【リーク画像】え? これですか? 中国市場向けボルボの新型電動バンのベースとなるモデルです ボルボ エレクトリックバンの全情報!

395

ボルボは、2023年に中国で新型バンを含む6つの新しい電動モデルを発売する予定だ。そしてこのジークル(Zeekr 009)は、そのスタディモデルだ。

ボルボは、2023年末までに中国でフル電動バンを発売する予定だ。秦培基(ボルボカーズ大中華圏販売会社社長)がメディア向けに行ったブリーフィングで、ボルボの電動化の進捗状況を示すプレゼンテーションスライドで、MPV(マルチパーパスビークル)と呼ばれるモデルが公開された。

「Carnewschina」によれば、2023年については、6台の新しい電気自動車がスライドに表示されているとのこと。そのうち、「XC40」と「C40」はすでに発売されている。他の4機種は年内に発売する予定だ。2022年に登場した「EX90」を含む。

2023年に向けて、バン(MPV)を含む6台の新しい電気自動車がリークされた画像だ。

ボルボ バン、吉利の電動プラットフォーム「SEA」を採用

他の3台: ボルボEX90エクセレンス、「スモール」SUV、バン(MPV)。次期ボルボ バンのベースとなるのは、同じく吉利集団に属する「ジークル(Zeekr 009)」と言われている。「ジークル009」は、吉利の電気自動車プラットフォーム「SEA」をベースに、544馬力のツインモーター全輪駆動を搭載している。航続距離: 822km

「ジークル009」の現在のベース価格は499,000元で、これは約68,000ユーロ(約965万円)に相当する。その後、「ジークル009」は後輪駆動車も発売される予定だ。ボルボのバンは、同じプラットフォームとパワートレインを使うようだが、ファミリーフェイスに合わせた個性的なデザインになるのではなると予想される。

このバンは、2023年の第3四半期にスタディモデルとして発表され、第4四半期には生産バージョンが中国市場に投入される見込みだ。

EX30で、小型e-SUVの登場を予感させる

次期「ボルボEX30」は、小型の電気自動車SUVとして参戦する可能性が高く、すでにプロトタイプの写真もウェブ上で公開されている。「EX30」も「SEA」プラットフォームを採用し、「スマート#1」や次期「ジークル003」と基本的な部分を多く共有する予定だ。

ボルボEX90の下には、より小型の電気自動車SUVが計画されている。名称: EX30。

「ボルボEX90エクセレンス」は、新型SUV「EX90」の中でも特に豪華なバリエーションモデルとなる。ベーシックな「EX90」が3列シート7人乗りであるのに対し、「EX90エクセレンス」は2列シート4人乗りとなる。

ボルボのバンが欧州に登場する可能性

2列目シートは、ラグジュアリーに囲まれた大型キャプテンシートとし、コネクティビティ機能を追加することで、リヤをモバイルオフィスとして使用できるようにする。ボルボはこれまでにも、「ボルボXC90」と「ボルボS90」に同様のエクセレンスバージョンを投入している。

XC90、S90と同様に、e-SUVのEX90にもラグジュアリーバージョンが用意される。

今回のボルボの新モデルシリーズは、中国におけるボルボの魅力、特にバンの魅力を高めることを目的としている。新型ボルボMPVが欧州にも導入されるかどうかは、今のところ不明だ。

Text: Sebastian Friemel
Photo: Carnewschina