コンチネンタルタイヤ ウェット性能、ハンドリング性能が大幅に向上した「UltraContact UC7」を新発売 

143

コンチネンタルタイヤ・ジャパンは、安全性を最優先に優れた静粛性とロングライフに重点を置いて開発したセーフティ・コンフォートタイヤ「UltraContact UC7(ウルトラ・コンタクト・ユーシーセブン)」を2023年1月より新発売する。発売サイズは16~18インチの24サイズで今後も拡大予定。価格はオープンプライス。

「UltraContact UC7」は、日本をはじめとしたアジア向けに開発されたコンフォートタイヤで、変化する運転習慣と、ユーザーのニーズに応えてアップグレードされた。第7世代となる今回のモデルチェンジにあたっては、ユーザーに次世代のドライビング・エクスペリエンスを提供するために、コンフォートセグメント向けに開発されたConfidence+(コンフィデンス・プラス)というフラッグシップテクノロジーが開発された。それにより、UltraContact UC7では、ウェット性能、ハンドリング性能が大幅に向上した。安全性を最優先し、優れた静粛性と快適性、ロングドライブライフに重点を置いたセーフティ・コンフォートタイヤ「UltraContact UC7」が、ドライバーの運転に対する自信を次のレベルへ引き上げてくれる。

新しく採用された技術

ドライビング・エクスペリエンスを次のレベルへと引き上げる「Confidence+テクノロジー」を構成するダイアモンド『D.N.A.』。
独自のシリカとレジンを配合したダイヤモンド・コンパウンドは、運動エネルギーを最適なレベルで熱に変換し、濡れた路面での制動距離の短縮に寄与する。
ノイズ・ブレーカー 3.0が、静粛性、排水効果を高める。
前モデルから進化したアドバンスド・アクア・チャネルが、ウエット・ブレーキング性能と安全性の向上に大きく貢献する。

【発売サイズ】

150年の歴史を持つコンチネンタルタイヤの「ドイツ生まれの先進テクノロジー」がふんだんに注ぎ込まれた「UltraContact UC7」に期待が高まる。

Text:アウトビルトジャパン
Photo:コンチネンタルタイヤ・ジャパン