【このワンオフ300CEなんぼ?】メルセデスと言えばガルウィング ガルウィングと言えば・・・「Boschert B 300-24(ボシャート B 300-24)」の落札価格は?

738
- Advertisement -

Boschert B 300-24 Sport(ボシャート B300-24 スポーツ):メルセデス300CE(C124)をベースに1989年に製作されたボシャートB300は、ガルウィングドアを備えた壮観なワンオフモデルで、間もなくオークションに出品される!

「メルセデスC124」?ガルウィング?答えは両方だ!「ボシャートB300ガルウィング」は、「メルセデス300CE」をベースにした壮大なワンオフモデルだ!11月末、オークションハウス「RM Sotheby’s」がミュンヘンでこのボシャートを競売にかける。予想価格は?25万から30万ユーロ(約4,000~4,800万円)!

1980年代は地味なクルマが多かったので、ケーニッヒ スペシャル、リーガー、SGSといったチューナーにとっては好都合だった。極端なワイドボディ、巨大なスポイラー、華麗なガルウィングドアが当時の流行だった。SGSスタイリングガレージは、「メルセデスC126」に伝説的な「300 SL」スタイルのガルウィングドアを装着した。そしてそれは、メルセデスが2009年に「SLS AMG」でこのコンセプトを大規模生産に復活させる何十年も前のことだった。

アイデアは4人乗りのSL

極端な改造に触発された工業デザイナーのハルトムート ボシャートは、自分だけのガルウィングを作ることを決意した。彼のアイデアは、4人乗りでガルウィングドアの「SL」を作ることだった。彼は、「メルセデスW124」のエレガントなクーペバージョンである1987年型「C124」をベースに選んだ。

ボシャートB300がどれだけ変更されているかは、よく見ればすぐわかる。

厳密に言えば、ボシャートは1988年の「300CE」を選んだのだが、手つかずの部分はあまりない。クーペにガルウィングドアを与えるというプロジェクトは困難を極め、ボシャートはデザインを完全に変更した。ヘッドライト、ウインカー、フォグランプ、ラジエーターグリルは「R129メルセデスSL」から拝借し、「124」に綿密に適合させた。例えば、ラジエーターグリルの支柱は手作業で短くされた。スターはメルセデスとの論争を避けるため、「124」独自のロゴに変更された。

リアは短くなった

また、そうは見えないかもしれないが、「C124」のホイールベースは変更されていない。その代わり、リアエンドは大幅に短縮され、Cピラーは約25cm前方に移動した。マッドガード、スカート、ボンネットはカスタムメイドで、余計なビードやエッジはすべて省かれている。

不思議なことに、根本的な変更にもかかわらず、「B300」は依然としてメルセデスのように見えるし、最近よく言われるOEM+としてもスムーズに通用する。これはボシャートの品質と機能に対する高い基準によるものだ。ボシャートによれば、Bピラーがないにもかかわらず、「B300」は通常の「C124」よりも高いねじり剛性を持つという。

ガルウィングドアは2枚のドアで構成され、長さは1.66メートル。開閉はウィンドウリフトスイッチを介して電動油圧式で行われる。

とにかく、このクルマのハイライトは、もちろん全長1.66mのガルウィングドアである。完璧なショーストッパーとして、ドアは電動油圧式で開く。

当初、B300はシルバーだった

もともとは「アストラルシルバーメタリック」で塗装されていたが、1990年に「ボルニットメタリック(カラーコード481)」に再塗装された。インテリアはパープルのバイカラーレザーで統一されている。もうひとつの特別な特徴は、運転席と助手席が「メルセデSL(R129)」の一体型シートに替わっていること。電動シートアジャストはガルウィングドア下の補強バーにある。

当初、ボシャートB300はシルバーにブラックのレザー張りだったが、1990年に再塗装され、印象的なバイカラーのレザーインテリアが与えられた。

それだけではなかった。シャシーは”Nivotronik”社製で、最大45mmの高さ調整が可能だった。そして、ボシャートはエンジンにも気を配った。彼は標準の直列6気筒(M130E30)に、2基のギャレット製ターボチャージャーを備えたモッセルマンターボキットを与えた。その結果、最高出力は283馬力、最高速度は258km/hに達した。動力伝達はドッグレッグレイアウトのマニュアルギアボックスが担当する。エアコンディショナーなどの快適装備はあえて省かれた!

かつてのベース価格は186,000ドイツマルク(約1,500万円)

1989年にフランクフルトで開催されたIAAで、華々しい「ボシャートB300」が初公開された。ベース価格は186,000DM(約1,500万円)。当初、300台の少量生産が計画されていたが、さまざまな複雑な事情により、最終的に生産されたのは、XXLサイズのガルウィングドア装着の1台を含む11台の「B300」のみだった。

180馬力ではなく283馬力。直列6気筒エンジンは、モッセルマン製ターボキットによってパワーアップされた。ギアボックスは特別仕様。

11月末にRMサザビーズのオークションに出品されるのは、まさにこのユニークなピースである。2005年から愛好家の手に渡り、多くの資料(パンフレット、図面、請求書、VHS)や自動車電話、木製ステアリングホイール、自動車カバーなどの付属品とともに提供される。

投資額は約30万ユーロ(約4,800万円)

さらに、一般的な修理に16,216ユーロ(約260万円)、新塗装に7,783ユーロ(約125万円)、レザー加工に4,771ユーロ(約76万円)など、多くの資金と作業が事前に投資された。このような背景から、このユニークな作品の推定価格250,000~300,000ユーロ(約4,000~4,800万円)は、十分納得できるものである。ボシャートが完全動作可能なワンオフモデルであることを考えれば、なおさらである。

Text: Jan Götze
Photo: RM Sotheby’s