ホンダNSXがキャンピングカーに?これは世界でもっとも珍妙なキャンピングカーだ! 

2961
- Advertisement -

愛好家の一人がホンダNSXにルーフテントを装着して、キャンピングカーに改造。そのNSXキャンパーでアメリカ各地をツーリングしている。そして彼のアイデアはさらに過激化しつつある!

われわれのような真っ当な人間にはなかなか理解しづらいが、このアメリカ人は、自分のホンダNSXをキャンピングカーにしたいと考えていたのだ。インスタグラムで「NSXTRA(クリス カット)」と名乗るこの愛好家は、なんと、NSXのリアにルーフテントをねじ込んだのだ!

寝る場所としてのNSXトレーラー

良質な中古のホンダNSXは高価で、すでに10万ユーロ(約1200万円)の壁を突破している。だから、クリス カットは、大切なNSXを傷つけないようにするために、2台目のNSXのボディを購入した。このボディを使って、彼はルーフテントを運ぶトレーラー作りに着手。そして遂に完成した。

このあとサイドパネルとフロントドアが追加されていく。

異様な光景

「けん引車」には、テントの代わりにスキーボックスが搭載され、トレーラーにもカーボン製リアウイングが着いている!そのトレーラーにはモトコンポが積まれているという凝りよう。ガレージにはS2000もあって、かなりのホンダスポーツカーオタクのようだ(笑)

これが完成したトレーラーの姿。なかなか格好良いじゃないか!

Text: Moritz Doka/Auto Bild Japan
Photo:NSXTRA