【このバイクなんぼ?】70年代のカルト自動二輪 スズキGS1000 このクールなバイクがこの値段ならお買い得?

794
- Advertisement -

スズキGS1000 “ウェス・クーリー” on eBay. このスズキのカフェレーサーは、超クールなヨシムラレプリカ。1980年に製造されたこの90馬力のスズキGS1000は、ウェス クーリーのワークホース風にデザインされている。そしてクーリーはヨシムラのレーサーだった!

吉村”ポップ”秀雄という名前は、ポルシェファンの間で中井 章という名前が知られているのと同じように、日本の二輪車シーンでよく知られている。バイクのチューナーであり、バイクビルダーであり、レーシングチームの運営者でもあった。

なぜこのような紹介をするのか?なぜなら、この1980年製の「スズキGS1000」がeBayで売りに出されているからだ。しかも、このマシンはクラシックなカフェレーサースタイルで、めちゃくちゃクールに見えるだけではない。オーナーは明らかにウェス クーリーのレーシングマシンのレプリカを作ったのだ。ウェス クーリーはヨシムラで活躍したアメリカのスーパーバイクレーサーだ。

このスズキは、クラシックなカフェレーサースタイルで、まず目を引く。

広告の内容は、このスズキについて次のようなものである

広告の記述によると、オーナーは引っ越しとそれに伴う小さなガレージへの変更のため、スズキを譲るとある。マシンの登録証明書がある。

この日本製マシンは大掛かりに改造され、近年はヒストリックレースで時々使用されていたようだ。レーシングチェーン、改良ピストン、強化クラッチスプリング、シャープなカムシャフト、オープンフィルター、新品バッテリー、ヨシムラ製エキゾーストなどの改造が施されている。

値札には5,900ユーロ(約90万円)とある。この価格ならなんとかなりそうだ。

オーナーは、700ユーロ(約10万円)でeナンバー付きのジャマ製エキゾーストシステムを追加してくれるそうだ。ホイールやスイングアームなどのオリジナルパーツも追加されるだろう。

技術的なコンディションについて、売り手は、スズキはトップで走るはずだとだけ書いている。価格は5,900ユーロ(約90万円)。

登録も問題なくできるはずだ。ナンバープレートホルダーも付いている。

スズキGS1000について知っておくべきこと

「GS1000」が市場に登場した1970年代末、スズキは成功を切望していた。ホンダ、カワサキ、ヤマハとの競争は激しく、性能も拮抗していた。スズキの「GS400」と「GS750」はよく売れたが、大きなヒットではなかった。

そこでスズキは、「GS750」をベースに燃焼室を拡大し、パワーを90馬力に高めた「GS1000」を発表した。これにより、極めてスポーティなパフォーマンスが約束された。車両重量は増加せず、扱いやすい233kgにとどまった。

「GS1000」が200km/hを超えても落ち着きを失わないように、シャシーも改良された。

優れたセットアップにより、当時としては特筆すべき直進安定性と、非常に良好なコーナリング安定性が確保された。

しかし、愛好家によれば、「GS1000」の真の強みは、(そして今も)その模範的な信頼性にあった。この日本製バイクは、10万km以上の走行距離を、まるで世界で最も普通のことのように記録することができるのだ。

Text: Lars Hänsch-Petersen
Photo: AUTO BILD Montage eBay/24111959