【テスト】日独伊の万能オフロードモーターホーム ビモビル(Bimobil)3台に試乗 ジェニーはどれを選ぶ?

417

ビモビル(Bimobil): 全輪駆動モーターホーム、オフロード。ビモビルは、オフロードパークで全輪駆動の旅の行方を示す。長距離移動のスペシャリスト、ビモビルがオフロードパークでの試乗会を催した。そんな四輪キャンピングカーの自由度の高さを、探検車の世界で一日体験してみた。

「足を離してください」とカールステン プライズはなだめるような声で言い、助手席でリラックスして身を乗り出す。普段はヨガの先生からしか聞けないフレーズだ。彼女の言葉で、彼女はいつも私の緊張を取り除くように励ましたいと思っている。しかし、ビモビルの営業担当で長距離移動の経験が豊富なカールステンは、アクセルペダルのことを指しているのだ。その間、我々は、「MAN TGM 4×4」ベースの18トンの「ビモビルEX 600」のフロントアクスルを載せて急な下り坂の頂上にぶら下がっているところだ。

ドイツ南部の町、ビーベラッハ アン デア リス近郊のオフロードパークは、ビモビルのボス、シュテファン クリスターが言うように、「ところどころにメリハリがある」のが特徴だ。長距離移動と遠征用モーターホームのスペシャリストである同社が、オフロードの経験が浅い我々ジャーナリストを招待し、異なる車両コンセプトの比較テストを初めて行ったことは、その技術に対する自信を物語っている。

ピックアップからトラックまで、全輪駆動のモーターホーム9台

そのテスト場となったオフロードパークには、キャビン付きの小型車「トヨタ ハイラックス」から、新型「メルセデス スプリンター4×4」、伝説の「ウニモグ」、まさに戦艦そのものの「イヴェコ ストラリスXウェイ」まで、9種類の四輪駆動車が用意されていた。

EX 600: 最大重量18.5トンのMAN TGM 4×4は、全長8.54メートルで現在最大のビモビルモデルだ。

各コックピットには、インストラクターが座り、コース上での運転ミスを修正し、車両との相性について説明してくれる。講師の多くは、ビモビルの社員で、世界各地で泥んこドライブを楽しむことも多々あるそうだ。そこで私は、カールステンに言われたとおり、アクセルを緩めたのだった。

熟成された全輪駆動システムは、初心者に有利だ

ゆっくりと、しかし確実に、MANは斜面を転がり落ちていく。最初はやはりトンカチに押されることに懐疑的だった。しかし、ブレーキアシストとリダクションギアが320頭の馬を制御し、降下を細かく調整するので、ハンドルを握っている以外は、本当に何もする必要がなかった。

「新しいシャシーに搭載された全輪駆動システムは、多くの場合、ドライバーがほとんど介入する必要がないほど高性能です」とステファン クリスナー氏は説明する。特に、どのような状況でどのようなギアリダクションが必要かを正確に判断することができない初心者にとっては、この点がメリットとなる。

EX 368:イヴェコ・デイリー4×4は、オフロードの才能が素晴らしい。

しかし、すべての長距離用モーターホームが「MAN TGM」のようにうまくハンドリングできるわけではない。「イヴェコ デイリー4×4」ベースの「ビモビルEX 368」は、よくチューニングされた8速ATにもかかわらず、もう少し注意と集中が必要だった。3軸ロックはちょっと厄介で、ギアリダクションは、最初はあまり留まりたがらないのだ。

しかし、ひとたびすべての補助装置をセットすれば、180馬力のイヴェコは、まるで日曜日の散歩のように、泥水の穴を難なく通過していく。

選択可能な全輪駆動の操作は、少し練習が必要となる

ブレーキアシストがないため、下り坂で車輪がロックしないようにするためには、繊細な足さばきが必要となる。しかし、その中で一番小さいものに心を奪われてしまった。比較走行の冒頭、「トヨタ ハイラックス」とそのキャビンの光沢あるスノーホワイトは、まるで絵を描きたい真っ白なキャンバスのように見える。できればブラウン系がいい。

ボディ全体が泥まみれになるのもあっという間だ。エンゲージドオールホイールドライブ、ギアリダクション、アクスルロックの操作には、少し練習が必要だ。しかし、オフロードパークでは、ピックアップトラックも果敢に戦っている。

トヨタ ハイラックスは、キャビン付きでもオフロードで才能を発揮する。

キャビンの搭載位置の関係で重心が高く、かなり揺れるため、兄たちのように楽にコースを走れるわけではありません。

一方、「ハイラックス」は、まさにオールラウンダーだ。キャビンが不要なときは取り外すだけで、ピックアップを仕事用、日常用、運搬用の車として使うことができる。私にとっては、これがオフロード性能と使い勝手のベストコンパウンドだ。そして、それがモーターホームを選ぶということなのだ。

ビモビルのモーターホームでの「エクスペディション(遠征旅行)」

長距離移動のスペシャリスト、ビモビルがオフロードパークでの試乗会に招待してくれた。遠征車の世界の一日!
トヨタ ハイラックス/ハスキー240
キャビン付きのピックアップは、オフロードモーターホームの世界に入るには(他と比較すると)安価である。
トヨタ ハイラックス/ハスキー240
「トヨタ ハイラックス」は、切り替え式の四輪駆動で世界中を駆け巡り、堅牢であるため、オーバーランダー(オフロード愛好家)にも人気がある。価格は約99,600ユーロ(約1,450万円)より。
トヨタ ハイラックス/ハスキー240
小さくてもいい、キャビン後部のシーティングエリア。
EX 600
重さ18.5トン、全長8.54メートルで、現在ビモビル最大の巨人だ。
EX 600
パーマネント全輪駆動と3軸ロックを備えたMAN TGM 4×4には、ハイテクが満載だ。その上には十分な居住空間があり、最大7.5トンの積載量を誇る。
EX 600
MAN TGM 4×4は、スペースを必要とするノマドや永年のトラベラーのために作られた。価格は426,000ユーロ(約6,300万円)より。
EX 368
最大7トンの重量を誇るEX 368長距離モーターホームは、オフロード性能、操縦性、快適性、そしてコストの面で優れた妥協点を備えている。
EX 368
イヴェコ デイリー4×4は、オフロードでは素晴らしい才能を発揮するが、一般道ではかなり手加減しなければならない。全長6.15mで2人分の居住空間を確保。
EX 368
キッチンのスペースは重要だ。その後ろにベッドが備え付けられている。
EX 368
価格: 262,141ユーロ(約3,900万円)より。

結論:
長距離用モーターホームのすべてが同じというわけではない。どの車両を選ぶかは、何よりも旅行する地域と自分の能力によって決まる。個人的に好きな車種: トヨタ ハイラックス(キャビン付き)。なぜなら、とても素晴らしい柔軟性を持っているからだ。

Text: Jenny Zeume
Photo: Bimobil