アルピナマジック全開 新型「アルピナB3ツーリング オールラッド」をテスト!

1701
- Advertisement -

アルピナの力作は、細部に至るまで期待を裏切らない。アルピナB3ツーリングは、多くの人の目にとまることなく、さりげなく田舎道を疾走する。

背景の風車は、少なくともアルピナブランドにとって良い兆候ではない。昨年、BMWはこの伝統あるブランドを完全に買収した。その理由のひとつは、モーターエネルギー革命である。アルピナのような小型シリーズメーカーにとって、4つの駆動方式を並行してホモロゲートすることはもはや不可能だろう。ガソリン、ディーゼル、ハイブリッド、オールエレクトリック・・・。アルピナのような小さくとも立派な会社では、長期的には対応できない。

そのため、この「B3ビターボ・ツーリング」は、独ブッフローで独自に開発される最後のミッドサイズ アルピナとなる。おそらくBMWが引き継ぐ2025年末まで続くだろう。

しかし、我々みんなが理解しているように、モヤモヤしていてもあまり解決にはならない。そこで、楽しいひとときのために未来を遮断し、数ミリ秒間目を閉じて、「B3」でペダルを踏み込んでみよう。

特別な特徴: アルピナのバンパー下部はボディカラーで塗装されている。

8速スポーツオートマチックが数段シフトダウンすると、「M3」に搭載された3リッター直列6気筒エンジンがその座を奪う。自発的で圧力があり、同時にクリーミーで、私たちを標準の快適なシートに押し込み、後頭部をヘッドレストに押し付ける・・・。「エアバスA380」のような激しさで、「B3」は100km/hから200km/hへと加速する。

最高速度306km/h

その終着点は?ブッフロアのメーカーは、最高速度302km/hを謳っているが、私たちがミュンヘン方面へのアウトバーン「A9」で記録したのは306km/hである。少し前置きが長くなったが、私たちは単純に工場の数字を信じる。そして正直なところ、私が個人的に運転した中で最も威厳のある”オーバー300″だった。これこそ、アルピナブランドが常に標榜してきた「興奮を伴わない長距離主権」である。

それが、この「B3ツーリング」をレーストラックで走らせなかった理由のひとつだ。もうひとつはザクセンリンクサーキットではテスト期間中、週末のMotoGPの準備が激しさを増していたからだ。ちなみに、ザクセンリンクでは、「B3ツーリング」は、開発テスト中に1分36秒67を記録した。

フロントに255ピレリ、リアに265ピレリを装着した20インチホイールセットには、2,280ユーロ(約36万円)の追加料金がかかる。

アウディの「RS 4」にコンペティション プラス パッケージを装着した場合でも、スーパーテストでは1分35秒88と、「B3ツーリング」とほぼ同じであった。したがって、レーストラックでの才能は十分に備えているが、必ずしも必要ではない。

アルピナは、日常的なドライビングにおいて、工業製品として差し障りの無い自然さを発揮する。これは、他のドライバーとの対話の中で特に明らかになる。「B3」は、誰にでもすぐにわかるものではないからだ。

マルチスポークホイールは最もわかりやすい目印であり、トリムストライプは、もし顧客が注文したのであれば(私たちは絶対に注文するべきだと考えている)、その次である。それでも物足りないなら、フロントバンパーのレタリングが最新の目印だ。

アルピナは、バンパー下部をボディと同色に塗装し、その下に実績のある完璧な自社製4本出しエキゾーストシステムを装着することで、BMWのフェイスリフトデザイン要素を巧みに隠している。4本出しのエキゾーストシステムは、控えめなサウンドスケープを奏でる。

新しいコックピットには、一風変わった操作ロジックが搭載されている。

「B3ツーリング」は、インテリアにも独自の足跡を残している: 新型「B3」には、現行「BMW 3シリーズ」のワイドなフェイスリフトディスプレイが採用されているが、よく見れば、独自のメニューグラフィックや、特にセンタートンネルには、モデルアップデート以前からのBMWのギアノブが採用されている。

インフォテインメントには慣れが必要

これは、アルピナの顧客が目に見えるギアセレクターを高く評価しているため、意図的に以前の状態に戻したのだと聞いた。新しいインフォテインメントには慣れが必要だが、少し探せば、使い慣れた操作ロジックを見つけることができる。解像度とディスプレイは、すぐに私たちを満足させてくれる。

「B3ツーリング」の乾燥重量は、様々なチューニングにもかかわらず、1,846kgという軽量で仕上げられている。これは称賛に値する。

優れた直列6気筒エンジンに目立たないプラスチックカバー – 現在は495馬力。

次は燃費だ。アルピナは100kmあたり10.1リッター(リッターあたり9.9km)、実用テストでは11.3リッター(リッターあたり8.8km)と公表しているが、これは市街地、陸路走行、高速道路でのフルスロットルで構成されている。

最後に、「B3ツーリング」はローテンブルクのテストコースに持ち込まれ、縦方向の動力性能の高さを見せつけられた。驚いたことに、0から100km/hまでのスプリントは、工場出荷時の規定である3.7秒を正確に達成している。

200km/hには12.6秒という立派なタイムで到達し、「B3」はマイナス加速にも弱さを見せない。追加料金で利用できる高性能ブレーキシステムは、気温が上昇するにつれてさらに良くなり、32.1メートルという温かみのある数値が最高値だ。

結論:
間違いなく、「アルピナB3」のエステートバージョンは、洗練されたマインドのための「M3ツーリング」だ。機敏に見せるためのMスポーツのギミックは必要ない。控えめでエレガントな「B3」は、純正値に近い。

Text: Alexander Bernt
Photo: Caroline Jüngling / Auto Bild