【クラシック オブ ザ デイ】これまた伝説の190 メルセデス190E 2.3-16セナ セナのための190って知ってますか?

2657
- Advertisement -

メルセデス190E 2.3-16セナ:後のワールドチャンピオン、アイルトン セナの190。1984年、メルセデスはニュルブルクリンクでのレースにアイルトン セナらを招待した。全ドライバーがメルセデス190E 2.3-16でスタートした!

ニュルブルクリンクサーキットの再開を記念して、メルセデスは1984年5月12日に、”レース オブ ザ チャンピオンズ”を開催した。もちろん、どんなモデルでもいいわけではなく、4バルブテクノロジーを搭載した新型「190 E 2.3-16」が使用された。

この「190」の派生モデルの名前もさることながら、そのスポイラーも一風変わっていた。これほど強力なリアウイング、これほど深いフロントエプロンは、メルセデスのワークスではかつて見たことがなかった。6,200rpmという比較的高い回転域で185馬力を発揮する。

現役F1ワールドチャンピオンがアイフェルに集結

F1の偉人たちが”レース オブ ザ チャンピオンズ”に参加するために集結した。ニキ ラウダ、ケケ ロズベルグ、アラン ジョーンズ、ジェームス ハント、ジョディ シェクターなどだ。フィル ヒル、ジャック ブラバム、ジョン サーティース、デニス ハルムといった60年代のチャンピオンたちもそこにいた。

記録的なワールドチャンピオンのファン マヌエル ファンジオもニュルブルクリンクを訪れたが、健康上の理由で出走を控えた。欠場したのはネルソン ピケとジャッキー スチュワート、そしてエマーソン フィッティパルディとマリオ アンドレッティだけだった。

20人のパイロットを集めるため、メルセデスはさらにドライバーを集めた: カルロス ロイテマン、ジャック ラフィット、アラン プロスト。さらに、当時はまだ無名だった、ルーキーのアイルトン セナも加わった。

1984年5月:アイルトン セナが世界選手権を意識したショーレースを展開。

まるで世界選手権を争うかのようなレース展開

セナは週末を通して、まるで世界チャンピオンの座がかかっているかのような走りを見せた。予選では、「190セナ」で、プロストとロイテマンに次ぐ3位に付けた。レースでも、セナを止めることはできなかった。セナはスプリントでトップに立ち、名人芸でラップを重ねる。

最後尾からのスタートとなったラウダは、憑りつかれたようにコースを駆け抜けていった。無名のドライバーに追い込まれるのはラウダの得意とするところではない。2人は周回を重ねるごとに過酷な争いになった。抜きつ抜かれつの猛レースの様相を呈した。

そして、勇気あるオーバーテイクでセナが表彰台に上った。この結果は大きな驚きであり、メルセデスの好みとはまったく異なるものだった。

メルセデスの勇気は報われた

今にして思えば、セナの成功はメルセデスにとって最高の出来事だったのかもしれない。しかし、メルセデスの勇気が報われたのは別の理由もあった。「190 E 2.3-16」の20台の同じモデルが好成績を収めたのだが、ほとんど生産状態のままだったのだ。もちろん、安全装備とロールケージは追加されていた。ダイムラーはまた、より大きなブレーキとより短いギア比を装備した。しかし、エンジンとエアロダイナミクスにはまったく手が加えられていなかった。

ロールバーが安全性を高めた。しかし、エンジンとエアロダイナミクスはそのままだった。

レーサーの走りはまったく見劣りしない

スポーツエグゾーストだけが、より鼻につくサウンドを提供する。「レーシング190」の運転は楽で複雑ではない。ヘッドライトワイパー、電動シート調整機能、カセットラジオが装備されていることだけでも、思わず笑みがこぼれるかもしれない。

レース後、メルセデスがほとんどすべてのマシンを改造して売却し、優勝したマシンはファクトリーミュージアムに保管された。このレースでセナを止めようとしたラウダのマシンの努力は、無駄に終わった。

Text: Wolfgang Hörner; press-inform
Photo: Daimer AG