【ニューモデルアップデート情報】新型BMW i5 ティザー画像で観る新型5シリーズのフロントマスク&光るキドニーグリル

597
- Advertisement -

新型BMW 5シリーズ(G60)には、電気自動車バージョンの「i5」も登場する予定だが、新しいティーザー画像ではイルミネーションキドニーグリルを備えているのが見える!

「BMW 5シリーズ G60」の発表まであとわずかとなった。「i5」は、2023年5月24日にワールドプレミアを迎える予定だ。今回公開されたティーザーでは、「5シリーズ」と「i5」の登場が予告されている。

おそらく最も印象的な特徴は、BMWがInstagramで公開した短いティーザー動画が示すように、新型7シリーズと同様に、「i5」はキドニーグリルを照らしながら走り出すことだろう。ただし、電気自動車はそれほど多くの空気の流れを必要としないため、少なくとも「i5」では、これはクローズドグリルとなる可能性が高い。

残念ながら、具体的なテクニカルデータはまだ公表されていない。しかしBMWは、「i5」が先進の第5世代eDriveテクノロジーに依存していることは明らかにしている。

500kmを超える航続距離

これは、「iX3」で初めて採用され、その後、「i4」、「i7」、「iX」に採用されてきた新しい世代の駆動システムだ。Mエクステリアミラーを装着したプロトタイプがすでに写真で確認できるように、少なくとも400kW(544馬力)を発揮するスポーティなMバージョンの登場は、おそらく間違いないだろう。

「BMW i5」に搭載される最新のバッテリーテクノロジーは、氷点下の気温でも、長い航続距離と短い充電時間を可能にするはずだ。AUTO BILDは、「i5」の航続距離は500kmを大きく上回ると想定している。

これは、「i5」が特別な電気プラットフォーム(これはNew Classにのみ導入される)ではなく、改良型CLARプラットフォームをベースにしていることに起因している。インテリアでは、「iX」に似たシンプルなデザインと、カーブドディスプレイを備えたワイドスクリーンコックピットを含むBMWオペレーティングシステム8.5が予想される。

インスタグラム動画はこちら

Text: Jan Götze
Photo: AUTO BILD