May
Photo: Volkswagen AG