【テスト】ラグジュアリークラスに電気ショック? BMWのラグジュアリーモデル i7 xDrive60は世界最高のEVか?

202

BMW i7 xDrive60は、エレクトリック ラグジュアリーを再定義したモデルだ。しかし、本当に「世界最高のクルマ」なのかどうかは、我々のテストで明らかになる。

「BMW i7」のような豪華客船に乗り込む人は、ステアリングホイールの後ろに座るのではなく、助手席のすぐ後ろにある2列目のレッグレストと調節可能な心地よいネッククッション付きの伸縮式リクライナー、エグゼクティブラウンジに座りたいはずだ。

本当に大きな映画館はそこしかないからだ。8K解像度の80cm(31.3インチ)スクリーンは、要望に応じてヘッドライナーから折り畳み式で現れる。しかし、ここではカーテンは上がらず、リアウィンドウとサイドウィンドウのサンブラインドが同時に閉じられる。周囲の照明を落とし、映画の時間に鳴る銅鑼の代わりに、作曲家でオスカー受賞者のハンス ジマーが考案した陽気なメロディーを聴かせるのだ。

素晴らしい映画館: 後席の乗客のために、対角31.3インチの8Kスクリーンで映画プログラムを上映している。

彼は走行モード別の音も担当している。映画館での体験を再びサポートするのは、最大35個のスピーカーから音を発射するだけでなく、全体を1965ワットで増幅するバウワース&ウィルキンス(Bowers & Wilkins)製のサウンドシステムだ。

ストリーミングサービスは番組を提供する

Amazon PrimeやNetflixをはじめ、旅行者がプライベートで持ち込むサービスも充実している。もちろん、テレビを見たり、ラジオを聴いたりするだけでもOKだ。クライメートコントロール、シート調整、サンブラインド、アンビエント照明に加え、ドアに設置された5.5インチのタッチスクリーンで、2列目の乗員がエンターテインメントを操作することも可能だ。

ドア自体もあちこちで、全自動で開く。告知されるか、ボタンを押すか、どちらかだ。そして、同じように閉じられる。挟み込み防止センサーが付いているのは言うまでもない。

全席にマッサージ機能

そして、長旅を終えた乗客は、すべてのシートで優しく、あるいは力強くマッサージされ、完全にリラックスすることができるのだ。特に、前述の後席のラグジュアリーシートは、背もたれの角度が42.5度にもなっているので心からリラックスできる。「BMW i7」は、余裕のあるヘッドルームも相まって、非常に快適な旅を約束してくれる。

i7の後部座席は、お好みでゆったりとしたリクライニングポジションにすることができ、快適なラウンジとして利用できる。

これを支えるのが、オートレベルコントロール付きアダプティブ2軸エアサスペンションとアダプティブシャシーだ。ホイールごとに、電子制御されたダンパーと相まって、「i7」はまさに浮遊するように走る。道路にどんな凸凹があっても、乗員はほとんど何も気づかない。

十分なパワーがある

この高級バイエルン車は21インチの大径タイヤを装着し、101.7kWhのバッテリーを搭載しているため、車重はなんと2.8トンもあるにもかかわらずパワフルである。これは、内燃機関を搭載した7シリーズと比べると500kg近くも重い。その違いを生み出すのは、まさに「ドライブ」なのだ。

パワーハウス: 544馬力と745Nmのパワーにより、2.8トンのi7 xDrive60は5秒でスムーズに100km/hまで加速する。

「i7 xDrive60」は、2基の静かな電動モーターを搭載している。前車軸に搭載されたものは258馬力、後車軸に搭載されたものは313馬力を発生し、合わせてシステム出力544馬力、最大トルク745Nmを発揮する。ドライビングプレジャーは、このパワーソースがもたらしてくれるのだ。

長距離走行に適した上質な内装に包まれ、Eペダルを勢いよく踏み込めば、静止状態から時速100kmまで5.0秒で加速することが可能だ。そして、16.4秒で200km/hに到達し、最高240km/hの速度で走りきることができる。

重厚なBMWはカーブも自在に操る

全長5.40mのロードクルーザーが、排気ガスを一切出さずに高速道路を疾走する姿は感動的だ。セルフステアリングリアアクスルのおかげで、この電動ヘビーウェイトはコーナリングも得意だ。

もちろん、ここで重さが目立たないといえば嘘になる。しかし、それはシャシーに見事に吸収され、極めて正確なステアリングと相まって、素晴らしい形で正しい方向へと導かれるのだ。

我々の試乗車は、フル装備の場合、少なくとも165,240ユーロ(約2,400万円)を要求される。しかし、彼らは「世界一の車」がここで売られていると自負しているのだ。そして、それは紛れもない事実だ。少なくとも当面その地位は揺るがない。

必要であれば、対応するスポーツ走行モードでも可能で、他の3つのモードと同様に前述のルームサウンドが流れる。正直なところ、これは不要なバックグラウンドノイズであり、「i7」はあらゆるモードで音もなく浮遊するように走るべきで、それによって、引退する12気筒の後継に等しい存在となるのである。

高消費電力による航続距離の低下

快適性を高めた結果結構な電気を消費するのだろう。意外と航続距離は伸びない。BMWによれば、航続距離は591~625kmとなっているが、我々の測定では、実走行で平均310kmしか走れなかった。

もちろん、急速充電器での充電も可能となっている。170kmの充電には、せいぜい10分程度を要するのみだ。テストの詳細は、以下、フォトギャラリーとともにご覧ください。

BMW i7 xDrive60の試乗記

「BMW i7 xDrive60」は、エレクトリックラグジュアリーを再定義したモデルだ。しかし、本当に「世界最高のクルマ」なのかどうかは、我々のテストで明らかになる。
フロントは、ナロースプリットヘッドライトと照明付きラジエターグリルが特徴的だ。
大きな面とクリアなエッジを持つ「i7」は、まるでロールス・ロイスを彷彿とさせる。
BMW i7のような豪華客船に乗る人は、運転席に座るのではなく、2列目にあるレッグレストと調節可能な心地よいネッククッション付きの伸縮式リクライナー、エグゼクティブラウンジに座りたいと思うだろう。8K解像度の80cm(31.3インチ)スクリーンは、要望に応じてヘッドライナーから折り畳み式で現れる。
クライメートコントロール、シート調整、サンブラインド、アンビエント照明に加え、ドアに設置された5.5インチのタッチスクリーンから2列目の乗員が操作できるエンターテインメントシステムも搭載している。
フロントシートも長距離走行時の快適性と横方向のサポートに優れ、ドライバーの仕事場はデジタルとアナログの世界がうまく融合している。
必要な情報は曲面ディスプレイで表現される。視覚的に鮮やかで、情報過多に見えるかもしれない。しかしよく見ると、最も重要な情報しか表示されていない。
中央のコントロールユニットは、今も昔もiDriveコントローラーであり、ガラスの後ろにエレガントに配置されている。その横には、メニューに戻るボタンや、シンプルにホーム画面を表示するボタンが並んでいる。必要であれば、親切なボイスコントロールを呼び出すことも可能だ。
「i7 xDrive60」は、2基の静かな電気モーターを搭載していいる。前軸に搭載されたものは258馬力、後軸に搭載されたものは313馬力を発生し、合計でシステム出力544馬力、最大トルク745ニュートンメートルを発揮する。
BMWは、静止状態から時速100kmまで5.0秒で加速し、16.4秒で200km/hに到達し、最高時速は240km/hで終了する。
電動大型船は、セルフステアリングリアアクスルのおかげでカーブも曲がることができる。もちろん、ここで重さが目立たないといえば嘘になる。しかし、それはシャシーに見事に吸収され、極めて正確なステアリングと相まって、正しい方向へと導かれるのだ。
また、他の3つのモードと同様、スポーツ走行モードでも、必要に応じてこの操作が可能だ。「i7」は、あらゆるモードであなたを音もなく浮遊させ、引退した12気筒の後継に等しい存在となる。
いずれにせよ、電動の連続疾走は航続距離には貢献しない。591~625kmのはずの航続距離は、我々の測定では、実走行で310kmにとどまった。
もちろん、急速充電器での充電も可能だ。
BMW i7 xDrive60は、ほとんど自律走行ができる。これは自律走行のレベル2に過ぎない。
価格は?我々の試乗車がフル装備の場合、少なくとも165,240ユーロ(約2,400万円)を要求される。しかし、彼らはこれが「世界最高の車」だと主張するが、それは事実であり、当面は最高の位置をキープするだろう。

BMW i7 xDrive60
車体:非常に良い出来栄えで、スペースも広い。長さがあるため、操縦は難しい。
5点満点中4.5点
ドライブ: 圧倒的な加速力、完璧なハンドリング、非常に優れた動力性能。
5点満点中4.5点
ドライビングダイナミクス: 非常に高い安定感、完璧な直進安定性、後輪操舵にもかかわらずあまり機敏でない。
5点満点中4点
コネクティッドカー: ほぼ完璧な音声コントロール、電動開閉ドア、アプリによるコントロール。
5点満点中5点
快適性: 静かな滑空機、優れたシート、優れたサスペンション、後席は素晴らしい映画館。
5点満点中5点
費用: 非常に高い、保険が高い、保証が3年しかない。非課税、減価償却はたぶん大丈夫。
5点満点中2.5点

結論:
「i7」は、特別な贅沢を提供する。シャシーも駆動も納得のいくものだ。充電にも弱点はない。贅沢な価格と燃費(航続距離)は別問題だが。
AUTO BILDテストマーク: 2+

Text: Berend Sanders and Holger Preiss
Photo: BMW AG