【動画】圧巻のV10サウンド特集(前編) 心ゆくまで楽しめる BMW、ポルシェ、レクサス、アウディ

52

8台のベストV10サウンド: M5、カレラGT、LFA、ガヤルド、ヴァイパー、ウラカン、ラム、そしてS6

世界的にも少数のV10 エンジンはV8よりも複雑で、V12よりはしなやかさに欠ける。V10はエンジン構造においてアウトサイダー的な役割を果たしている。そのエンジン音は本当に独特なのだろうか!?

V10はどこへ行ってしまったのか?ほんの数年前までは、市販車にV10エンジンがいくつも搭載されていた。しかし、CO2の議論や低燃費の議論のせいで、そんな時代は終わってしまったのだ。現在、V10エンジンを搭載したニューモデルは片手で数えられる。

アウディは、少なくともR8では、高回転型10気筒エンジンに固執しており、プラットフォームの兄弟であるランボルギーニ ウラカンも、同じ5.2リッターV10に頼っている。
今回紹介する8台は、自然吸気エンジンのみで、ターボやコンプレッサーは一切使用していない。V10は、その極めて自然なレスポンスと、ほとんどの場合、高回転域での回転音が独特だ。
今回は最高の10気筒シンフォニーを純粋にエンジョイしてほしい!

BMW M5 E60:

いつまで経っても忘れることのできない存在こそ、控えめなドレスを身にまとった5シリーズセダンとツーリングに載っていた5リッターV10だ。
507馬力のエンジンは、常識を超えた8,250rpmまで回転する。
S85エンジンは、その紛れもないサウンドで人々をうならせる。鈍い音から喉を鳴らすような叫び声まで、このV10はすべての音程をマスターしている。
このエンジンは、音の面ではまさに真珠のような存在だ。

ポルシェ カレラGT:

カレラGTは、ポルシェで唯一V10を搭載したロードリーガルなモデルだ。
もともとこのエンジンはルマン24時間耐久レース用のプロトタイプのために計画され開発されていたものだ。しかしその計画は実現しなかった。
しかし、幸いなことに、そのおかげで、我々はポルシェのV10サウンドを聴く恩恵にあずかれたのだ。
カレラGTのサウンドは、かつてのヴァンケルエンジン(ロータリーエンジン)を彷彿とさせるものであり、レースの血統をはっきり聴くことができる。
わずか1,270台しか製造されなかったカレラGTは、現在では非常に人気が高く、中には1億円以上の金額で売買されているものもある。

レクサスLFA:

レクサスの最初で唯一のスーパースポーツカーは、ゼロから開発された4.8リッターV10を搭載している。
ヤマハと共同開発したフロントミッドエンジンは、超高回転型で、限界は9000回転以上だ。
アナログのレヴカウンターでは追いつかないほどの高速回転を発揮するため、レクサスはLFAに電子表示式のレヴカウンターを搭載した。
3本のエキゾーストパイプから漏れ出す独特のメタリックなサウンドは、カレラGTに匹敵するものがある。
通りすがりに車を走らせると、LFAのサウンドはほとんどフルロードでのオートバイのように聞こえます。
そのサウンドシンフォニーは高周波数で、車ファンには鳥肌が立つ類いのものだ。

アウディS6 C6:

ランボルギーニ ガヤルドから5.2リッターV10を取り出し、飼いならされたアウディA6に搭載した。その結果生まれたのがアウディS6だ。
確かに、V10はアウディではややトーンダウンされており、サルーンとエステートでは500馬力ではなく435馬力を発揮する。
サウンドの面では、S6は、そのエンジンの提供者よりも多くの微妙なニュアンスだが、わずかにこもったサウンドは、ランボルギーニとの親族関係を期待すると少し裏切られる。

後編では、ランボルギーニ ガヤルドと、その後継モデル、ウラカンのエンジンサウンドの聴き比べと、スポーツカー、ダッジ ヴァイパーとモンスターピックアップトラック、ダッジ ラムのエンジンサウンドの聴き比べが楽しめるようになっている。

Text: Jan Götze

圧巻のV10サウンド特集 後編はこちら