新型「シボレー コルベット Z06」はレーシングマシン「C8.R」の最先端テクノロジーを搭載して日本上陸

377
- Advertisement -

ゼネラルモーターズ・ジャパンは、コルベット史上初のミッドシップレイアウトを採用し、世界を魅了した「シボレー コルベット」の高性能スペシャルモデルとして、レーシングカー「C8.R」をベースに開発された「シボレー コルベット Z06(ズィー・オー・シックス)」を発表。

日本仕様は右ハンドル採用、限定台数を抽選販売

コルベット初の右ハンドル車として好評を得ている現行の「コルベット」と同様に、新型「コルベット Z06」も右ハンドルでの導入となる。今回発表する日本導入モデルは、力強さを強調するブラックのボディカラーと、洗練された印象を与えるアドレナリンレッドのインテリアカラーを採用。予定価格(税込)は25,000,000円。販売台数が僅少のため抽選販売を予定しており、正式な販売台数や抽選方法については、改めて今夏に発表される。

新型「コルベット Z06」も右ハンドルでの導入となる。

新型5.5リッター DOHC V型8気筒エンジン「LT6」を搭載

新型「コルベット Z06」はサーキット走行を前提としたパフォーマンスモデルとして設計・開発され、その心臓部には、市販V8自然吸気エンジンとしては最高の出力680馬力(アメリカ本国仕様)を誇る、新型5.5リッター DOHC V型8気筒エンジン「LT6」が搭載され、最もパワフルな「コルベット Z06」となった。

軽量なフラットプレーンクランクシャフトを採用し、高回転まで回すことで475kW/646PS(日本仕様)という並みはずれたパワーを実現。8,600rpmのレッドゾーン、フルレーシングスタイルのドライサンプオイルシステム、入念にチューニングされた吸気/排気システム、独特のエンジンサウンドなど、サーキット走行に特化した性能のあらゆる面を補完するように設計され、全く新しいエモーショナルなキャラクターを放つ。

レースで得られた知見と経験を具現化

「コルベット Z06」は、レーシングカー「C8.R」をベースとしている。全幅は「コルベット クーペ」よりも85mm拡大(日本仕様比)し、345mm幅のワイドリアタイヤを装備。左右2つのラジエーターに空気を送り込むサイドエアベントからのエアフローも増大させ、「コルベットZ06」専用に開発されたフロントフェイシアからは3つのフロントラジエーターに効率的に空気を配分し、冷却性能を飛躍的に向上させている。

また、レーストラック高速走行時の安定性とコーナリング性能を向上させるため、調整可能なウィッカービルを備えた、ユニークかつ再構成可能なリアスポイラーを標準装備。時速186マイル(約300km/h)で362ポンド(約164kg)のダウンフォースを得る。装着されているフロント20インチ、リア21インチの「スパイダー・デザイン」(ブラック)鍛造アルミホイールはコルベット市販モデルで最大だ。

フロントはZ06用20インチホイールとブレンボ製キャリパー、ローターを装備。

高いパフォーマンス特性を発揮するために施されたチューニングとして、マグネティック・セレクティブ・ライド・コントロール4.0や、フロント14.6インチ径(370mm)/ リア15インチ径(380mm)のブレンボ®製ブレーキローターとフロント6ポットのキャリパーが装備される。

コルベット Z06の歴史

「Z06」は、1963年にレース用に設定されたトラックパフォーマンスパッケージのオプションコードとして使用されたのが起源で、コルベットの第五世代(C5)で「Z06」名を付けた高性能スペシャルモデルが誕生し、その後C6、C7、そしてミッドシップモデルとなった現在のC8まで綿々と引き継がれてきた。

Text:アウトビルトジャパン
Photo:ゼネラルモーターズ・ジャパン