【このクルマなんぼ?】プラスチックボディのクラシックモデルは安いのか? 歴史的なプラスチック車×7台を紹介!

1097
- Advertisement -

これらのプラスチック製ボディのクラシックカーは安く購入できる。特に歴史的なプラスチック車の希少性は高いが、幸いなことに、価格についてはその逆が多い。ドイツのクラシックカーのモデルのような例外もあるが・・・。

プラスチックボディの量産車は、アメリカで初めて作られた。ドイツのDKW(デー カー ヴェー)社は、第二次世界大戦前にすでにフェノールを含浸させたプレスボードを使ったボディをテストしていた。しかし、1952年から、かなりの台数が販売されたのは、アメリカのロードスター、ウッディル ワイルドファイアだけであった。グラスファイバーのボディを備えていた。

プラスチック時代の他のパイオニアは、カイザー ダリン(1953年)と、アメリカで最も成功したスポーツカーとして最も注目されているコルベットである。「プラスチック車のエキゾチックな割合は高い」と、市場観察会社「クラシック データ」のマリウス ブルーネは言う。

多くのプラスチック製オールディーズカーは生き残っていない

近年、多くのクラシックカー愛好家がメインストリーム以外のモデルに目を向けているが、そんな中でも、プラスチック製のクラシックカーの多くは、手頃な価格を維持していると、彼は言う。例えば、イギリスのリライアント シミターGTE(Reliant Scimitar GTE)は、レーシーなシューティングブレークのボディとレンチに優しいフォードV6テクノロジーの組み合わせが、1万ユーロ(約150万円)以下で手に入るのだ。

市場分析: プラスチック製クラッシック

ポルシェ カレラGTS
コンディション2のポルシェ カレラGTS(1963-64年)については、少なくとも140万ユーロ(約2億1千万円)は必要だ。「904」の略称でも知られるポルシェのレーシングスポーツカーは、ガラス繊維強化ポリエステル樹脂製のボディを持ち、シュパイヤーのハインケル社によって、わずか116台しか製造されなかった。このため、軽量(570kg~)で、市場分析ではプラスチック製のクラシックの中で最も高価なものとなっている。
Photo: RM Auction
トラバント1.1
最安値: 今でも人気の高いトラバントは長い間、タダで手に入るものではなかった。ブリキのボンネットに40馬力の4ストロークVWエンジンを搭載した愛着のない後期型でも、購入希望者は3,500ユーロ(約52万円)を支払わなければならない。しかし、それでも2ストロークの先代モデルより700ユーロ(約10万円)も安い。
Photo: Thomas Starck
スチュードベーカー アヴァンティ
アメリカンエキゾチック、値上がり傾向: もっとも有名なアメリカ人デザイナーの一人であるレイモンド ローウィ(Raymond Loewy)の指揮のもとでスタイリングされたプラスチック製クーペは、アメリカのレア物愛好家の間でますます関心を集めている。自然吸気エンジンの240馬力バージョンは、289馬力のスーパーチャージドバリアントより数千ユーロ(数十万円)低い価格で取引されている。そして、そのトレンドはまだわずかに上昇し続けている。
Photo: AUTO BILD Montage
マトラ シムカ バゲーラ
シムカのテクノロジーを搭載したくさび形の3シーターは、品質上の欠陥により、1975年に、ADAC「シルバーレモン」ネガティブ賞を受賞した。「レモン」は今でも手頃な価格で手に入る。70年代の風変わりなクーペをお探しの方は、価値が上がっているにもかかわらず、リーズナブルな価格で見つけることができる。興味のある方は、フランスで見つけることができる可能性が高い。
Photo: AUTO BILD Montage
ロータス エラン ロードスター
S4(ドーム型ボンネットになり、ダッシュボードが改良された)は、より手頃な価格の「エラン」バージョンの1つで、その市場価値は先代の「S1」や「S2」よりも10%低くなっている。最近では、ロータスの伝説的なツインカム4気筒を搭載したプラスチック製の2シーターの価格が下がり続けている。クラシック データは、今後も価格はわずかに下落すると考えている。理由は、ファンのコミュニティが小さく、関心が新しいモデルに移っているためだ。
Photo: AUTO BILD Montage
ギルバーン インベーダー
安いエントリープライスのインサイダー情報: 英ウェールズの小型シリーズメーカー、ギルバーン製のクーペは、当時(高すぎる)価格に苦しみ、会社を債務超過に追い込んだ。3ドアのスポーツエステートを含め、603台が生産され、その知名度の低さから安価であるが、英国以外ではほとんど見かけないものである。
Photo: AUTO BILD Montage
コルベットC1
1953年、コルベットの最初のモデルがフリント/ミシガン州で製造された。1954年、生産はセントルイス/ミズーリ州に移った。2010年代初めの誇大広告によって、価格が14万ユーロ(約2,100万円)まで上昇した後、プラスチック製ロードスターは以前の水準まで暴落した。現在は下落幅が縮小している。
Photo: AUTO BILD Montage

フランスのバンのパイオニア、「ルノー エスパス(1984年製)」も、コンディション3で6,000ユーロ(約90万円)からと、決して安くはないが、その「生存率」の低さから、入手が非常に困難である。ドイツ初のGRP車、経済の奇跡のミゼット、「ヴィクトリア スパッツ(1956-58年、コンディション2で17,300ユーロ=約260万円、コンディション3で11,400ユーロ=約170万円)を熱望する人は、長い時間をかけて探す覚悟が必要となる。

トラビーの価格は高騰している

旧東ドイツのプラスチック製の有名車、トラビー(トラバント)は特に手に入りやすい。しかし、かつて不人気だったドイツ民主共和国の小型車の価格は急上昇しており、コレクターズコンディションの2ストローク車601台は、現在7,000ユーロ(約105万円)近い価格で取引されている。1980年代半ばに8,500マルク(約64万円)で売られていた車としては、悪くない。しかし、ドイツ民主共和国のマルクだ!

ポロエンジンを搭載したトラバント1.1は、主にステーションワゴンとして納車され、セダンは半分以下だった。
Photo: Autohaus am Rhein

見かけの矛盾: 1990年以降、フォルクスワーゲンとの提携により、ドイツ民主共和国の伝説の生産が終了する前の最後のモデルバリエーションである、「ポロ4ストローク」搭載のトラビーの「1.1」は、目に見えて需要が少なく、38,000台以上製造されたにもかかわらず、現在も存在するのは1,000台強に過ぎない。しかし、「1.1」は、数百万台が製造され、4万台近くがまだ道路を走っている2ストローク車よりも、平均3,500ユーロ(約52万円)も安く買うことができるのだ。

Text: Martin Puthz