【初試乗】ポルシェ純粋主義の頂点「ポルシェ911 S/T」は最高の911だ!

1872
- Advertisement -

ポルシェ911 S/T: ドライビングレポート。911の60周年アニバーサリーモデルは軽量でピュア、そして純度の高いドライビングマシンだ。

「AUTO BILD」誌の巻末を飾るのは、あなたと私たちに等しく夢を与えてくれる「お別れストーリー」だ。そこにはありふれたクルマが登場する余地はない。新型「911 S/T」も同様だ。それはポルシェの純粋主義の頂点である。

「GT3 RS」のエンジンから525馬力、1380kgの車重、ベース車両である「911 GT3ツーリング」より8%ショートレシオのマニュアル6速トランスミッション。興奮して逸る気持ちを止めることができない。

なんというクルマ・・・: 911 S/Tはいいところを全部持っている。たとえばGT3 RSの4リッター6気筒ボクサーは525馬力。

GT3のエンジン音は背筋をゾクゾクさせる

数字遊びはもういいから、本題に入ろう。そして、リアに搭載された自然吸気4.0リッターフラット6エンジンに点火する。シングルマスのフライホイールが、まるで「964カレラRS」へのアコースティックなオマージュのようにグラインドし、ガラガラと音を立てる。この音に心地よい震えを感じないなら、すぐに降りたほうがいい。

全神経集中:30万ユーロ(約4,800万円)弱もする911 S/Tをハイペースで走らせたいなら、十分な休息をとる必要がある。

一方、私は最初の1メートルから「S/T」でくつろぐ。人間工学的に完璧なフルバケットシートに背中を預けるように、ヤッチンブルーのテスト車両が持つ30万ユーロ(約4,800万円)近い費用が私の潜在意識に沈んでいく。私は一瞬にしてこのドライビングマシンの一部になった。ファースト、セカンド、サード・・・。ショートシフトスタブによるギアチェンジはコンマ数秒しかかからない。ミシュラン製パイロット スポーツカップ2が徐々に熱くなり、道路がカーブしてくる。狙いを定めて、ブレーキ、ターンイン。決まった!

最高精度のステアリング

「911 GT3」のステアリングはセンターポジション付近でまだかなりアグレッシブだったが、「S/T」はよりダイレクトなステアリングレシオ(15:1)にもかかわらず、慌てることなく、よりアナログ的できめ細かくコントロール可能なターンインを提供する。

従順:911 S/Tはステアリングの指令に即座に、そして非常に正確に反応する。

「GT3」のダブルウィッシュボーン式フロントアクスルは、その実力を遺憾なく発揮し、前輪に明確なフィーリングを与えてくれる。その結果、「S/T」は荒れたバンピーな田舎道でも、ミリ単位で進むべきところに正確に進む。その結果、ドライビングダイナミック性能に対する絶大な信頼が、たとえ無理なスピードを出しても、一度も揺らぐことはない。

「S/T」はあらゆる半径に遊び心たっぷりに追従し、タイトなカーブからスムーズに加速し、リヤエンドをヨーイングさせながらイタリアのアスファルトに確実かつ軽やかに突き進む。ブレーキは?カーボンセラミック製。チェーンにトラクションがかかると、「S/T」は頑固な神経質さを捨て去り、一度も地面との接触を失うことなく、穴や起伏、継ぎ目を自信たっぷりに越えていく。

最高回転数9,000rpmも問題なし

さらに、4リッターボクサーエンジンは想像を絶する高さまで舞い上がる。「GT3」と同様、9,000rpmまで回すことができ、吸引音、ノコギリ音、カチカチ音、トランペット音の機械的なシンフォニーを伴う。五感を刺激する花火が打ち上げられ、5,000回転以上をキープすれば、圧倒的なパフォーマンスは得ることができる。

爆発的なボクサー:S/Tのフラット6ボクサーは絶対的な感度でスロットルに反応し、躊躇なくレッドゾーンに向かって突き抜ける。

愛好家を陶酔させる自然吸気エンジン

自然吸気エンジン愛好家にとって、このエンジンの回転特性は本当に楽しいものだ。絶対的な感度でスロットルに反応し、レッドゾーンに向かって爆発的に回転する。まるで4リッターエンジンの内部が何の重みもないかのように、歪みもなく、リニアで調和がとれている。

「S/T」はカーブを次々と曲がり、樹々の壁や湖、「フィアット パンダ」の横を通り過ぎながら、中間スプリントを嗄れ声で駆け抜ける。ステアリングホイールが数秒以上真っ直ぐであることはほとんどなく、ここが純粋なポルシェの本領発揮の場であることを痛感する。

スタイリッシュな別れ:テスター兼ライターのピーター R フィッシャーが、このポルシェから降りるときが、AUTO BILDを去ることでもある。

ピーター R フィッシャーより
「911 S/T」でのドライブは、まるでクルマと一体化するような素晴らしい体験でした。美しく、速く、ワイルドで、エキサイティング。ただ、ひとつだけ難しいことがあります。というのも、これは私の個人的な退社ストーリーでもあるからです。学ぶことが多かったAUTO BILDでの数年間は、グランドフィナーレを迎えました。お元気で!

Text: Peter R. Fischer
Photo: Porsche AG