【このクルマなんぼ?】クラシックSUV編 これらの名オフロード車を市場分析 その中には大人気の日本製SUVも

2063
- Advertisement -

クラシックカー市場のSUVのトレンドが見る。より多くのバイヤーがオフロードのクラシックカーに関心を寄せている。その中でも日本車とエキゾチックカーの市場価値が最も上昇した。

より高い位置に座り、必要であればオフロードを走ることもできる。ハードボイルド、ソフトボイルドを問わず、オフロードを走る旧車は人気が高まり、その分、価格も高くなってきている。あるケースでは、購入価格がわずか6年の間に70%も跳ね上がったモデルもある。

市場調査会社「クラシックデータ」のマリウス ブルーネ氏は、例えば初代「レンジローバー」のように、ゴールドラッシュのムードで高騰し、その反動で値が下がった。この高貴なオフローダーは、長い間「今後来るであろうクラシック」のレッテルを貼られてきたのだ。

このクルマを知っている人はいるだろうか。実は、絶対的な希少車なのだ。ランボルギーニが約9年間製造したLM002は、375馬力を発揮する4.8リッターV12を搭載しているのだ!

もうひとつの投機対象: ジープ ワゴニア

しかし、レンジローバーの良品がまだ 16,000 ユーロで入手可能だった 2012 年とそれ以降の価格動向は、市場の現実からあまりにも急速に逸脱したようで、明らかに投機的なバブルのケースである。SUVのパイオニアとして、英国車に8年先行した「ジープ ワゴニア」も、一度は下落したが、その後、再び上昇カーブを描いている。

オフロードの名車は南からやってくる

他の車種と同様、ここ数年、日本車が最大の勝者となっている。1981年から88年にかけて生産された「日産パトロール」の価格は、1982年にヨーロッパでオフロード車市場に最初に参入した「三菱パジェロ」よりもさらに劇的に上昇した。その値段は、ショートディーゼルとして、コンディション2が17,700ユーロ(約256万円)、コンディション3が10,400ユーロ(約150万円)と、2016年比で、105パーセントの高値で取引されている。ただし錆のため、この国の市場は空っぽである。

コンディション1は、ほぼ新車状態、2はミントコンディション、3は通常走行可能なコンディション、4は何とか走れる程度、5は不動車。

流れ星: 初代三菱パジェロは、6年間で70%も市場価値を高めた。その希少価値は極めて高い。

これらのクラシックSUVは堅実な投資対象だ

市場分析: ランボルギーニLM002
最も高価なもの: 「ランボルギーニLM002」は、良いコンディションであれば30万ユーロ(約4,350万円)の値をついている。この12気筒マシン(4.8リッターの排気量から375馬力)は、わずか301台しか生産されず、近年で最も収益性の高いクラシックの一つとなっている。2015年以降、価値は2倍になったが、それだけでは終わらず上昇し続ける可能性が高い。
市場分析: オペル フロンテラ(いすゞ ミューの兄弟車)
最安値: 「オペル フロンテラ」の通常走行可能なコンディション3の場合、最大2,800ユーロ(約40万円)が相場だ。オペルの四輪駆動車は、1991年から2004年にかけて英国で製造され、かつてヨーロッパで最も売れたオフローダーだった。しかし、クラシックカーシーンではあまり評価されず、その価格はまだ中古車の谷間にある。通好みの2ドア「スポーツ」が最も多い。
市場分析: タルボ マトラ
屋外用エステートは、依然として希少価値はあるものの、手頃な値段だ。錆のため、前輪駆動の「タルボ マトラ」は、早い段階で壊滅的な状態になった。レストアは例外的である。出品台数は少ない。グラフの上段はコンディション1、コンディション3
市場分析: レンジローバー
市場は誇張された価格の夢を罰する: ブームの年には、古典的な「レンジローバー」の多くのサプライヤーは、特に市場の上限で、あまりにも高いギャンブルをしてしまった。処罰はすぐに課された。高値の最初のシリーズの「レンジローバー」は停止し、価格の下落に対処しなければならなかった。だが、現在その下降トレンドは止まり、徐々に回復傾向にある。
市場分析: モンテヴェルディ サファリ
スイスのエキゾチックが、5万ユーロ(約725万円)のハードルを超える。レンジローバーに対するモンテヴェルディの回答である「サファリ」の内装は当時のレンジローバーより豪華だったと言われた。その生産台数については不明である。しかし、いずれにせよ、エキゾチックカーとしてコレクターの興味を引くには十分な希少性である。3ドア車(シャーシ: インターナショナルスカウトII、エンジン: クライスラー)の良品は、現在5万ユーロ(約725万円)の大台を越えている。
市場分析: ジープ ワゴニア
擬木のパネルで覆われた「ジープ ワゴニア」は、西部開拓時代の馬車を自動車で表現したような車である。一時期低迷していたこのアメリカのSUVのパイオニアは、現在再び勢いを取り戻している。技術的に問題なく、古さをおびただけの車両は15,000ユーロ(約217万円)、コレクターズコンディションの車両は30,000ユーロ(約435万円)で取引されている。近隣諸国(オランダ、スイス、イタリア)、そしてもちろんアメリカは、有望な検索エリアだ。そこでは、ハイエンドのフルレストア車が10万ドル(約1,350万円)をはるかに超える価格で提供されている。
市場分析: 三菱パジェロ
初代「パジェロ」は、オフロードクラシックの中でも価値展開が流れ星のような存在である。短めの「L040」は2016年から70%以上上昇し、クラシックデータでは再び相場を上げたところだ。ガソリン車はディーゼル車よりも人気があり、価格は15%ほど安いが、こちらも上昇傾向にある。

良い車はたいてい乾燥したスペインやポルトガルのもので、オフロード車は伝統的に中欧よりずっと一般的だ。グッドニュースは、クラシックオフロードがそれほど高くないということだ。ランボルギーニLM 002だけが30万ユーロ(約4,350万円)で、「異端児」である。

Text: Martin G. Puthz
Photo: autobild.de