ドイツのロックスター ウド リンデンベルクの希少なポルシェ911R盗まれる

183

ポルシェ911R: ウド リンデンベルク、盗難、クルマ泥棒

やい、泥棒野郎、おまえらは911Rを存分に楽しむことはできないぞ! ハンブルクの高級ホテル「アトランティック」の地下駐車場から、ウド リンデンベルクの希少なポルシェ911Rが泥棒に盗まれた。しかし、この黒いポルシェは簡単には売れそうにはない。

ウド リンデンベルクにとっては悲しい状況であり、ハンブルクのホテル「アトランティック」にとっては恥ずかしい事態といえるだろう。
2020年6月23日の深夜、同ホテルの地下駐車場から、「パニックロッカー」として有名なドイツ人ロックスターの所有する、黒のポルシェ911Rが盗まれてしまった。リンデンベルクは、アウターアルスターにある、この5つ星ホテルに26年間住んでいるのであった。

ハンブルク州刑事局が捜査を進めているが、ホテルの経営者はポルシェが気付かれずに消えてしまった可能性についても調べたいとしている。この件に関しての我々からの問い合わせに対し、ホテル「アトランティック」は返答しなかった。

これまでのところ判明していることは、検査のために近日中にポルシェセンターに持ち込む予定だった911Rは、午前3時頃に地下駐車場から盗み出されている。
500馬力911Rは991台のみの限定生産モデルだ。
新車時の価格はVAT込みで189,544ユーロ(約2369万円)だったが、991台の911Rはすべて製造着工前にすでに完売していた。

ウド911Rの価値は35万ユーロ(約4375万円)前後
リンデンベルク用のポルシェは、991台中、ブラック仕上げのエキストラワークを施された唯一の911Rで、ウド リンデンベルク仕様のスペシャルなブラック911Rだった。
それ以外の場合、911Rは、緑や赤のストライプを、白またはシルバーのボディカラーの組み合わせでのみ選ぶことができたのであった。
今日、「普通の」911Rは約30万ユーロ(約3750万円)の価値がある。ちなみに、ハンブルクのポルシェ専門ディーラー「ユングブルート」では、走行距離わずか717kmの911Rが302,500ユーロ(約3800万円)で販売されている。
リンデンベルクのユニークな911Rは、おそらくそれよりも5万ユーロ(約625万円)は高いと推定される。
74歳の生粋のロッカーは、40年間ポルシェを乗り続け、スポーツカーメーカーのブランドアンバサダーとしても活躍している。

だがこの車は盗んだとしても売るのは相当難しいことが想定される。世界中に一台しかないのだから。
泥棒がポルシェをどうするつもりなのかは 推測の域を出ないが、この黒の911Rのようなユニークな作品は、当然ながら通常の市場では売ることができない。
おそらくよその国に持ち出されての秘密のコレクションの1台となるのが落ちだ。
あるいは、どこかの国の路上で使用するために、全塗装や改造が行われる可能性もある。

リンデンベルクは、定期的に彼の愛車を運転し、常にベストに近い状態を保っていたという。そういうことを聴くと、一層つらく、残念な話である。

911R(この写真ではホワイト&グリーンの組み合わせ)は、徹底したライトウェイト構造モデルとして設計されている。

4.0リッター6気筒ボクサーエンジンを搭載し、500馬力を発揮する911Rは、徹底した軽量構造、最大のパフォーマンス、フィルターをかけないドライビング体験に重点を置いて設計開発されている。
現代的なDSGトランスミッションの代わりに、手動でシフトする6速スポーツマニュアルトランスミッションが採用されている。
燃料満タン時の総重量はわずか1370kgで、限定特別モデルは当時の911の中では最軽量のものだった。
911Rは、まさしくピュリスト(純粋主義者=原理主義者)向けの、名機水平対向6気筒エンジンを備えた古典的MT仕様のライトウェイトRRポルシェといえる。

Text: Matthias Techau