Forza Ferrari! フェラーリ296 GT3 ニュルブルクリンク24時間レースを制す フリッカデッリがノルトシュライフェの女王に勝利を捧げる

555
- Advertisement -

ニュルブルクリンク24時間レース2023: Frikadelli-Ferrari(フリッカデッリ フェラーリ) 、ノルトシュライフェの女王に勝利を捧げる。優勝したフリッカデッリレーシングチームのボス、クラウス アッベレンは、亡くなったパートナーのサビーネ シュミッツを偲ぶ。

“サビーネにも同じことをした”

ニュルブルクリンク24時間レースで感動的なダブルプレミア: フリッカデッリレーシングチームは、「アイフェル マラソン」で初優勝し、フェラーリに耐久レースでの初成功をもたらした。「緑の地獄=ニュルブルクリンクサーキット北コース ノルトシュライフェ」を24時間走り抜けた後、イギリス人のデビッド ピタードが、新型「フェラーリ296 GT3」を操縦し、1位でフィニッシュラインを通過した。

他の3人の相棒レーサー、アール バンバー、ニック キャッツバーグ、フェリペ フェルナンデスとともに、距離記録も樹立した: 1970年の初開催以来、優勝チームが162周を走破したことは一度もない。4,085.858kmの走行後、フリッカデリ フェラーリは、#98 Rowe-BMWに26.911秒差をつけてフィニッシュした。これまでの記録は2014年と2022年の159周、4,035.102kmだった。

サビーネ シュミッツのフリッカデッリレーシング勝利!

ニュルブルクリンク24hで優勝したフリッカデッリ フェラーリ。
Photo: Gruppe C Photography

「今は血圧が少し高いかもしれませんが、もちろん今はとても良い気分です。今夜はケルシュで乾杯しようと思います」と、フリッカデッリレーシングのチームオーナーであるクラウス アッベレンはレース後に語った。2021年に癌で亡くなったノルドシュライフェの女王、サビーネ シュミッツの生涯のパートナーであるアッベレンは、特に感情を高めている。「私たちはサビーネのためにもやったんだ」と彼は強調する。「彼女は上から見守り、また助けてくれました」。シュミッツは、ニュルブルクリンク24時間レースで優勝した、今のところ唯一の女性である。

パイロットのフェルナンデス レーザーもまた、ほとんど言葉を失っている。「これは私にとって初めての本当に大きな成功です。サビーネ シュミッツが天から助けてくれた。親愛なるクラウスのためにも、とてもうれしいです」。

チームメイトのニック キャッツバーグにとっては、2020年以来、2度目の勝利となる。アール バンバーにとっては、リンクでの初勝利だ。しかし、ニュージーランド出身の彼は、すでにル・マン24時間耐久レースで2回、スパ24時間レースで1回優勝している。

2位を獲得したロウBMW

98号車のロウBMW(Rowe-BMW)では、マルコ ヴィットマンとシェルドン ヴァン デル リンデが、2021年に続き「アイフェル マラソン」で2位を獲得した。今回は、2022年にアウディで優勝したマキシム マルタンとドリース ヴァントールが彼らをサポートした。表彰台は、メルセデスAMGチームビルシュタインの#4のラファエレ マルチェッロ、ルカ シュトルツ、フィリップ エリスが獲得した。

Rowe BMW #98のマルコ・ウィットマンとシェルドン・ファン・デル・リンデは、2021年に続き「アイフェル・マラソン」で2位を獲得した。
Photo: Gruppe C Photography

優勝候補が早々にリタイアした波乱の夜

この夜もまた、多くのサプライズが用意されていた。
Photo: Gruppe C Photography

レース中盤までは、見応えのあるデュエルが何度か見られたが、日が暮れても、まず大きな事件はほとんど起きなかった。ノルドシュライフェ周辺には、バーベキューの匂いや音楽、ハッツェンバッハ、ブリュンヘン、シュヴァルベンシュヴァンツといった人気スポットでの奇抜なセッティングで、多くのファンが素晴らしい雰囲気を作り出していた。

早朝、いくつかの優勝者が短時間のうちにレースを去るという出来事があった。例えば、1号車と5号車の2台のシェラーPHXアウディは、オイルコースでほぼ同時にスピンしてコースアウト、16号車の姉妹車は4分36秒のタイムペナルティを科せられ、合計3回のフラッグペナルティで大きく後退した。

マンタイ ポルシェの911号車は、序盤のパンクの後、問題を抱えたままリタイアした。メルセデスAMGは、フロントロウからスタートしたマロ エンゲルの#3が早々にリタイアした。

ニュルブルクリンク24時間フォトギャラリー

2023年ニュルブルクリンク24h: フリッカデッリ フェラーリが優勝。ニュルブルクリンク24時間レースで、フリッカデッリレーシングがフェラーリ296 GT3で今年の優勝を飾った。ROWEレーシング(BMW)とHRT(メルセデスAMG)が表彰台に上った。
Bild: Patrick Funk
2位はROWEレーシングのBMW M4 GT3。
Photo: Patrick Funk
ポールポジションからスタートしたHRTメルセデス#4だったが、レースでは速さが足らず3位。
Photo: Patrick Funk
ベストアウディであるランドモータースポーツのアウディR8 LMSは6位でフィニッシュした。
Photo: Patrick Funk

ニュルブルクリンク24時間耐久レース最終順位(トップ10)
1位: フリッカデッリレーシング(フェラーリ296 GT3)
2位: ROWEレーシング(BMW M4 GT3)
3位: Hauptレーシングチーム(メルセデスAMG GT3)
4位: GetSpeedパフォーマンス(メルセデスAMG GT3)
5位: ルトロニック レーシング(ポルシェ911 GT3 R)
6位: ランドモータースポーツ(アウディR8 LMS)
7位: ヴォッケンスピーゲル チームモンシャウ(フェラーリ296 GT3)
8位: ハウプト レーシングチーム(メルセデスAMG GT3)
9位: アプト スポーツライン(ランボルギーニ ウラカンGT3)
10位: ファルケン モータースポーツ(ポルシェ911 GT3 R)

2023年のニュルブルクリンク24時間耐久レースがおこなわれた週末には、延べ235,000人の観客が訪れ、耐久クラシックを観戦した。第52回ニュルブルクリンク24hは、2024年5月9日から12日まで開催される予定だ。

Text: ABMS, Sönke Brederlow and Bianca Garloff