買える人が羨ましい!「ABT RS7 LE」アプトがアウディ RS7のV8を1000馬力にまでチューンナップ!

986
- Advertisement -

アプトRS7 LE 1000:600馬力では物足りないとき、ケンプテン(アルゴイ)のチューニングの魔術師が助けてくれる。新型アプトRS7 LE(レガシーエディション)は、最大1000馬力!

通常の「アウディRS 7」は工場出荷モデルで600馬力を発生し、パフォーマンスバージョンはさらに30馬力アップ。アプトは、チューニングの枠を超えた技術で、その4リッターV8を1000馬力にまで押し上げる。

「レガシーエディション(LE)」と呼ばれるこの特別モデルは、アウディの大型スポーツサルーンとしては、限定モデルの「Johann」、「RS7-S」、「RS7-R」に続く4番目のモデルである。

「LE」の最大の特徴は、アプトが開発した、水/エタノール噴射システムで、これにより最大1000馬力と1150ニュートンメーターを実現する。

カーボンファイバー製のリアウイングが、RS7のエレガントなリアラインを包み込む。

ケンプテンの工場のホールは、すべての完成車が並び、その前に次から次へと顧客の車が並んでいく。我々は、「LE」が解体され、新たに組み立てられる段階など、ほとんどすべての工程を見学することができた。しかし、我々の最大の興味は完成車した「ABT RS7 LE」である。

カーボンファイバーだらけ:RS7 LEは外見も美しい

「LE(レガシィエディション)」は、フロントスプリッター、ボンネット、ウィングインサート、ディフューザーなど、至るところにカーボンファイバーが採用されている。ディフューザーには、直径102mmのトリムを含む4本出しのステンレススチール製エグゾーストシステムが搭載され、洗練されたサウンドを響かせる。

インテリアにもカーボンファイバーがふんだんに使われている。

ギアセレクターレバー、ギアシフトパドル、各トリム、至るところが高価な軽量素材で輝いている。カーボンインテリアパッケージは9,980ユーロ(約160万円)。一方、アブティグ刺繍入りシートと「1 of 200」のレタリング入りドアシルトリムは標準装備。アプトは「LE」をこれだけの台数製造しており、希望者は1,000馬力パッケージを装備することができる。

アプトは徹底的に手を入れる

ドナーのエンジンは完全に分解さる。オリジナルの部品に代わって鍛造ピストンが採用され、エアインテークを拡大したカーボン製インテークシステムが2基のスーパーチャージャーにより多くの空気を供給、特別に開発されたインタークーラーと追加されたオイルクーラーが適度な温度を確保し、強化されたコネクティングロッドとピストンピンが、内部が長期間のストレスに耐えられることを保証する。アプトのエキゾーストシステムの前には、ガソリン粒子フィルター付きのスポーツ触媒コンバーターが設置されている。

IWIは、エンジンの2つのスロットルバルブの前に装備される水とエタノールの噴射システムだ。補助タンクはトランクのスペアホイールウェルにあり、フューエルフィラーフラップの追加ノズルからパフォーマンスを向上させる混合気を充填する。この目的のために、アプトはディーゼルモデルの「AdBlue」を補充するノズルを使用している。IWIタンク1回の充填で3,000kmまで可能で、充填に必要なポンプシステムが顧客に提供される。

エタノール噴射とハードウェアの最適化により、V8は820~1000馬力を発生。

補助ノズルはエンジンの2つのスロットルバルブの前にあり、吸気を大幅に冷却する細かいスプレーを作り出す。温度が低いということは密度が高いということであり、燃焼に必要な酸素をより多く供給することができる。その結果、同じ温度値でより大きなパワーを得ることができる。この場合、1,000馬力という驚異的なパワーを発揮する。

1,000馬力をフルに引き出したいなら、102オクタンを充填しなければならない

但し、エンジンは102オクタン価の燃料を必要とする。98オクタン価、つまり標準的なスーパープラスの場合は、940馬力と1,050ニュートンメーターのトルクで満足しなければならない。そのため、ドライバーは正しい燃料を入れたかどうかを積極的に確認しなければならない。

IWIシステムは、RSボタンまたはAbtアプリで起動できる。

このシステムは、ステアリングホイールのRSボタン、またはスマホのMyABTアプリを使う。このアプリには、油温(システムは摂氏81度からしか作動しない)やエタノールレベルなど、考えられるエンジンのほぼすべての重要なを表示する。これらの情報は、RSボタンを押すことでCarplayを介して「RS7」のインフォテインメントにも表示される。

まずはIWIシステムを作動させない状態から走り始める。この時点で、シリーズと比較してなんと220馬力ものパワーアップをもたらす。そして、「LE」が市街地でも普通に走れることに驚かされた。もちろん、アクセルペダルは普通のクルマより鋭く反応するが、慣れればすべてが本能的に動く。

過激なパフォーマンスにもかかわらず、LE 1000は日常使用にも適している

まず気づいたのは、フロントとリアにスタビライザーを備えたコイルオーバーサスペンションがセンターロックルックの22インチ専用ホイールを見事に履きこなしていることだ。

私たちはすぐにアプト本社のすぐ隣にある高速道路「A7」に這い上がり、すぐさまIWIシステムを作動させる。すると、これまで経験したことのないような衝撃が足元で炸裂した!

瞬く間に「LE」は加速車線から200km/hまで飛び出し、そこで一瞬息を整えたかと思うと、230km/h以降は一気呵成に300km/hを目指す。「LE」を運転するときに注意すべきことは、他の道路利用者は、「LE」がバックミラーに映る小さな点から大砲のように一瞬で迫ってくるとは思っていないことだ。

我々は、これほどまでにブルートなクルマに乗ったことがない。アプトRS7 LEを買える人はラッキーだと思う。

ケンプテン以南、「A7」はカーブが多くなる。240km/hくらいになると、コーナリングでは、シャシーが少しふらつきそうになる。しかし心配はいらない。完璧にコントロールすることが可能だ。

セラミックブレーキシステムは確実に減速し、ターンイン時の挙動やシャシーのフィードバックは目立たず、したがって完璧だ。燃費以外は・・・。もちろん、このような車はお金を節約するために作られたのではなく、楽しむために作られたものだ。しかし、約150km走ったところで、航続可能距離はちょうどゼロkmとなり、アプトのヤードに戻ってきた。我々は「RS7 LE」をタンクの2/3ほど満タンにして引き取った。たくさん走っている。

やはり問題は値段だ。1,000馬力の「RS7 LE」が20万5000ユーロ(約3,280万円)。「そんなに高くもない」と思ったら、それはコンバージョンの価格だけで、ベース車両の値段がその上に乗るのだ。「RS7スポーツバック」の最終価格は128,000ユーロ(約2,050万円)だ。冷静になって考えると、333,000ユーロ(約5,330万円)になる。

結論:
「LE 1000」が、どんなスピードでも容赦なく突進していくのには驚かされる。このアプトは豊かなパワーを持ち、厳しく制限され、罪深いほど高価である。

Text: Alexander Bernt
Photo: Caroline Jüngling

Auto Bild Japanおすすめのクルマグッズはこれ!