初テスト 新型メルセデスAMG GLE63 S 4MATIC+ その評価は?

151

メルセデスAMG GLE63 S 4MATIC+の圧倒的なツインターボパワーをテスト

ツインターボパワーのGLE 63Sを初テストする。
AMGはメルセデスGLEにV8ツインターボを移植し、シャシーをさらにシャープにした。その結果、極めてスポーティなSUVであるGLE63 Sが誕生した。

63という数字は、AMGの非常にパワフルなスポーツエンジンの代名詞であり、自動車ファンにとって特別な意味を持っている。以前にはその数字は6.2リッターV8を意味していた。(それが300SEL 6.3という圧倒的存在のアイコンのような車を発端としていることは、自動車マニアのあなたには釈迦に説法であろう)。もちろん今回のモデルは4リッターの排気量に過ぎないがそれでも、ボンネットの下には爆発的なパワーを備えた本物のパワーユニットが収まっている。
普通のメルセデスもそうだが、実際の排気量と、グレードを示す数字とがまったく比例しないネーミングに関しては、私のような古い人間にはどうしても馴染めないし、解説書なしには、いったい自分が運転している車が何リッターなのかわからないまま、で大いに困るのだが。
さて今回のメルセデスAMG GLE63 S 4MATIC+は、ツインターボによって、612馬力の出力と850Nmのトルクで四輪を強烈に駆動する。加えて、マイルドハイブリッドスタータージェネレーターが備わっており、V8に22馬力(16キロワット)と250Nmを提供する。

AMG GLE63 Sはいとも簡単にスポーツカーを凌駕する

新旧の駆動システムが見事にシンクロしていて、2345キログラムのSUVを、ゼロから時速100キロまで3.8秒という驚異的な速さで到達させる。最高時速280キロ。
GLE63 Sの横方向のダイナミックなポテンシャルはさらに驚くべきもので、コーナーを勢いよく駆け抜け、運転する喜びを感じさせてくれる。
全長4.95メートル、ホイールベース2.99メートルのGLEが、あらゆる方向に貪欲に突っ走る姿は、クラスリーダーのポルシェ カイエンに迫るものがある。
狭くても広くても、カーブや蛇行がパワーSUVを怖がらせることはない、操舵可能なリアアクスルのような補助機能なしに、最適化されたウィッシュボーンとレバーを兼ね備えている。
さらに、フロントアクスルには新しいアクティブキネマティクスコントロールシステムがあり、サブフレームにはラバーマウントがなく、インテグラルビームヘッドランプはボディに直接接続されている。

シャシー調整には多くのニュアンスがある

「ノーマル」から「スポーツプラス」までのドライビングモードは、メルセデスAMG GLE 63 Sを事前調整して、悪路でも害を与えないようにしている。可変ダンパーと組み合わせたエアサスペンションのメリットだ。「レース」モードでのみ、予想通りのガッチリとしたハードな走りになる。
ボディは旧型より10ミリ低くなっている。
舗装道路の先の悪路では、「トレイル」と「サンド」のドライビングプログラムが役立つ。そこでは、SUVは上方向に55mm支柱をストレッチし、時速70km/hに達するとボディは元の車高に戻る。
そして、「Über-GLE」はドライブだけでなく、できるだけお金を節約することにも役立っている。のんびりと乗っていれば、V8は1000回転から3250回転の間では4気筒になり、平均消費量は約8.7km/ℓになる。絶対的には決して優れた数値とはいえないかもしれないが、性能と重さを考えればまあそんなもの、だろう。

そのシャシーはGLE63 Sを十分に快適なスポーツカーにしている。本当にタフな「レース」モードを除いて。

インテリアは他のメルセデスGLEとほとんど変わらない

もちろん、MBUXインフォテイメントシステムが搭載されており、2つの10.25インチスクリーンでドライバーがすべてを見渡せるようになっている。
スーパースポーツビューでは、パワー、トルク、縦方向と横方向の加速度のほか、エンジンオイルとトランスミッションオイルの温度などの情報がドライバーに提供される。
快適なスポーツシート、優れたリバース自動変速機能、数々のアシスタンスシステムが好評だ。
だがいくつかの基本的な操作系やナビに関しては、決して使いやすいというものではないことも確かではある。そういう部分はAMGだろうが、普通のメルセデスと共通なので、使いにくいことに変わりはない。
また残念ながら、この優れたSUVは、135,541ユーロ(約1,626万円)以上の費用を覚悟しておかないと手に入れられないし、さらにオプションも選択し諸費用を合計すると、2000万円ほどになってしまうことも事実である。
そしてそれだけの金額を出す覚悟があるのであれば、他に星の数ほど存在する魅力的なSUVを購入することが出来よう。もちろんAMGというブランドネームと、圧倒的なパワーは魅力的ではあるが、落ち着いて周りを見回すと、そこにはほとんどすべてのメーカーのSUVが、それぞれの特色と魅力をもって並んでいる。
どうしてもAMGが欲しいという人に反対する気持ちは毛頭ない。だがAMGだけが圧倒的に優れ、ディスティンクティブで魅力的な自動車かと言われると、(特にこの価格を知ってしまうと)即答に困るのである。
マカンも、カイエンも、レンジローバー(含むスポーツ)も、X5(Mバージョンにも手が届こう)だって、マセラティだって、それぞれに魅力的なのだから。多くの、というよりもほとんどすべてのメーカーがSUVを数えきれないほどラインナップしている現実というのは、つまりそういう悩みをも消費者に与えているということなのである。

AMGは、メルセデスGLEに4リッター8気筒ツインターボを移植し、シャシーをシャープにした。その結果、GLE63 Sは、ポルシェ カイエンにも匹敵する極めてスポーティなSUVとなった。

マジックナンバー63は、AMGの非常にパワフルなスポーツエンジンの代名詞であり、クルマのファンにとっては特別な意味を持っている。以前にはその数字は6.2リッターV8を意味していた。
それが300SEL 6.3という圧倒的存在のアイコンのような車を発端としている。しかし今回のモデルは6.3リッターではなく、4リッターの排気量に過ぎないが、それでもボンネットの下には612馬力+850Nmという爆発的なパワーを備えた本物のパワーユニットが収まっている。

新旧の駆動システムが見事に調和し、2345kgのSUVをゼロから時速100キロまで、3.8秒で加速する。
GLE 63 Sは、コーナーを勢いよく回り、運転するのが本当に楽しいスポーティなSUVだ。クラストップのポルシェ カイエンに迫るものがある。ただし価格もほとんど同じであることだけは忘れてはならない。
「ノーマル」から「スポーツプラス」までの運転モードは、可変ダンパーと組み合わせたエアサスペンションのメリットで、メルセデスAMG GLE 63 Sを事前調整して、悪路でも優れて機能する。
「トレイル」と「サンド」のドライビングプログラムは、未舗装の条件の厳しい場所で真価をはっきする。SUVのグラウンドクリアランスは55mmアップし、時速70km/hになるとボディは元の位置に戻るようにできている。
V8ユニットは1000~3250rpmの間では4気筒になり、平均燃費は約8.7km/ℓまで向上する。決して良いとは言えないが、まあ性能と2.4トンの車重を考慮すれば、そんなものだろう。

テクニカルデータ: メルセデスAMG GLE 63 S 4MATIC+
• エンジン: V8ツインターボ • 排気量: 3982cc • 最高出力: 612PS@5750~6500pm • 最大トルク: 850Nm@2500~4500rpm • 駆動方式: 全輪駆動、AMG製9速AT • 最高速度: 280km/h • 0-100km/h加速: 3.8秒 • 全長×全幅×全高: 4954×2018×1782 mm • 乾燥重量: 2345kg • 最大積載量: 700kg • ラゲッジコンパートメント容量: 630~1380リットル • 価格: 135,541ユーロ(約1,626万円)より

Text: Wolfgang Gomoll
加筆:大林晃平
Photo: Daimler AG