隣人の怒りと復讐! フォード マスタングの騒音に対するリベンジ そこまでしなくても…

70

無謀な隣人 土木建築用泡沫(あわ状の物質)をエグゾーストパイプに突っ込んでマスタングを黙らせる

隣人による騒音への復讐。土木建築用泡沫がマスタングを沈黙させてしまった。隣人のマスタングがあまりにもうるさいので、誰かがエキゾーストシステム内に発泡スチロールを吹きかけ、脅迫状を残して去っていったのだった。

大音量のV8では、友人はできないのだろうか?
アメリカに住むマスタングのオーナーは、このことを今回のことではっきりと理解した。パワフルなサウンドのポニーカーを黙らせるために、イライラした隣人がエキゾーストシステムに土木建築用泡沫素材をぶち込んだのだった! ひどい。 
そしてそれだけではなく、隣人の怒りは非常に大きく、脅迫状まで残していったのだった。

実際に、最近フェイスリフトされた最新世代のマスタングGTは、450馬力の強力な5リッターV8から、非常にけたたましいエンジンサウンドを生み出す。
それはおそらく隣人のためにはあまりにもうるさく、耐えられないものだったのだろう。マスタングオーナーのアーロン ロビンソン氏によって投稿された Facebook の写真では、どのようにマスタングのテールパイプが完全に建設用の泡で満たされているかを見ることができる。
さらに、ロビンソン氏は現場に置かれた脅迫状を発見した。
そこには、
「14日以内にサイレンサーを修理するか、シリアルパーツを取り付けろ。我々に歯向かうな。後悔するぞ!」
と書かれていたのだった。

オーナーのロビンソン氏によると、サイレンサーとテールパイプは泡沫によって破壊されたという。この行為は破壊行為とみなされ、彼は警察に通報したという。

少し解説しておくと、通常、スタンダード仕様のマスタングには、このような近隣紛争を防ぐための特別な機能が標準装備されている。つまり、フォード マスタングGTには、2017年からいわゆる「グッドネイバーフッド(良き隣人)」モードが搭載されている。
この機能を使えば、スポーツカーが排気フラップを閉じた状態でスタートするプログラムを設定することができ、すなわち騒音を出すこともなく、近隣の平和を保つことができるはずだ。
ロビンソン氏がマスタングの平和モードを全く使用していなかったかどうかは不明だ。

Text: Moritz Doka