【このクルマなんぼ?】レトロクラシック2023 シュトゥットガルトで見つけた手頃な価格の車や希少な車20台!

1681
- Advertisement -

レトロクラシック2023で最もエキサイティングな車たち: シュトゥットガルトで開催されたクラシックカーのイベントでは、手頃な価格の車や希少な車も購入することができる。

シュトゥットガルトのレトロクラシック(2023年2月23日~26日)は、見て驚嘆する場所であると同時に、買うべき場所でもあったのです。南西部のオールディーズフェアでは、いつものように高価なポルシェとメルセデスが主流でしたが、今回は若い人だけでなく、ポルシェ911とメルセデスガルウィングの間に、驚くほど多くの手頃な価格のエンスージアストカーが混じっていました。

ホール6の展示では、1万ユーロ以上は出したくない、あるいは出せないという希少価値の高いファンにもチャンスがあったのです。ギャラリーでは、AUTO BILDがRetro Classics Stuttgartで販売された最も興味深いクラシックカーを紹介しています。

レトロクラシック2023の最もエキサイティングなクラシックカーたち

新車のようなオールドタイマーショッピング: ポルシェ911を探している人は、レトロクラシックでは色の希望を叶えることも可能です。もちろん潤沢な資金があればですが。
人生は時に、早く着きすぎた者に罰を与える。1977年当時、世界はまだアドベンチャールックの前輪駆動レジャーステーションワゴンを受け入れる準備ができていなかった。フランスのSUVのパイオニアであるこの「タルボ マトラ ランチョ」は、現在ではほとんど残っていませんが、この赤い「タルボ マトラ ランチョ グランド レイド(1980年製)」は、レストアされ、整備され、新しいオーナーを待っていました。18,500ユーロ(約270万円)で、乗って帰れます。
以前はチーズを運んでいたクルマ。1969年製のこのワンオーナー「VWバン」は、塩の多い冬に奴隷として働かなければならなかったため、その下半身には穴が開いているようです。この「VW T2」は、レストアの際、何としても保存しておきたい魅力的なパティナ(古艶)を持っている。このプロジェクトに挑戦する勇気のある人はいるのだろうか?シュトゥットガルトでは、9,900ユーロ(約145万円)の値がついていました。
戦前のクルマが高価である必要はない。のんびりとクルマを巡り、前時代的なテクノロジーと対話したい気分なら、この1934年製の「プジョー201D」に幸せを感じるかもしれません。ノンシンクロ3速ギアボックスを備えた29馬力のフランス車は、16,800ユーロ(約245万円)と安価で、すぐにでも乗り出せる状態になっていました。
パープルブレイク: 「バイオレットブルーメタリック」といえば、お行儀がよさそうに聞こえるかもしれないが、1998年に製造されたこの「BMW M3 E36」は、ボンネットの下に321馬力のパワーを秘めており、かなり邪悪な存在です。特別なペイントとミュンヘンインディビジュアルデパートメントによって洗練されたインテリアは好みの問題ですが、このヤングタイマーが注目を集めることは間違いないでしょう。走行距離169,000km、価格は39,900ユーロ(約580万円)。
グレムリンとはゴブリンの名前で、1970年代半ばにアメリカで生産された他の車の中で、コンパクトなAMCは本当に小人のように見えました。4.2リッター6気筒エンジンは1975年から8万1000キロを記録しているが、スイスに最初に届けられたエキゾチックカーは、それ以外は完璧なオリジナルの状態を保っています。これ以上の個体はもちろん、2台目を見つけるのも難しいだろう。だから、26,900ユーロ(約390万円)の価値はあるはずです。
スマートなフランス車: 「ルノー9」は、もうずいぶん前に姿を消したはずです。しかも錆びない「GTX」なんて!タイミングベルトを交換したばかりで4,400ユーロ(約64万円)という価格には思わず笑ってしまいました。
70年代、ダウンサイジングの流れに逆らった「オールズモビル デルタ88」。車庫入れや燃費はあまり好もしいものではないはずですが、9,900ユーロ(約145万円)という値札が付いたロードクルーザーコンバーチブルは、少なくとも新車当時は本当にお買い得なクルマだったのです。
メルセデスのV8クーペが15,000ユーロ(約220万円)以下?オランダのディーラーがそれを実現しました。白とブルーのファブリックの組み合わせは特に刺激的ではありませんが、この「1975年の450 SLC」は14,950ユーロ(約216万円)と魅力的な価格でした。
衝撃!この「三菱パジェロ」は完全な再塗装が施され、購入時には新しい車検証とH(クラシックライセンス)プレートが用意されます。22,000ユーロ(約320万円)という価格が、高人気の錆びない日本のオフロード車(2.5リッターディーゼル/84馬力、144,444km)についていましたが、かなりの需要があるでしょう。
イタリアからのVWブリの代替品: 54馬力エンジン搭載の「フィアット238E」、走行距離77,000kmのワンオーナー車です。タイヤ、ブレーキ、タイミングベルトは最近交換されているようで、この美しいコンディションを考えると、14,900ユーロ(約216万円)は妥当な金額です。
スペシャリストのためのフィアット: 愛好家はこの白い「125」を、100馬力エンジン、4輪ディスクブレーキ、5速ギアボックスを備えた希少な「スペシャル」バージョンであると断言するでしょう。1971年当時、このサルーンは「アルファ ジュリア」や「BMW 2002」と同列に扱われていましたが、値段だけは安かったのです。この点では、何も変わっていないようで、この希少なイタリア車は、見本市の初日に、9,500ユーロ(約138万円)ですでに売約済みになっていました。
来るところを間違えた?1990年に製造されたこの武骨なハンビーは、レトロクラシックの会場でピカピカのクロームメッキの旧車に囲まれて場違いな感じがしました。しかし、マットなミリタリールックのXXLサイズオフローダーの愛好家もいるのでしょう。Hナンバー、走行距離68,000kmのフルレストア車が67,900ユーロ(約1,000万円)という高値で売りに出されていました。
古いスウェーデン車、安いですねぇ。7,200ユーロ(約100万円)という価格では完璧なコンディションは望めませんが、オランダで走っていた53年前のダークブルーの「ボルボ144」は、少しの愛情で本物の宝石に生まれ変わることができます。バンド式スピードメーターを備えた保存状態の良いインテリアは、70年代へのタイムスリップを誘う。
「ヌオーヴァ ジュリエッタ」を最後に見たのはいつだろう?1981年に製造され、ミラノで走ったこのアルファロメオ ジュリエッタ 2.0リッター「スーパー」は、オリジナルの塗装で、前オーナーは2人。売主によると、エンジンは交換されたユニットらしく、3,500kmしか走っていないとのこと。エアコンのおかげで、アルフィスティは夏でも汗をかかずに済むでしょう。そんな魅力的なアルファロメオは16,800ユーロ(約243万円)で提供されていました。
お値打ちなカルトクーペ:「ダットサン280ZX」は、80年代前半にドイツで最も高価な日本車だった。このクルマはヨーロッパ仕様で、走行距離135,000km、良好なオリジナルコンディションで、18,900ユーロ(約275万円)で販売されていました。
経済的奇跡のアイコン: 70年前、戦後初の欧州フォード「タウヌス」が大流行した。当時、フォードのコピーライターは「形も技術も時代を先取りしている」と喝采を送った。今では、ほとんどの個体が姿を消し、この59年型のようなモデルは希少価値があるので、9,800ユーロ(約140万円)は手頃な価格です。
えっ?:「フェラーリ400i」は、クーペしかなかったはずだが、屋根を切ってしまったようだ。オープンにするとかなりきれいだが、99,800ユーロ(約1,500万円)を払う前に、閉じたところを見てみたい。なにしろ幌は電動だし、オーナーによれば「日常的な使用に十分耐えうる」ものだという。
クロアチアのディーラーが、2台の美しい「ルノー5キャンパス」を、大切に乗っていたオーナーから譲り受けた。グレーか赤か? 価格は同じ6,900ユーロ(約100万円)でした。
上質なフィエスタ:この1983年のファーストシリーズはクロアチアを41,000km走り、暖かく乾燥したガレージで過ごしたのち、10年後に姿を消しました。売り手は、多くの新しい部品(ブレーキ、シャーシ、排気系)を使ってこの車をよみがえらせ、その上、エンジンのオーバーホールを施しました。6,990ユーロ(約100万円)を支払った人は、レトロクラシック2023から電車で帰るのではなく、フォードで帰りました。

Text: Martin G. Puthz
Photo: Martin Puthz/AUTO BILD KLASSIK