【動画付き】強烈な爆音! そして火花! BMW M2チューンナップモデル

96

ランボルギーニ アヴェンタドールに匹敵するパワー 700馬力コンパクトクーペ

BMWのチューナーであるGPインフィニタス(GP Infinitas)は、M2をパワーアップさせた。 このM2はアヴェンタドールと同じくらいパワフルだ。BMW M2コンペティションの410馬力では物足りない場合は、インフィニタスがお役にたてる。 チューナーは、コンパクトなM2をなんと700馬力にまでブーストアップする。

M2スポーツクーペのトップバージョン

BMWは2ドアのM2を2015年に370馬力で発売した。そして2018年末にはパワーを410馬力にアップさせたM2コンペティションバージョンをデビューさせた。
さらに現在は、450馬力のCSモデルも用意されている。
そしてそれだけでは物足りないという方は、チューナーであるGPインフィニタスでさらにグレードアップすることができる。

このBMW M2はなんと!700馬力と880Nmの最大トルクを発揮する。

700馬力+880Nmを発揮する直列6気筒

インフィニタスはすでにM2コンペティションのための4つのパフォーマンスアップグレードを発表しており、クーペのパワーを、500馬力、531馬力、570馬力、そして620馬力までの4種類のチューンナップされたパワーユニットをそろえている。
そこに今回チューナーは、新しくもう1基、スポーツクーペ用に最強のパワーユニットを用意した。
アップグレード後のデータシートには、700馬力と880Nmのトルクが記載されている。これは、エンジンメカニズム、新しいハイエンドターボチャージャー、高性能クーラー、それにマッチしたエキゾーストシステムへの大規模な変更によって可能になった。
700馬力パワーユニットにかかる費用は現段階では明らかになっていない。
しかし、ステージ3(570馬力)のアップグレードだけで、約1万ユーロ(約125万円)のコストがかかるという。そう考えると、最低でも2万ユーロ(250万円)以上は確実に必要であろう。

動画で本当に火を噴くシーンをどうぞ(耳栓が必要かも…)。

Text: Michael Gebhardt