ポルシェ911ダカール? チューナーのデルタ4×4は以前からオフロード用911を提供してきたのだった「ポルシェ911カレラ4 デルタ4×4 ヴィンテージ」

935
- Advertisement -

荒地、森林、砂漠用の911。ポルシェが全地形型911ダカールを市場投入する。しかし、バイエルンのスペシャルチューナーであるデルタ4×4(delta 4×4)は、以前からより高い性能の全輪駆動の911を提供してきたのだった。

ワンランク上のスポーツカー、それは必要なのか?もちろん、合理主義的な功利主義に反し、意味を問わない程度のクルマは、誰も必要としない。

しかし、「そんなの必要なの?」という質問には、こう答えたい。かつてドイツには、本当に必要なものだけを生産し、販売しようとする国家があった。素晴らしいアイデアだが、残念ながらうまくいかなかった。人はパンのみによって生きるのではないのだ。

992 C4は確かに急な登り坂でもパワー不足にはならないが、さすがにロードタイヤではトラクションがかからない。

アメリカの心理学者アブラハム マズロー(科学者は物事を少し複雑にしたがる)は、基本的欲求を満たすだけでは幸せになれないという観察から、「マズローの欲求階層」というモデルを開発した。

同書では、珍しいクルマに乗る喜びは明示されていないが、「欲求ピラミッド」のレベル4、個人の欲求のところで、名声、尊敬、重要性の欲求に言及している。そしてそれは、できるだけ高価で人目を引くようなクルマで見事に実現できるのだ。

“ヴィンテージ”バージョンは、むしろスポーティに

理論的な話が多すぎる?では、見ていこう。燃料キャニスター、スペアホイール、ハイリフト、サンドボードを含む大型ルーフラックを装備し、今にもアフリカ横断に出発しそうだった「992デルタ」のファーストバージョンに比べ、現在の「ヴィンテージ」バージョンの「デルタポルシェ」はより控えめでクラシックな印象を与える。エクスペディションというより、スポーツカーに近い印象だ。

「デルタ4×4 911オフロードエディション」のホワイトにピンク・ブルー・オレンジのラリーストライプが入ったウォーペイントは、「ポルシェ911カレラ4 デルタ4×4 ヴィンテージ」になって、マットグリーンとダークレッドのカラーリングに変わり、ルーフにはPIAA製のラリーヘッドライトが6個付いた比較的スリムなヘッドライトバーを装着。そして、9×20インチの新しいデルタフォースビードロックホイールにはコンチネンタル スポーツコンタクト6が装着されている。では、このクルマの良いところを紹介しよう。

デルタ4×4 911オフロードエディション
Photo:auto bild.de

ビードロックホイールには、慣れが必要

これは、140mm高い「911ダカール」よりもはるかに快適だ。中に入ると、標準的な911のコックピットが迎えてくれる。6気筒の目覚めはかなり控えめで、デュアルクラッチオートマチックは経験の浅いドライバーでも簡単に始動できるだろう。重厚でフラットソールのビードロックホイールは、どこか場違いな感じがする。ビードロックは、空気圧がゼロの状態でもタイヤをリムに確実に固定できるため、極限の砂地では心強い。

不思議な組み合わせだ。ビードロックホイールにコンチスポーツコンタクト6を装着している。

しかし、このようなホイールは、スポーツカーよりも大型で重いオフローダーに適している。また、重いこともあり、マンホールの蓋を乗り越えるようなところでは強い突き上げ感を覚える。

とは言え、本当に「ポルシェ911カレラ4 デルタ4×4 ヴィンテージ」はよく走り、曲がりくねった田舎道を素直に、ハイペースで駆け抜ける。確かに足回りはかなりハードだが、デルタ4×4がアイバッハのハイスプリング、ビルシュタインのガス圧ダンパーと、シャーシは、調和がとれているように感じられる。そして、ロードタイヤは横方向のグリップをきちんと確保する。

残念ながら、デルタポルシェのアンダーシャーシは、車の全高と同じ割合で増加するわけではない。

走りを楽しむスポーツ遺伝子

さあ、右のペダルを踏み込み、ステアリングホイールのドライブモードスイッチを「スポーツプラス」にする時間だ。6気筒エンジンが唸りを上げ、中央のレブカウンターの針は右へ、緑と赤のクーペは前へ飛び出す。バックミラーに映る車は、数秒後にはちいさな点に縮んでしまう。

コーナーの入り口でポルシェは、シフトパドルで素早く2段シフトダウンし、コーナーを抜ける。スロットルをちょっと踏むと、リアが少し外に飛び出す。そう、コントローラブルな「911」に乗ると、何かいいことがあるのだ。

フラット6の音はよく聞こえるが、簡単に姿は見えない。

オフロード911

砂礫地帯へのアクセス道路は、森の中を通る。目前に深さを推測できない水たまりが見えるが、お構いなしに突き進む。エプロンがちぎれることを常に恐れなければならないような普通の911じゃないのだ。

そして、速く飛ばせば飛ばすほど、このシャーシはショックをスムーズに受け止めることができる。そう、この設定は、砂漠のトラックでも有効だ。ポルシェではPSMと呼ばれるESPが、クルマを安定して走らせ続ける。

スポーツモードでPSMを完全にオフにすれば、砂の上でも気軽に四輪を回転させることができる。

その下の広い砂地で、ドーナツを何度かやってみたいと思った。そこで、PSMオフボタンを長押しすると、ブレーキ介入によるタイヤスリップの抑制がなくなった。砂が飛び散ると、スロットルとステアリングホイールの連携次第で、リアヘビーな全輪駆動のパワー配分のおかげで気ままにドリフトすることができた。

その後、顔からニヤニヤがなかなか消えない。確かに、こんなクルマは誰も必要としていない。でも、こんなに楽しいことはめったにない。理屈でも実用でも。マズロー博士なら、私のことを理解してくれると思う。

テクニカルデータ: ポルシェ911カレラ4デルタ4×4ヴィンテージ
• エンジン: 6気筒ビターボガソリンエンジン、リア縦置き
• 排気量: 2981cc
• 最高出力: 385PS@6500rpm
• 最大トルク: 450Nm@1950rpm
• タイヤサイズ: フロント255/40 R 20、リア285/40 R 20
• ギアボックス: 8速デュアルクラッチ
• 地上高: 145mm
• 組立、フォイル加工を含む総変換価格: 83,915ユーロ(約1,200万円)
• ベース車両価格: 121,346 ユーロ(約1,730万円)
• 総合計価格: 205,261ユーロ(約2,930万円)

Text: Thomas Rönnberg
Photo: delta 4×4