【動画付き】面白ネタ ランボルギーニ少年の夢やぶれる 5歳児がSUVを運転して「ランボ」を買いに!

605

5歳のドライバーは、警察の質問に、「ランボルギーニを買いに行くところ」と答えた

警察に停められたSUVを運転していたのはなんと5歳のドライバーだった。自宅のSUVを持ち出して一路カリフォルニアへ。彼の頭の中にはランボのことしかなかった。

5歳の男の子が自宅のファミリーカーの鍵を手に入れ、自分で運転して高速道路に向かった。彼の目的は街へ行ってランボルギーニを購入すること。彼は自分のポケットマネーも持っていた。たったの3ドルだったが。

惨事を巻き起こしていたかもしれない大きな夢を持つ少年

米国ユタ州で、5歳の子供が両親の車のキーをつかみ、自家用車のSUVに乗って、カリフォルニアに向けて出発した。ユタ州のソルトレイクシティからカリフォルニアのロスアンジェルスまで1,100km以上もある!

そんな少年は明確な目標を念頭に置いていた。カリフォルニアでランボルギーニを購入したかったのだ。彼の両親は以前、彼のこの願いを聞いて、もちろん否定していた。だが、少年はどうしてもあきらめきれず、待望のスーパースポーツカーを自分自身で取得することを決意、高速道路に乗った。彼はそのためのお金も持っていた。彼のズボンのポケットの中には自分のお金3ドル(約330円)が入っていた。彼は大きな夢の実現を夢見ながら運転していた。しかし、彼ほどの賢い未就学児でさえも、高速道路に警察官がいることは計算に入っていなかったようだ。ユタハイウェイパトロールの警官が、高速道路の制限速度をはるかに下回る48km/h(それでも50km近い)の奇妙にふらついているSUVに気付いたとき、彼らは実はスピード違反の車を追っていたのだった。青と赤のライトを点滅させ、サイレンを鳴らしながら、警察官はSUVの運転手に停止するように告げた。SUVドライバーは、ほぼ模範的な方法で道路脇に寄り、停車した。警官たちは、健康上の問題のある人が運転しているのではと懸念していたが、ハンドルを握っていたのが5歳の男児だということを知り、非常に驚いた(当然だ)。そしてその5歳児のSUVドライバーのランボルギーニ購入アドベンチャーは約15分で終わりを告げた。

物語はまるで悪い冗談のようだが、ユタハイウェイパトロールはこのことを2020年5月4日に正式に発表した。警察官のリック モーガンは、車まで歩いて行って、すぐに声をかけている。「君は何歳ですか?え、5歳? うわー」5歳の子供が、これまでに経験のない交通状況でSUVを操縦できたのは謎のままだ。誰もケガをしなかったのは奇跡、というか不幸中の幸いだった。彼の両親によると、その少年は直前に母親と話し合い、少年本人がランボルギーニは買わないと言っていたそうだ。もちろん、誰一人として、彼がどれほど真剣であるかということは想像すらできていなかった。両親が監督不行き届きできつく叱られたのは言うまでもない。

ともあれ、彼はこれまでで最年少の高速道路運転手であるかもしれない。彼はいつの日か憧れのランボを手に入れることができるだろうか。ぜひ夢をあきらめずに、いつの日か手に入れてほしいものだ。決して褒められた話ではないのは当たり前だが、純粋でひたむきな少年の姿を見ると、どこか憎めないことも事実だ。

お暇のある方はYouTube動画でもどうぞ。

Text: Julian Rabe