【ニューモデル情報】スタイリッシュなハッチバックSUV 新型メルセデスGLCクーペ登場 全ての情報をお届け!

2219
- Advertisement -

メルセデスGLCクーペが成長し、最高出力381馬力を獲得。シュトゥットガルトのSUVクーペを初チェック!

メルセデスはすでに2022年に「GLC」をリニューアルしている。このコンパクトSUVは、ブランドで最も成功したモデルのひとつだ。クーペの兄弟である2代目は、2023年に予定されている。我々はすでにカモフラージュされたモデルに乗る機会を得て、以前にレポートしたが、今、SUVクーペは最後の数枚のレイヤーを脱いで、その姿を公開した。

GLCクーペはSUVよりもスリムに見える

クーペの外観は、基本的にSUVの「GLC」をベースとしている。ルーフラインはフラットに傾斜し、高いテールゲートに流れ込み、特徴的なリアリップは「GLCクーペ」のスポーティな野心を強調している。

AMGスタイルのグリルは全モデルに標準装備され、ヘッドライトに2つの楕円形の光源を持つ「デジタルライト」は別料金で用意される。

しかし、「GLCクーペ」の場合、シュトゥットガルトのメーカーは、普通のSUVを、Bピラーからルーフの傾斜を低くしただけではない。「SUVクーペ」のボディは、Aピラーから完全に再設計され、その結果、クーペの全高は3.5cmも低くなっている。同時に、「GLCクーペ」はよりスリムに見え、5センチ弱、全長が伸びている。

リアライトは、少なくともその形状はSUVの兄弟車から受け継がれているが、湾曲したLEDストリップを持つ新しいライトデザインが採用されている。テールゲートは、リアセクションのデザインとの一体感を高めるため、下部に向かってやや狭くなり、スリーポインテッドスターはさらに下に移動している。

【外形寸法&ラゲッジルーム容量】
• 全長: 4763mm
• 全幅: 1890mm
• 全高: 1605mm
• ホイールベース: 2888mm
• ラゲッジルーム容量: 545~1490リットル
• ラゲッジルーム容量: 390~1335リットル(プラグインハイブリッドバージョン)

2列目でも広々とした空間

インテリアは、SUVの「GLC」に似ている。標準装備の「アバンギャルド」ラインはスポーティな風格を漂わせ、メタルハニカム構造のトリムエレメントは、どこかカーボンを思わせる。12.3インチのデジタルコックピットと11.9インチのインフォテイメントスクリーンがドライバーに向かって傾いているディスプレイの風景も、何も新しいものではなく、すでに「Cクラス」に存在するものだ。

インテリアには、大型ディスプレイや最新のMBUXテクノロジーを採用。オフロードアシスタントもオプションで用意されている。

クーペのように傾斜したルーフラインにもかかわらず、驚くほど広々としている。1.9mのボディ高でもヘッドライナーにぶつかることはなく、レッグルームもちょうど良い広さだ。より開放感のある空間と光の透過性を高めるため、「GLCクーペ」にはより大きなサンルーフがあり、SUVと比較して6cm長くなっている。

「GLCクーペ」のリアベンチシートにヘッドルームが収まるのは良いのだが、トランクのスペースに影響を及ぼす可能性は?確かにクーペのルーフラインは、荷室スペースの損失をもたらすものの、それは当初考えられていたよりも小さいものだ。545リットルから1490リットルと、SUVクーペの収納量はSUVの収納量(620リットルから1680リットル)より少ないものの、それでも十分な容量だ。そして、先代「GLCクーペ」よりも50リットル多く、リアシートを倒せば合計90リットル増えるようになっている。

すべてのエンジンが電動化

当然のことながら、新型は兄弟車の「GLC」と同じエンジンを継承している。つまり、204馬力と258馬力の2種類のガソリンエンジンと、197馬力と269馬力の2種類のディーゼルが用意され、すべて48ボルトの電気システムで電動化されている。4気筒モデルに加え、6気筒ディーゼルも用意されるが、メルセデスはまだ性能データを発表していない。

ガソリンハイブリッドの「GLC 300 e」と「GLC 400 e」に加え、システム出力333馬力、最大トルク750Nmのディーゼルハイブリッドもリクエストに応じて提供される。31.2kWhのバッテリーにより、ハイブリッド車は、最大131kmの純粋な電気走行距離を達成することになっている。

クーペはSUVの兄弟車からエンジンを受け継ぎ、直列6気筒がそれに続く。

「GLC」は9速AT、全輪駆動が標準装備される。また、「GLCクーペ」にはスチール製サスペンションが標準装備されているが、オプションでエアサスペンションを注文することも可能だ。エアサスペンションを選ぶと、ステアリング角度が4.5度のリアアクスル式ステアリングが上乗せされる。

AMGは、SUVとそのクーペにも用意される。アファルターバッハに本拠を置く同社は、エンジンに関する詳細な情報を提供していないが、「Cクラス」の方向性が参考になるだろう。「AMG C 63 Eパフォーマンス」のように、「GLC」と「GLCクーペ」にも4気筒エンジン、システム出力最大680馬力のプラグインハイブリッドバージョンを設定するようである。

価格は6万ユーロ(約870万円)以上となる見込み

メルセデスは、GLCクーペの市場投入を2023年7月と発表した。残る問題は価格だけで、これまでクーペは常にSUVの弟分よりやや高い価格設定だった。「GLC」は現在57,632ユーロ(約836万円)からなので、我々はクーペが62,000ユーロ(約900万円)前後でスタートすると予想している。

Text: Sebastian Friemel
Photo: Daimler AG