はいアウト―その4 あわれコルベットC8 リフトから落っこちてペシャンコ

105

シボレー コルベットC8不注意で大破 正しいリフトアップの仕方も知らないメカニックにご注意!

修理工場、新車のコルベットC8をスクラップに。コルベットオーナーが大切な愛車を点検のために修理工場に預けた。そしてC8には悲惨な運命が待ち構えていた。あろうことか、リフトから落ちてスクラップとなってしまったのだ。

まさしくホラーショーそのものだ。
新型シボレー コルベットC8は修理工場に納車されたあと、間もなくスクラップとなってしまった。これは、事故の様子を自身のインスタグラムページ上にアップした米フロリダに住むコルベットのオーナーのレポートによって判明したものだ。
インスタグラム上に投稿された写真からは、どうやらそのちょっと前にリフトから墜落したらしい赤いコルベットC8が見て取れる。前輪は宙ぶらりんのままで、リア部分はすでにワークショップの床に激突していて、ボディは無残にも壊れてしまっている。

ボディはサイドとフロントにかなりのダメージを受けており、全損状態だ。
オーナーのジェイク アンソニー氏は、インスタグラム上で、
「これは私の車です、間違いありません。私は過ちを犯したディーラーとの補償に関する正式な話し合いが終わるまでは本件を公にしたくなかった。にもかかわらず、ディーラーのサービス部門のスタッフらしき人物が、撮影した写真を公開した。”私の同意なしに!”」
と激怒している。
さもありなん。

コルベットオーナーはもはやベーシックモデルのC8には興味がない

さらに、アンソニー氏は、インスタグラム上で、指示の写真を示している。ミッドエンジンコルベット(495馬力の6.2リッターV8)を正しくリフトで持ち上げるポイントの明確に指示された写真だ。
そして彼は他の C8オーナーたちに忠告する。「あなたが車を修理工場やワークショップに持って行くときは、それらのガレージのスタッフが、ちゃんとこれらのリフトアップポイントを知っているかどうかを必ず確認してください。」
この壊れたコルベットがどうなるかはまだ明らかになっていない。
もしかしたら、低価格で転売されるかもしれないし、完全に修理されるかもしれない。
(完全に直るかどうかはあやしいが)

しかし、オーナーのアンソニー氏が乗ることはおそらくもうないだろう。彼がインスタグラムの記事の下のコメントに書いているように、彼はすでにGMのボスたちと話をしていて、次期コルベットZ06の予約をお願いしているという。
つまり彼は普通のC8を欲しがっているわけではないということだ。
Z06は2021年に発売されることになっているが、トップモデルとして、コルベットファンにとっては本当のハイエンドのモデルになるだろう。

ここでコルベットのオーナーは、ミッドエンジンのスポーツカーのリフティングプラットフォームに取り付けられているポイントを指し示めしている。

Text: Julian Rabe