【クラシック オブ ザ デイ】伝説のイエローバード ポルシェやランボより速かった当時の世界最速車 ルーフCTR 1物語

1324
- Advertisement -

1987年、”イエローバード”は世界最速だった。ルーフCTR 1は、かつてポルシェやランボルギーニよりも速かったことから伝説となっている。1987年当時の世界最速のクルマが、本日のクラシック オブ ザ デイだ!

「ルーフCTR 1」は当時世界最速のマシンだった。「CTR」とはグループC、ツインターボ、ルーフの略。1987年に登場すると、イギリスの雑誌『Road & Track』によるスーパースポーツカー比較で、「ポルシェ959」、「ランボルギーニ カウンタック」、「フェラーリ テスタロッサ」を打ち負かした。

最高速度339km/hは、(そして今も)印象的な成果だった! しかし、「イエローバード」と命名されたこのスーパースポーツカーは、極めて無邪気な姿をしている。

もちろん、「ポルシェ911」をベースにした「CTR 1」には空冷6気筒ボクサーエンジンが搭載されている。「CTR 1」のエンジンは、3.4リッターの排気量から469馬力という強大なパワーを発生する。最大トルクは553Nm(@5100rpm)。

ルーフCTR 1は、リアに搭載された3.4リッター・ボクサーから469馬力の大出力を得ている。

ルーフCTR 1の200km/h加速は10.5秒

これを可能にするのが、最大ブースト圧1.1バールのKKK製ターボチャージャー2基だ。インタークーラーは言うまでもない。燃料噴射と点火はボッシュモトロニックが担当する。「CTR 1」は、停止状態から100km/hまで4.2秒、0から200 km/hまでのスプリントは10.5秒で駆け抜けた。

軽量:CTR 1の車重は1150キロ。中身はピュアなモータースポーツ。

テストドライバーのシュテファン ローザーがニュルブルクリンクのノルトシュライフェ(北コース、通称「緑の地獄」)をドリフトする、ルーフが公開したプロモーションビデオで、「CTR 1」はついにカルト的な人気を獲得した。AUTO BILD SPORTSCARS誌は、「CTR 1」とその兄弟車に搭載された爆発的なパフォーマンスを説明するために、2008年にルーフの「CTR」シリーズに関する記事のタイトルを「Scream if you can」とした!

イエローバードで感じるモータースポーツ

「CTR 1」は一貫して軽量化されている。ボンネット、フロントウイング、ドアはアルミニウム製。インテリアは必要最低限のものだけに完全に絞り込まれている。バケットシートと4点式シートベルトにより、運転席と助手席は横方向の加速に耐えられる。リアシートベンチも断熱材もない。エキゾーストにも熱交換器がないため、室内に暖房はなく、窓が曇らないようにパーキングヒーターがあるだけだ。

29台製造、価格不明

「CTR 1」の現在の価格については推測するしかない。ルーフのシャシーナンバーで29台が製造され、現存するのが何台かも不明だ。顧客車両もあるが、実質的には非売品である。もし売りに出されていたとしても、とんでもない金額だ。後継の「CTR 2」でさえ、今や価格は50万ユーロ(約7,900万円)をはるかに超えている!

Text: Lars Hänsch-Petersen
Photo: Bernd Hanselmann