見返り美人 新型メルセデスEクラスのエステートとオールテレイン EクラスのTモデルの全容をレポート!

1724
- Advertisement -

メルセデスEクラス エステート+オールテレイン:T-Time for E-Class。メルセデスEクラスがスーツを脱いで、Tモデルとして再びファミリーフレンドリーなモデルに。カジュアルさが足りない?それなら、ジャック ウルフスキン製のオールテレイン(全地形型)モデルが登場する。

SUVは現れては消えるが、エステートは残る!メルセデスは新型「Eクラス」に新たなロードマスターを追加した。

1台?まさか!最近導入された「W214」シリーズには、再び2種類のステーションワゴンが用意される。ビジネスや家族向けには、事実上ノーネクタイだが襟付きの通常のエステート、そしてレジャー向けには、スーツをチェックのシャツとカーゴパンツに着替えたオールテレイン(全地形型)だ。バンパー、サイドステップ、ホイールアーチにプラスチック板が装着され、ダブルルーバーの新型グリルがそのしるしだ。

最大1830リットルの収納スペース

フロントでは、他の「Eクラス」と同様に存在感を示している。気品があり、快適で、スマホのようにスマートだ。新しいオペレーティングシステムは、一般的なコマンドをルーチンに組み合わせたり、アングリーバードやYouTubeで時間をつぶしたり、必要であればビデオ会議もできる。メルセデスは車輪のついたリビングルームを徹底的に近代化したため、新しいスーパースクリーンのモニターは、特別なフィルターのおかげで、走行中もパッセンジャーは見ることができる。

純粋な内燃機関は615~1830リットル(従来は640~1820リットル)、プラグインハイブリッドは460~1675リットル(従来は480~1660リットル)。

2つのTモデルのハイライトは後部座席と荷室だ。長いルーフのおかげで、ヘッドルームが広く感じられる。荷室はこれまで以上に大きくなっていて、サルーンが540リットルであるのに対し、エステートは自動ローラーブラインド付き電動フラップの後ろに615リットルもある。さらにリアシートを倒せば、1830リットルまで積み込むことができる。これはスポーツギアや建築業、家具運搬にも十分な容量だ。

XXLサイズの荷室にもかかわらず、リアはエレガントなまま

エレクトロニクスと同様、通常のエステートバージョンとオールテレインバージョンにもサルーンの駆動システムが採用されている。クラシックエステートには、204馬力の「E 200」、197馬力の「E 220 d」ディーゼルバージョン、そしてシステム出力323馬力のPHEVとなる「300 e」が用意される。

オールテレインバージョンでは、ラインナップが少々異なり、「220d」で始まり、特にヤンキーのために6気筒と381馬力の「E 450」がある。PHEVの内燃機は326馬力のディーゼルだ。

メルセデス Eクラス エステート(S214)もまた、エレガントなリアエンドを持っている。

価格重視でオールテレインにディーゼルを選ぶ人は、間違った節約をしていることになる。オールラウンドエアサスペンションを装備したオールテレインバージョンが、バカンスの目的地に向かう途中の高速道路をさりげなくリラックスして走ったかと思えば、旅の終盤、アルプス越えをするときには緊張した面持ちになる。大音量のうなり声、いい加減な加速、追い越し時のちょっとした不安 – これはソブリンではない。

オールテレインはラインよりローデンを着る

たとえば「300de」。特にオールテレインでは、これがベストチョイスだろう。4気筒エンジンに129馬力の電気出力と440Nmのパワーが加わればアルピーヌの峠道では頼りになる。

また、オールテレインでオフロードを走るなら、サスペンションをポンプアップして地上から46ミリ上昇するだけではない。ボタンを押せば、まるでささやくように静かに地形を駆け抜け、獲物やハイカーを驚かせることはない。バッテリー容量が25.4kWhに増えたことで、純電動航続距離は最長102kmとなった。

オールテレインが新型Eクラス(S214)にも設定された。冒険者のためのTモデルの主な特徴は、無塗装のプラスチックのホイールアーチとダブルルーバー付きの新しいグリルである。

時折、山のパノラマではなくスクリーンに目をやるのもいいだろう。メルセデスは冒険心を大切にするため、オールテレインバージョンには「Gクラス」と同じオフロードスクリーンが装備され、メディアディスプレイに、地形変化によるクルマの姿勢やフロントホイールの操舵角などが表示される。そして「トランスペアレントボンネット」機能も採用されており、ブラインドになるボンネット下の大きな石や深い窪みなどを仮想的にメディアディスプレイに映し出すことができる。ドライバーは文字通りカメラでボンネットの下を覗くことができるというわけだ。

コックピットは典型的なEクラスのまま

価格について言えば、サルーンよりもエステートモデルは比較的高価である。最も安いエステートは「E200」で64,498ユーロ(約1,030万円=サルーンより2799ユーロ=約45万円高い)。オールテレインで走りたいなら、さらに3,000ユーロ(約48万円)ほど、追加しなければならない。

フロントでは、オールテレインバージョンは”普通の”Eクラスと変わらない。インテリアは上質な印象を残し、操作は全チャンネルのMBUXのおかげで感覚的に操作することができる。

しかし、顧客は気にしていないようだ。特に「GLE」は真のSUVとしてはるかに高価だからだ。先代のオールテレインバージョンは販売台数の10%以上を占め、メルセデスが米国に出荷する唯一のエステートである。

結論:
ブルジョワでもスポーティでも、地味でもエレガントでも、クラシックでもデジタルでも、ディーゼルでもガソリンでも、あるいはプラグインでも、「Eクラス」は人生のあらゆる場面で理想的なメルセデスである。そしてエステートとして、さらに多くの才能を発揮する。オールテレインを選べば、あらゆる状況に対応できて、「GLE」のような頼もしいSUVを手に入れることができる。

Text: Thomas Geiger
Photo: Hersteller