ランボルギーニ ウルスが独自のカラーとデザインで拓く新たな冒険

71

ランボルギーニは、スーパーSUV、ウルスの色と機能性に新しい冒険の始まりを告げるニューデザインエディション、「Pearl Capsule」を発表した。
初のウルス専用カスタマイズオプションとなる「Pearl Capsule」は、他の追随を許さないウルスのスタイルと高揚感溢れるパフォーマンスをさらに引き立てるため、ランボルギーニのデザイン部門 チェントロスティーレがデザインした。

強い主張を感じさせるツートーンのエクステリアは、 ランボルギーニ伝統の高光沢 層パールカラー、Giallo Inti、Arancio Borealis、Verde Mantisに、ハイグロスブラックのルーフ、リアディフューザー、スポイラーリップ、その他ディテールを組み合わせている。そして、スポーティーなマットグレーのテールパイプには、ボディカラーのアクセントを加えたhigh-gloss blackの23インチホイールが装着されている。
インテリアもユニークなツートーンの配色で、シートには六角形のQ-Cituraステッチとロゴの刺繍を施し、ディテールにはカーボンファイバーとブラックアルマイトを使用している。専用オプションのフルエレクトリックシートは、通気性の良いパーフォレーションの入ったアルカンターラ仕立てで、格別な快適性をもたらす。

「Pearl Capsule」オプションは、ウルスMY2021に適用される。
2019年のデビュー以来、ウルスで最も人気の高いカラーはエレガントなグレー系で、それに僅差でランボルギーニのトレードマークでもあるイエローが続いている。
ウルスは、セグメント内で最も包括的な先進運転支援システムを含む強力な標準&オプション装備に加え、オーナーの個性を一層 際立たせる最新の標準カラーパレットと、ますます増えた専用カラーから選択できるほか、Lamborghini Ad Personamプログラムを通して、インテリアをさらにカスタマイズすることもできるようになっている。

ウルスMY2021は今後、27,891,882円(希望小売価格、税別)で販売予定。

Text and Photo: Automobili Lamborghini