90年代のBMW 8シリーズがクールなスピードスターバージョンとして蘇る? 果たしてこのプロジェクトは実現するのか?

710
- Advertisement -

BMW 8シリーズ E31(1990)のスピードスター仕様。現在、BMW 8シリーズのスピードスターバージョンはレンダリングに過ぎないが、壮大なレストモッドプロジェクトの完璧なベースとなるだろう!

1989年から1999年まで製造されたE31型「BMW 8シリーズ」は、今日に至るまでドイツの自動車技術の魅力的な一部であり続けている。時代を超越したフォルムはカウス カピッツァによってデザインされたもので、「E31」が今年ですでに34歳を迎えているとは信じがたい。

近年、「E31」はコレクターズアイテムとして人気を集めており、手入れの行き届いた良好な個体は入手が困難なだけでなく、価格も高騰している。全生産期間を通じてわずか3万台強しか生産されなかった「BMW 8シリーズ」は、当時最も高価なBMWとして成功したとは言い難い。おそらく最大の欠点は、「E31」にコンバーチブルが設定されていなかったことで、多くの潜在顧客が「メルセデスSL」を購入した。

BMWは8シリーズのコンバーチブルを検討

確かに、「8シリーズ」にコンバーチブルを設定することも検討され、3台のプロトタイプが製作された。しかし、問題はすぐに明らかになった: ボディ剛性を大幅に向上させ、まったく新しいソフトトップメカニズムを開発しなければならなかったのだ。結局、このプロジェクトは断念された。

発表から30年以上を経て、独立系デザイナーのカミロ ディレイが、「BMW 8シリーズ」のスピードスターバージョンがいかに壮観な外観を持つかを示すイラストをInstragamで公開した。

ちなみに、BMW自体はこれらのスケッチとは一切関係がないことを強調しておく。

8シリーズ スピードスターのシルエットは、オリジナルのクーペよりもずっと細長く見える。

イラストを詳しく見てみよう: 特徴的なリトラクタブルヘッドライトを持つ「8シリーズ」のフロントは変わらないが、Aピラーから先は実質的にすべてが変わっている。フロントガラスがよりフラットになり、スピードスターらしい特徴となっている。

スピードスターはより細長く見える

横顔は壮観だ。全長4.78メートルの純正「E31」のシルエットは、レンダリング画像ではより細長く見え、リアサイドウィンドウは省略されている。その代わり、2つのスピードスターハンプが「8シリーズ」にスピードボートのような外観を与えている。コンバーチブルのプロトタイプと比べると、”ダブルバブル”ルックによってリアビューはより美しく見え、デザイナーのディレイはすでにソフトトップについても考えている。

2つ目のインスタグラム投稿では、ベージュのファブリックトップを備えたグリーンのスピードスターバージョンを見せている。幌を収納するには、2つのハンプを横に開くと、幌が下に消え、スピードスタールックが完成する。

残念ながら、「8シリーズ スピードスター」のエンジンなどの詳細は不明だ。しかし確かなのは、この壮大なプロジェクトがソーシャルメディアで大きな反響を呼んでいるということだ。BMWクラシックのアカウントでさえもこのプロジェクトに注目し、デザイナーにデザインをコミュニティで共有する許可を求めている。

デザインはほとんど本物のように見えるが、残念ながら、「8シリーズ スピードスター」が現実になることはないだろう!

※ ベージュのファブリックトップを備えたグリーンのスピードスターバージョンを見たい方はこちらをどうぞ
https://www.instagram.com/volac/?utm_source=ig_embed&ig_rid=1cc7b627-f461-4977-9be0-8315bdcc940c

Text: Jan Götze
Photo: Instagram/volac