新型BMW 4シリーズがやってくる BMWのスポーツクーペはどこが変わるのか?

1555
- Advertisement -

BMWは4シリーズにカーブドディスプレイを施したばかりだが、3シリーズに続く4シリーズスポーツクーペのアップデートでどこが変わるのか?

BMW通の間では、LCIという略語がよく知られている。「Life-Cycle Impulse」と呼ばれるこの略語は、バイエルンのメーカーが生産期間の途中で、モデルを大幅に更新することを意味する。昨年、ミュンヘンのエンジニアたちは「3シリーズ」をアップデートしたばかりだが、今度は「4シリーズ」の番であることが、ウェブ上の「Erlkönigの写真(motor1の写真など)」から、うかがえる。

巨大なキドニーグリルはそのままに、新しいライトのグラフィックを追加

時間的なオフセットは、結局のところ、2020年の「4シリーズ」モデルは、「3シリーズ」の約1年後に導入されたことからすれば、理にかなっている。事前にひとつだけ言っておくと、当初は非常に物議を醸した巨大なキドニーグリルは特徴的な機能として、新型「4シリーズ」にも継承される予定だ。

「3シリーズ」と同様に、ライトはわずかに変更され、LEDヘッドライトは新しい光のグラフィックを取得する。さらに、BMWはバンパーをわずかに修正するようで、サイドエアインテークがリデザインされる可能性が高い。

カーブドディスプレイはすでに導入されている

バイエルンのメーカーが「4シリーズ」に「カーブドディスプレイ」を導入したのはつい最近のことなので、インテリアにはほとんどサプライズはないだろう。また、最新のOS 8が採用されている。しかし、新型「X1」や「2シリーズ アクティブツアラー」とは異なり、「4シリーズ」にはクラシックな回転式プッシュダイヤルが残されている。オートマチックトランスミッションのセレクターレバーは、より小型で控えめなギアシフトロッカーに変更されている。

予想通り、ボンネットの下には大きな変化はない。フェイスリフトでも、おそらく「420i」以下のエンジンモデルは登場せず、プラグインハイブリッドも予定されていないようだ。

つまり、「420i」の184馬力、「M4コンペティション」の最大510馬力の4気筒と6気筒のガソリンエンジンが引き続き採用され、「CSL」バージョンも改訂されないことになる。3種類のディーゼルエンジンバリエーションは、48ボルトのマイルドハイブリッドを搭載し、出力は190馬力から340馬力となる。

価格は若干の値上げの可能性あり

クーペとコンバーチブルに加え、「4シリーズ グランクーペ」と電動「i4」もアップデートされるが、これにはもう少し時間がかかると思われる。そして、「4シリーズ」のフェイスリフトは2023年末に発表され、最初のモデルが市場に登場するのは2024年初頭となるはずだ。そして価格は?まだ何もわかっていないが、若干の値上げがあるはずだ。現在、「4シリーズ」は51,000ユーロ(約755万円)から、エントリーレベルのディーゼルは53,500ユーロ(約792万円)からとなっている。「M4」は93,400ユーロ(約1,383万円)のベースプライスで、ディーラーで販売されている。

Text: Sebastian Friemel
Photo: Bernhard Reichel