【このクルマなんぼ】お買い得?たった772台生産のレアなAMG製ステーションワゴン メルセデスC43 AMG Tモデル(1997)の値段とは

1119

希少なV8搭載のメルセデスC 43 AMGがeBayで販売された。202シリーズのメルセデスC 43 AMGエステートは、わずか772台しか製造されなかった希少なAMGだ。

新型の「メルセデスAMG C 63 S E パフォーマンス」は、最高出力680馬力、最大トルク1020Nmを発生する。しかし、多くのAMGファンが残念に思っているのは、4気筒しか搭載されていないことだ。もし、本物のAMGにはV8が必要だと思うなら、この希少な「メルセデスC 43 AMGエステート」をよく見てみるべきだ。

eBayでは、わずか772台しか製造されなかった「メルセデスC 43 AMGエステート」モデルが、そのステータスにふさわしいV8搭載で出品されている。伝説の「メルセデス190(W201)」の後継車として、1993年に登場した「W202」世代の「Cクラス」だ。当初はサルーンのみだったが、1996年春から、「S202エステート」が追加された。2001年までに、合計約185万台の「202」モデルが生産されたが、そのうちブレーメンで製造されたのは22万台だけだった。

ビジュアル面では、C 43は控えめだ。ご存知の通り、最近のメルセデスAMGは、かなり厚着をしている。

発売後間もなく、「202」にはAMGバージョンも用意された。ベース価格は95,450ドイツマルク(約690万円)で、280馬力の直列6気筒を搭載した「C 36(サルーンのみ)」があった。1997年末からは、「C 36」に代わって「C 43」が登場し、ボンネットの下には6気筒の代わりにパワフルなV8が搭載されるようになった。排気量4,266ccの「M113」は、「C 43 AMG」では306馬力と410Nmを発揮し、最高速度250km/h(リクエストにより最高速度アップも可能)に十分耐えうる性能を備えていた。

新車当時の価格は114,425ドイツマルク(約830万円)だった

さらに、「C 43」にはサルーンとエステートの両方が用意されていた。1997年のスタート価格は114,425ドイツマルク(約830万円)で、パワフルなV8にもかかわらず、AMGはビジュアル的に控えめであり続けた。「Sport Line」をベースに、ダブルパイプエキゾーストや17インチAMGホイールなど、細かなディテールだけがトップモデルであることを表していた。インテリアでは、専用のスポーツシート(希望によりバイカラーレザー)、280km/hまでのスピードメーター、AMGスポーツステアリングホイールなどが装着されていた。

4気筒ではなく、ちゃんとしたV8だ。M 113 E 43は306馬力を、C 43は410Nmを発揮する。エステートは6.7秒で100km/hに到達する。

306馬力では物足りないという人は、1998年7月から「C 43」をAMGに持ち込んで、さらにパワフルな「C 55」に改造してもらうことも可能だった。排気量は5.4リッターまでボアアップされた。そして、異なるクランクシャフト、新しい吸気口などとの組み合わせで、パワーは347馬力と510Nmに押し上げられた。しかし、「202」世代の「C 55」はごくわずかしか生産されなかった。

「202」シリーズ185万台のメルセデスのうち、「C 43」が占める割合は大きくはなかった。「C 43 AMGエステート」は772台しか製造されなかったが、そのうちの1台がeBayで売りに出された。このシルバーのエステートカーは、すでに209,500kmを走行しているが、現オーナーは夏場の車としてしか使用していなかったと言っている。

評価: コンディション2-

また、広告の記述によれば、AMGは整備済みで、コンディションの評価は「2-」だそうだ。写真で見ると、「S 202」は比較的手入れが行き届いている印象で、ほぼオリジナルの状態を保っている。ハブキャップはオリジナルではなく、運転席はノンオリジナルのスポーツシートに交換されている。残念ながら、オリジナルの運転席が残っているかどうかは言及されていない。

運転席はオリジナルではない。Photo: ebay.de/obala329

一方、V8はその力を存分に発揮し、表示によれば5速オートマチックで311馬力を後輪に解き放つという。さらに、前オーナーの誰かが最高時速コントロールを外したのだろう、この「C 43エステート」は276km/hまで加速可能になっている。

希望小売価格: 15,000ユーロ(約215万円)

V8搭載の希少な「C 43エステート」の希望小売価格は15,000ユーロ(約215万円)となっている。そして、簡単な価格比較でわかることは、「202」系の「C 43」の中古車の供給は少なく、安いものでは1万ユーロ(約143万円)弱からあるが、30万km以上走っているものも少なくない。メンテナンスが行き届き、歴史的な経緯のある2~3年物のモデルは14,000ユーロ(約200万円)から、最高状態の「C 43」は20,000ユーロ(約286万円)以上で取引されることもある。いずれにせよ、新しい「メルセデスAMG C 63 S Eパフォーマンス」の数分の一のコストであり、しかも新型にはV8は搭載されていないのだ。

最終的には出品者により終了された。

Text: Jan Götze
Photo: ebay.de/obala329