新型「メルセデスE 400 e 4マチック」果たしてPHEVのEクラスは新しい基準を打ちたてられたか?

1333
- Advertisement -

メルセデス・ベンツ E 400 e 4マチック(W214):プラグインハイブリッドのEクラス、最初のテストで納得。プラグインハイブリッドシステムだけでなく、コネクティビティ、仕上がり、シャシーにおいても素晴らしい!

新しいEクラスの「E 400」には小さな「e」が加わった。それが何を意味するかは明らかだ。内燃機関から電気駆動への移行をリードするモデル。つまり、プラグインハイブリッドなのだ。

「E 400 e」のボンネットの下には、2.0リッター4気筒ターボが搭載されている。これは252馬力を発生し、9速オートマチックトランスミッションのハウジングに組み込まれた電動モーターによってさらに129馬力をサポートする。最終的に、システム出力は381馬力、最大トルクは650ニュートンメーターとなり、重量約2.3トンのセダンを停止状態から時速100kmまで5.3秒で加速させる。比較のため、V6の方が0.2秒速い。

AMGラインと相まって、メルセデスE 400 eをよりスポーティに見せる躍動的なリアエンド。

驚くことに、全長4.95メートルのサルーンは、運転中にその重さをほとんど感じさせない。特に、オプションのエアサスペンションとリアアクスルステアリングシステムを選択した場合はなおさらだ。

エアサスペンションは、スポンジのような柔らかさを感じさせず、路面の凹凸を心地よく乗り越えてくれる。スピードを上げてのコーナリングでは、ロール補正がなくても、物理的な傾きに抵抗して車体をほぼ水平に保つ。

一方、最大舵角4.5度のリアアクスルステアリングは、比類のない操縦性とわずか11メートルの旋回半径を保証する。

約90kmを電気のみで走行

話をドライブに戻そう。「E 400 e」の最高速度はスポーツモードで250km/hに達するだけでなく、80km/hから120km/hまでの中間加速は3.4秒である。

25.4 kWhのバッテリー(うち19.5 kWhは電気駆動用)を装備したプラグインハイブリッドは、燃焼エンジンの補助なしで91kmを走行する。

しかし、「400e」での走行は原則としてハイブリッドモードで行われる。これは、総走行距離が706kmもあるからというだけでなく、ハイブリッドシステムが非常に洗練されているからでもある。燃焼エンジンと電気駆動の切り替えは感知できない。また、4気筒エンジンがパワーを供給する必要があるとき、その音は聞こえるが、決して緊張したり、過度にうるさく感じたりすることはない。

最大55kWの充電

充電は急速充電ステーションで、最大55kWで行われる。空のバッテリーはわずか30分後にフル充電される。ただし、最初にDC充電を開始する必要がある。そうでなければ、ベンツは最大22kWで充電し、充電時間を1時間延長する。

メルセデスE 400 eの”スーパースクリーン”は1,773ユーロ(約28万円)の追加料金が必要。

我々の試乗車では、急速充電の設定はオプションの”Super Screen”(1,773ユーロ=約28万円)を介して行われる。これには、中央のガラス面に組み込まれた中央モニターだけでなく、助手席用の独立したスクリーンも含まれる。

これがどれほど便利かは、実際に確かめた方がいい。パッセンジャーはここで映画を見ることもできる。ドライバーには見えないようにブラックアウトされる。

メルセデスはインターフェースをグラフィカルに再設計し、視覚的にもアップグレードした。アプリもより使いやすくなり、スポティファイ、Amazonミュージック、タイダル、アップルミュージックなどの音楽ストリーミングサービスが追加された。ゲーム「アングリーバード」や動画ポータル「TikTok」も追加された。ストリーミングサービスのZyncもアプリとして設計されている。

シュトゥットガルト自身は、ドライブやシャシーよりも、これと第4世代のMBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエキスペリエンス)エンターテインメントシステムを誇りに思っている。

充電はメルセデスE 400 eで最大55 kWで行われる。アクティベーションはセントラルモニターで行う。

“Hey Mercedes”や、”Just talk”といった呼びかけでシートヒーター、アンビエント照明、音楽、エアコン、パワーウインドウといった車両機能を、コミュニケーションを通じてコントロールできるのは有効である。

メルセデスE 400 eは、乗員に十分なスペースと快適なシートを提供する。

しかし、エコロジーを重視するドライバーにとって最も重要な機能は、ナビゲーションシステムの充電ステーション検索機能である。メルセデスはこれを「EQ」モデルから流用し、充電ステーションが表示されるだけでなく、そのステーションが空いているかどうかや、そこで充電できる容量もわかるように設定した。

つまり、賢く使えば、日常的な移動の大半を排出ガスなしで簡単にまかなうことができるのだ。しかも、車内スペースは「Sクラス」並みに大きい。

【評価】
ボディワーク: 広々とした良い空間演出と、非常に良い仕上がりと質感、小さいトランク。 5点満点中4点
ドライブ: エンジンの音は聞こえるが、緊張感はない、洗練されたハイブリッドシステム、シームレスなドライブの切り替え。 5点満点中4点
ドライビングダイナミクス: 極めて安全、権威あるステアリング、非常に優れたブレーキ、重量が敏捷性をほとんど妨げない。 5点満点中4.5点
コネクテッドカー: 最新のMBUX、非常に多くのアプリ、わかりやすいボイスコントロール、大型ディスプレイ。 5点満点
環境: 非常に大きく重い、100km弱の純粋な電気自動車走行、そのため静かで排ガスがない。 5点満点中3点
快適性: 着座位置が良く快適、操作が簡単、20インチホイールにもかかわらず乗り心地が最高。 5点満点中4.5点
コスト: 高い購入価格、2年間の保証のみ、税金と保険は範囲内。 5点満点中2点

ホイールベースは2.96メートルで、後席には大人でも十分なスペースが確保されているが、残念ながら全長にわたって大きなトランクはない。バッテリーが下にスペースを取るため、370リットルしか入らない。また、充電ケーブルを収納する場所が他にないため、ラゲッジコンパートメントにまだスペースが必要なのも残念だ。

メルセデスE 400 eのトランクは370リットルで、バッテリーがあるためにかなり小さい。さらに悪いことに、充電ケーブル用のスペースがない。

その一方で、細部にまで施された内装、正確な仕上がり、高品質な素材には好感が持てる。ガタつきやきしみ音は一切なく、石畳の上を足早に歩いても大丈夫だ。アコースティックパッケージを注文した場合、とにかくほとんどすべての騒音から隔離された世界をドライブすることになる。

この点では、価格という決定的な批判が残る。シュトゥットガルトは「E 400 e 4MATIC」に少なくとも80,242ユーロ(約1,280万円)を要求している。私たちのテスト車は、すべてのエクストラを付けて95,355ユーロ(約1,520万円)。とんでもない金額だ。比較のために: V6エンジン搭載の「E 400 4マチック」は、2017年には63,000ユーロ(約1,000万円)から購入可能だった。

結論:
プラグイン ハイブリッドは未来ではないかもしれないが、新しい形式のドライブへの道を構築するために必要な要素だ。優れた動力性能、高い経済性を「E400 e」は実現した。しかし、もっと安ければいいのにと思ってしまう。
AUTO BILDテストスコア:2

Text: Holger Preiss
Photo: Michael Nehrmann / AUTO BILD