リーク写真 アキュラTLXタイプS ホンダのニューSシリーズの誕生か?

570

アキュラTLXタイプS(2021): リークフォト、ティーザー、M3対抗馬

ホンダからBMW M3対抗馬登場! アキュラTLXタイプSの名のもとに、ホンダは近々、6気筒を備えたBMW M3のライバルモデルをアメリカでデビューさせる。そして今、その価格もリークされた。

ホンダは、米国と香港でアキュラスポーツカーの名前で販売をおこなっている。まもなくアキュラからBMW M3に真っ向から対抗できるモデル、TLXタイプSが登場する。それがどのような姿をしているかは、ホンダのリアのティーザー写真とコチェスピア(Cochespias)がインスタグラムアカウントにアップした、いくつかのリーク写真によって明らかになった。

クーペのようなかたちをしたサルーンは、ホンダらしいスポーティなもので、そのスタイリングはなかなか印象的だ。ヘッドランプは、細いスリットを形成するように狭められており、日中のランニングライトのおかげでさらに攻撃的に見える。
レジェンドのような、やや複雑なグリルを持つ大きなエアインテークと、フロントスプリッターがスポーティさを強調している。リアエプロンには4つの大きなテールパイプが組み込まれており、両サイドにニートなディフューザーが装着されている。

内装に比べ、インテリアはちょっとゴテゴテした煩雑な印象と、NSX風の(ということはやや時代遅れの)見た目が少し残念な感じがある。リーク画像ではスポーティというよりも重厚に見える。メーターなども古臭い印象がするし、大きなセンターコンソールがドライバーと助手席のパッセンジャーを分離しているし、取り付けられたセンタースクリーンも圧迫感がありそうでちょっと心配だ。

大きな4本のテールパイプと両サイドのディフューザーが、アキュラTLXタイプSのリアを特徴付けている。
Photo: Honda

アキュラTLXタイプSはV6エンジンを搭載

3リッターでターボチャージャーを備えたV6は、4輪駆動モデルだと伝えられている。このスポーツセダンの公式プレミアは2020年5月28日に予定されており、2021年からアキュラTLXは米国で販売されることになっている。残念ながら、欧州市場、及び日本市場で売られる可能性は今のところ非常に低いと言える。

ヘッドライトはスリットに狭められており、日中のランニングライトのため、よりアグレッシブに見える。大きなエアインテークとフロントスプリッターがスポーティさを強調している。
インテリアはスポーティというよりも、実用的なものに見える。メーターや各部の処理がやや古臭いのが残念だ。
3リッターのターボチャージャー付きV6で4輪駆動モデルだという。

Text: Katharina Berndt