ロータス史上最強!「ロータス エミーラ」にAMG製エンジンが搭載された新型が登場

792
- Advertisement -

ロータス エミーラがデビューしてから2年、2つ目のパワートレインを搭載したモデルが登場する。搭載されるのは、クラス最強と言われるAMG製の2リッター4気筒だ。ロータスはこのエンジンを搭載するにあたってシャシーをはじめ全面的な最適化を行った。

ロータス最後のICE搭載モデルとなるロータス エミーラは、スーパーチャージド3.5リッターV6エンジンに6速マニュアルおよび6速オートマチックトランスミッションを組み合わせて2021年に登場。ロータスならではのドライビングエクスペリエンスに多くのロータスファンを魅了している。

エミーラは更なる進化を遂げる

そして、ミッドシップ2シーターのエミーラは、テクニカルパートナーのメルセデスAMGが供給するオールアルミニウム製2.0リッター・ターボエンジンを搭載して「エミーラ・ファースト・エディション」として発売される。

「ロータス・エミーラ・ファースト・エディション」はAMG製2リッター4気筒エンジンと8速DCTを組み合わせたパワートレインを搭載する。

このモデルは、ロータスによって、新しい吸排気システム、トランスミッションのシフトマッピングに合わせた特注のキャリブレーションが施されて最適化された。360bhpと430Nmを発生するこのエンジンは、ロータスの2シーター最後のICEに相応しいしいスペックと性能を実現した。

ロータス史上最もパワフルな4気筒スポーツカー

名高い400bhpのスーパーチャージドV6と同様、この4気筒モデルは高いパフォーマンスと応答性(0-100km/h、4.4秒、最高速度290km/h)を発揮するとともに、日常的な使いやすさと快適性もさらに高められている。

エミーラV6は、世界中から何千台もの注文を受け、すでに信じられないほどの成功を収めています。今、4気筒のエミーラがラインナップに加わることで、私たちはこの車の幅広い能力と魅力に新たな次元を加え、お客様が期待する全ての性能と敏捷性を提供し続けながら、新たなレベルの効率性とアクセシビリティを提供します。
ロータスのグループ副社長兼チーフ・コマーシャル・オフィサー マイク・ジョンストン

2.0リッターエミーラのサスペンション・セッティングは、ロータスの特徴である優れたボディとコントロール性を実現し、クルマが決して過酷さを感じることがないよう、入念にチューニングされています。エンジンとトランスミッションのマッピングをドライブモードと連動させ、ツアーでは洗練されたリラックスしたキャラクターを、スポーツとトラックでは驚異的な発進性能、優れたドライバビリティ、さらに素早いスロットルレスポンスとキックダウンを実現しました。また、パワートレインとトラクションおよびスタビリティ・コントロール・システムとの連動性にも磨きをかけ、ロータスのドライバーが期待する高性能なフィーリングとつながりを実現しました。
ロータスのビークルアトリビュート・アンド・プロダクトインテグリティ担当ディレクター ギャバン・カーショウ

エミーラV6と同様、新型2.0リッターモデルはヘセルにあるロータスの創設者コーリン チャップマンに敬意を表して名付けられたチャップマン プロダクション センター (CPC) とノリッジ近郊のロータス アドバンスト ストラクチャーズで製造される。

英国の顧客は、ヘセルのセンターからエミーラを受け取るオプションがあり、その体験の一環として、自分の車が作られたCPC組立ホールを見学することができる。

パワートレイン:パワフル、レスポンス、効率性

エミーラに搭載される1,991ccエンジンのシリンダーブロックは、先進のチルキャスト製法で製造されている。これは、大量生産に適した従来のサンドキャスト製法に比べ、均一できめ細かい構造を実現できるため、高負荷に耐える高い強度と耐久性を必要とするパーツの製造には最適とされている。また、モータースポーツの慣習に従い、ブロックはクローズド・デッキ設計で剛性を最大限に高め、シリンダー・ボアには従来の鋳鉄ライナーの代わりに特許取得済みの低摩擦コーティングを採用して軽量化を図っている。高強度と軽量化を最適なバランスで両立させるため、スチール製クランクシャフトとアルミニウム製ピストンはともに鍛造製だ。

2リッタークラス最強のエンジンは新たに設計されたシャシーにミッドシップマウントされる。

シリンダーヘッドはシリンダーあたり4バルブで、200barのダイレクト・インジェクション・システムを備えている。吸気カムと排気カムは可変バルブタイミングを採用し、排気側ではバルブの高・低デュレーションを変えることができる。ピエゾインジェクターは、燃料の量と噴霧パターンの両方において、非常に高い精度で燃焼室に燃料を供給し、その結果、燃焼が促進され、排出ガスが低減されます。最大限のパワーを得るために、ピエゾインジェクターは、シリンダーヘッドのインテーク側に直接取り付けられたポートフューエルインジェクターと組み合わされ、全負荷時に必要な適正量のガソリンを供給する。

ターボチャージャーは「ツインスクロール」設計で、タービンハウジングが2つの独立したダクトに分かれており、エキゾーストマニホールドの対応するダクトとマッチしている。これにより、排気ガスの脈動が最小限に抑えられ、シリンダー内のガス交換が効率的に行われます。また、ブースト圧の立ち上がりをより速くし、さらに応答性を高めるために、コンプレッサーとタービンホイールをつなぐシャフトは超低摩擦ローラーベアリングで作動し、ブースト圧を最も効果的に管理するため、ウェイストゲートバルブは電子制御されている。

ロータスが独自に開発した吸排気システムと、独自の社内キャリブレーションによって最適化された先進技術の組み合わせにより、このエンジンは、全運転領域を通じてパワー、トルク、効率の驚異的なバランスを実現する。430Nm/3,000-5,500rpm、最高出力360bhp(365PS)/6,600rpm、最高回転数7,200rpmを発生するこのエンジンは、本格的なロータス・スポーツカーのドライビングエクスペリエンスを約束する。

メルセデスAMGの定評ある8速デュアルクラッチトランスミッション(DCT)が搭載される。

後輪に駆動力を送るトランスミッションは、メルセデスAMGの定評ある8速デュアルクラッチトランスミッション(DCT)。エミーラV6に搭載される6速マニュアルおよびオートマチックトランスミッションに比べ、DCTは変速時にトルクが途切れることなく、さらに素早いギアチェンジを実現し、効率性とシフトの快適性を高めている。

ビークルダイナミクス:俊敏、直感的、満足感

ロータス・スポーツカー・アーキテクチャーを採用したエミーラの軽量で剛性の高いボディは、乗り心地、ハンドリング、ステアリング特性の向上に寄与し、26,300Nm/度のねじり剛性を持つシャシーは、あらゆるシステムの即時で正確なレスポンスに貢献している。レース用に開発された軽量鍛造アルミニウム製ダブルウィッシュボーンサスペンションは、サスペンションの全行程でタイヤのコンタクトパッチを最大限にコントロールし、エミーラの卓越した俊敏性と応答性を実現している。

エミーラシリーズに4気筒エンジンが導入されたことで、ロータスはシャシー構造におけるパワープラントのパッケージングを最適化するために、新しい軽量アルミ鋳造リアサブフレームを導入。このサブフレームは、エミーラV6で使用されていたスチール製アッセンブリに対して、合計12kgの軽量化に貢献している。新しいリアサスペンションは、このサブフレームに組み込まれる。

エミーラ スポーツ シャシーを選択するとサーキット走行に適した硬めのサスペンションセッティングになる。

電動油圧式ステアリング・システムは、ロータスのスポーツカーDNAの基本であるピュアで真のコネクテッド・フィールを、速度領域に応じて提供するが、エンジン駆動ポンプによって生じるロスはなく、エミーラのミッドエンジン構成により、2,575mmのホイールベースのほぼ中央に位置する着座位置は、ドライバーのあらゆる入力に対する応答性を高めている。

アイバッハ製スプリングとビルシュタイン製ハイプレッシャーモノチューブダンパーは、エミーラに合わせて入念にチューニングされている。「ツアー」と「スポーツ」それぞれのセッティングを施して組み込まれる。「ツアー」には柔らかめのスプリングとダンパーで公道走行に最適なセッティングで、「スポーツ」はサーキット走行に適した硬めのスプリングとダンパー、そしてグリップを最大化するためのキャンバー角とトー角がセッティングされる。アンチロールバーの剛性もエミーラ専用で、フロントアクスルのコンポーネントも軽量化されている。

4気筒エンジンのエミーラには、フロント245/35/R20、リア295/30/R20という、特別に開発されたタイヤを選択することができる。ツアー・シャシーに標準装備されるグッドイヤー・イーグルF1スーパースポーツ・タイヤは(スポーツ・シャシーのオプションとしても選択可能)、フィードバックに妥協することなく、全天候型で高いパフォーマンスを発揮する。ミシュラン・パイロット・スポーツ・カップ2はスポーツ・シャシー専用で、乗り心地を損なうことなく過酷なサーキット走行に対応するよう設計されている。両タイヤのサイドウォールにはロータス公認仕様であることを示す「LTS」のマーキングがある。

ブレーキシステムは、新エンジンの出力に見合った制動力を発揮し、軽量2ピース・クロス・ドリルド&スロット・ディスクと4ピストン・キャリパーをフロントアクスルに装備。キャリパーは無償で4色から選択可能だ。

シャシー・ハードウェアの変更を補完するために、エレクトロニック・スタビリティ・コントロール・システムのキャリブレーションが一新されている。また、e-Diff機能も追加され、後輪に慎重に調整されたブレーキ圧を加えることで、最もグリップのある方にトルクを伝達してトラクションを最大化することが可能。また、雪や雨、泥に覆われた路面など、厳しい条件下でのダイナミックなパフォーマンスとコントロール性も向上している。

エクステリア・デザイン:空気力学的に美しい

エミーラのデザイン言語は、電気自動車ハイパーカー「エヴァイヤ」でデビューした彫刻のようなサーフェスとテクニカルなディテールを発展させたもので、スポーツカーセグメントに比類なきスーパーカーの魅力をもたらした。紛れもなくロータスであるそのプロポーション、筋肉質のシュリンクフォルムは、まさにロータスのスポーツカーのDNAを体現している。

フルLEDヘッドライト(それぞれダブルブレードのデイタイム・ランニング・ライトを装備)と、意図的に角ばらせたボンネット・ダクトが特徴的となっている。

リアハンチに組み込まれたダクトは、水冷式チャージクーラーを経由してエンジンの吸気システムに空気を送り込むとともに、エンジン自体の冷却にも役立っている。

リアには特徴的な2つのグロスブラックの通気孔があり、ホイールアーチから空気が流れ出るようになっている。その下には、同じくグロスブラックで仕上げられたリア・ディフューザーがあり、2本のエグゾースト・パイプとリア・ナンバープレートがきれいに一体化されている。エミーラは後付けのアクティブな空力デバイスを必要とせず、あらゆる速度域でフロントアクスルとリアアクスルの間に完璧なバランスを保つパッシブなダウンフォースを発生させており、その結果、グリップとハンドリング特性が強化され、常に正確で予測しやすいものとなっている。

13色のカラーバリエーションから選択することができる

ヘセルイエロー、マグマレッド、ビビッドレッド、ダークバーダント、セネカブルー、アトランティスブルー、メリディアンブルー、オスミウムシルバー、ニンバスグレー、シャドーグレー、ジンクグレー、ミストホワイト、コスモスブラック。

オプションのブラックパックでは、ルーフ、カントレール、ミラーバック、リアクラムシェルのロータスワードマークにグロスブラック仕上げが施される。エグゾーストフィニッシャーはサテンブラック。20インチの超軽量鍛造ホイールは、標準でダイヤモンドカット仕上げが施され、オプションでシルバーとグロスブラックが用意されている。

インテリア:ドライバー重視のピュアな空間

ドライバーにフォーカスしたエミーラのインテリアは、美しく作り込まれ、豊富な素材と最新技術を難なく融合させ、ロータスのスポーツカーの新たな基準となる快適性、使いやすさ、実用性を実現している。

フラットボトムのステアリングホイールの先には12.3インチのTFTドライバーディスプレイがあり、コックピットの中央には10.25インチのタッチスクリーンを備えたインフォテインメントシステムが備わる。すべてのコンテンツは社内で設計されたもので、シンプルで直感的に使用できるようになっている。Android AutoおよびApple CarPlay接続機能を標準装備している。

エミーラのインテリアは、かつてないほどモダンな印象だ。

12-way電動調整式プレミアムスポーツシート(3セッティングシートヒーター付き)は素晴らしいホールド性能とドライビング体験と共に長距離ドライブにおける快適性も提供し、ブラック、レッド、アイスグレー、タンのいずれかのナッパレザー、またはイエロー、レッド、アイスグレーのいずれかのコントラストステッチを選択できるブラックアルカンターラで提供される。ステアリングホイールにも同じ素材がオプションで用意され、トップ・デッド・センター・バンドとステッチにはイエロー、レッド、アイス、グレーのいずれかを選択可能。ヘッドライナーにもブラックのアルカンターラが使用される。2つのシートの後ろには208リットルの収納スペースがあり、リアラゲッジコンパートメントにはさらに151リットルの収納スペースがある。

10チャンネル、560Wのプレミアムオーディオシステムは、KEFとのパートナーシップによりエミーラのために開発されたもので、有名な英国ブランドの特徴であるUni-QTM技術を搭載しており、ツイーターとミッドレンジを音響的に最適化された単一のユニットに統合している。独特の特注スピーカーフレットデザインで美しく仕上げられたUni-Qは、空間の一点から中高域の全音域をカバーし、よりまとまりのある超リアルサウンドが体験できる。

【パワートレインとパフォーマンス】

エンジン1,991cc 直列4気筒ガソリン・ターボ
トランスミッション8速デュアルクラッチ
最高出力(bhp / PS / kW)360 / 365 / 269
最大トルク(Nm)430
最高速度(km/h)290
0-100 km/h加速(secs)4.4

【ディメンション】

全長(mm)4,413
ミラーを含む全幅(mm)2,092
ミラーを畳んだ状態での幅(mm)1,895
フロント/リア・トラック(mm)1,626/ 1,608
全高(mm)1,226
ホイールベース(mm)2,575
抗力係数0.349
車両重量(DIN)(kg)1,446
リアラゲッジコンパートメント容量(リットル)151
キャビン荷物容量(リットル)208
燃料タンク容量(リットル)52.5

Text:アウトビルトジャパン
Photo:LCI